人をダメにするテーブル!「トランスフォームロボテーブル」がマジ快楽!

人をダメにするソファ?座椅子?そんなことでダメになるほど人間ヤワにできてはいないでしょう。

人をダメにする人気座椅子のおすすめまとめ!疲れない最高の座椅子はコレだ!!

2015.08.11

しかし、このテーブルと座椅子を併用したらマジでダメ人間になります。

こんな感じです。

 

スポンサーリンク

人をダメにする「トランスフォームロボテーブル」

いやー本当に快適です。

今もこの上で執筆しております。

そのおかげでいつもより1.5倍効率が上がってると言っても過言ではないでしょう。

使い方もたくさん。

「へーんしーん!ハッ!」

スクリーンショット 2015 08 12 23 31 21

罪なテーブルです。仰向けで肘が痛くなることはもう一生ないでしょう。

スクリーンショット 2015 08 12 23 35 08

これは罪なテーブルです。傾斜角度があるだけでこんなに楽になれるとは・・・

スクリーンショット 2015 08 12 23 36 28

これは罪なテーブルです。軽いからこんな持ち方だってできちゃうんです。

スクリーンショット 2015 08 12 23 37 45

罪すぎて逮捕。スタンディングテーブルとかオシャレすぎます。本当に人をダメにしてしまいます。

スクリーンショット 2015 08 12 23 40 02

壁型タブレットとはこのことか・・・。再逮捕です。

スクリーンショット 2015 08 12 23 39 51

持ち運びラクラク??罪すぎるこのテーブル・・・

いかがですか?この変身のバリエーションの豊富さ。

本家トランスフォーマーのウルトロンも黙ります。

スポンサーリンク

スペックなにが違うの?

とても罪なテーブルであることは間違いありません。

しかしやっぱり、買い物につきまとうこの問題。

「スペック問題」

私にとってスペックというものは大嫌いなもののひとつといっても過言ではないでしょう。

スペック選びという苦渋の選択をなぜ、消費者である私たちがしなければならないのか。

メーカーが苦汁を飲んで決めるべきでしょう。

という愚痴はさておき、メーカーがスペック早見表を用意してくれています。

 

スクリーンショット 2015 08 12 23 45 56

私が今回、購入したのは「BLT-74」型。

BLT-75」型との違いは大きさだけ。写真を見てもわかる通り、若干デザインが違いますが、そこは気にするところではないでしょう。

僕が購入した 「BLT-74」型の方が大きいです。座椅子の大きさに合わせて購入しました。

あとのスペックは今回、説明不要でしょう。なぜなら人をダメにさせるごろ寝機能がついていないのだから。

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

値段はサイズが大きい「BLT-74」の方がもちろん高く、¥6,598(アマゾン価格) 

小さい「BLT-75」型は¥4,474とちょっとリーズナブル。

 

スポンサーリンク

角度調節

このロボテーブルの肝はやっぱり角度調節。

左右に角度調節ボタンがついているのですが、15度単位で360度変えられます。

 

スクリーンショット 2015 08 13 0 21 03

15度をバカにするやつは15度に泣きます。

お辞儀と一緒。

15度変えるだけでまったく印象が異なります。

もちろん、左右対象で同じ角度にしないと、お辞儀どころのさわぎではなく、「千鳥足かっ!」というくらいふらつくので注意が必要です。

いやー、マジでダメ人間ですわ。

 

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします