海外ドラマレビュー

「ホワイトカラー」はルパンと銭形がタッグを組んで難事件に解決していくようなストーリー!知的犯罪のプロがFBI捜査官とタッグを組む!

海外ドラマの「ホワイトカラー」は日本でも有名な作品です。

しかし、これから観る方もまだまだいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事は「ホワイトカラー」の見どころについて解説します。

海外ドラマ「ホワイトカラー」あらすじ

自由の代償は彼の”頭脳”だった―。クール&スタイリッシュに描くクライム・サスペンス!!天才詐欺師でありながら姿を消してしまった恋人を捜すために、FBI捜査官ピーターのもとで捜査に協力することとなったニール。数々の知的犯罪事件に独自の犯罪テクニックを駆使しながら、ピーターと共に解決へと導いていく…。

このドラマの主人公は天才詐欺師です。

天才詐欺師なのに「ホワイトカラー」?

なんて思った人がいるかもしれません。

しかし、このドラマでいう、「ホワイトカラー」とは知的労働者、いわゆるサラリーマンのことではありません。

では「ホワイトカラー」とはどういう意味か。

正式にはホワイトカラー・クライム。

つまり、知的犯罪を指すのです。

その知的犯罪(ホワイトカラー・クライム)の天才、ニールキャフリーがこのドラマの主人公となります。

さらに主人公はもう一人。

そのニールを幾度となく追い込み、捕まえたFBI捜査官のピーター。

ピーターはとある難事件に困っています。

そこで再度脱獄で捕まったニールがピーターに取引を持ちかけるのです。

「その事件、俺だったら解決できる」と。

頭を悩ませながらもピーターは決断します。

ニールの解放と引き換えに事件に協力してもらうのです。

元天才犯罪者のニール。

FBI捜査官のピーター。

この凸凹コンビがひとつの事件を皮切りに様々な犯罪を解決していくミステリードラマ。

それが「ホワイトカラー」です。

「ホワイトカラー」の感想

まず、二人のコンビが絶妙です。

まるで、ルパンと銭形がタッグを組んで難事件に解決していく的な。

犯罪者のニールも、FBIのピーターも立場は真逆も、お互いに認め合っているところが素敵です。

「さすが、アンタ。アンタならわかってくれるだろう」

とお互いに思っているに違いありません。

二人の立場が一緒であれば、最高の友になったことでしょう。

その設定だけでも十分楽しいのですが、それだけではありません。

第1話に限った話なのかもしれませんが、とんちで事件を解決していくのです。

まるで現代版「一休さん」。

犯罪者ニールが法律を勉強し、法を逆手に取り、自分の立場を利用し、犯人を追い込んでいきます。

脱走犯という犯罪者でもあり、犯罪コンサルタントでもあるニールは、思う存分に自分の立場を利用するのです。

「この手があったか」

なんて思うのはFBIのピーターだけでなく、画面の目の前の我々にも感じさせてくれるでしょう。 

ルパン+一休ミステリー。

第2話も非常に楽しみです。

シーズン6がファイナル・シーズンです。

他にもおすすめの海外ドラマはまだまだあります。

他の作品についてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【殿堂入り】おすすめの海外ドラマまとめ!アメリカ人にも人気の作品を厳選!海外ドラマはどれを観ても楽しいです。 日本とは予算が違います。 しかし、おすすめの海外ドラマを全て観れる時代は終わりました。 作品...
ABOUT ME
ユータアライ
おすすめ映画/ドラマ/音楽/ゲーム/ガジェットのエンタメレビュー情報を発信します。
あなたにイチオシ!

「Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)」のあらすじと感想!Huluでシーズン7まで配信中!シーズンが進むにつれ楽しくなるアメリカ大人気ドラマ!

あそんで暮らそ
海外ドラマ好きでこの作品を知らない人はいないでしょう。 アメリカ人なら誰もが知っているドラマで、もはや教養の一部です。 この記事では「G …