福本漫画「最強伝説黒沢」のあらすじと圧倒的名言!「感動などないっ!!」

言うまでもなく最近、福本漫画にどハマり中です。

「カイジ」は言うまでもなく、「銀と金」「賭博覇王伝 零」に続き、今回は

スポンサーリンク

福本漫画「最強伝説黒沢」あらすじ

なんと主人公は土木作業員。

その土木作業員がギャンブルを・・・

行いません!!!

福本漫画を象徴するのはギャンブルですが、こちらの作品には登場しないのです。

土木作業員黒沢の人としての苦悩を描いた作品となります。

ただ齢を重ねただけの男の苦悩が皆さんにはわかりますか?

スポンサーリンク

「最強伝説黒沢」の名言 「感動などないっ!!」

さすが福本漫画、ギャンブルなしでも言葉の重みは変わりません。

第1巻冒頭から男の苦悩を描いた名言で幕開けします。

感動などない!

あんなものに・・・

オレが求めているのは・・・

オレの鼓動 オレの歓喜 オレの咆哮

オレのオレによる

オレだけの・・・感動だったはずだ!

いやー突き刺さる名言です。

他人の感動に満足していませんか?

昨今でいうと、ラグビー。

3勝という大金星を上げた日本代表。

あんなものと言ってしまっては失礼ですが、あんなものに本来感動してはならないのです。

なぜなら、所詮他人事。

自分に何ら関係のない話だからです。

そこに感動しても意味はありません。

スポンサーリンク

漫画「最強伝説黒沢」の感想

真に意味があるのは、自分自身の感動です。

自分自身が苦悩を伴い、勝ちとったものから生まれる感動に意味があります。

本物の感動というのは、自分自身から生まれてきません。

だから他人の感動なんかで満足してたらダメなんです。

そのうちは一生、何も勝ち取ることができないでしょう。

「夢と感動をありがとう」なんて糞食らえだ。

感動とは勝利から生まれます。

勝利は死に物狂いで取りに行くもの。

その結果こそが感動なんです。

自分の感動を生み出そう!

他人の感動なんて所詮、一過性のもの。

時が経てば、すぐに忘れ去られます。

「ワンピースで感動した」「W杯で感動した」「セカチューで感動した」

なんて言っても結局、みんな具体的には覚えていないものです。

では、自分で勝ちとった感動は?

絶対に忘れません。

自分のストーリーよりもワンピースのストーリーに詳しい人なんてのはいるのでしょうか。

決して、忘れられない自分の感動を手に入れましょう。

ああ、さすが、福本漫画。

名言にとても感動しました。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします