戦国時代の日本史を学べる漫画「センゴク」!歴史マンガNO.1ですわ

春秋戦国時代が舞台の漫画「キングダム」

キングダムの最新刊も出たことだし、改めて全体の感想を書きますか

2015.10.22

春秋時代ですから古代中国のお話ですね。

となると、やっぱり欲が出てくるのです。

もっと歴史を知りたいと。

しかもよくよく考えたら、自分の国の歴史を全く知らないわけです。

残念ながら、受験では日本史は使わなかったので。

だけれども今から日本史を勉強する意味は見当たりません。

歴史の知識なんてのはあったらいいようなものです。

だから僕は考えました。

日本史版漫画「キングダム」があればいいのにと。

そしたら見つかりました。

スポンサーリンク

戦国時代の日本史を学べる漫画「センゴク」 

日本刀の無力、弓矢の使用頻度、騎馬武者のウソ、など、合戦を超リアルに描いた戦国合戦絵巻が始まる!! 時は戦国時代。美濃・斉藤家の家臣、仙石権兵衛秀久(センゴク・15歳)は、落城寸前の稲葉山城にいた。敵は覇王・織田上総介信長!! 陥落していく城のなかで、恐怖に打ち震えながら、茫然自失となる。だが、センゴクの幼馴染み・侍女のお蝶とある約束をする。センゴクはその約束を守るために、織田軍団に囲まれた陥落間近の城からの決死の脱出を試みる。果たして生き残れるのか!?

いやー、面白すぎて、全巻ポチりました。

歴史マンガはずるいですよね。

だって続きが非常に気になりますから。

しかも、このタイトルで終わりかと思いきや、間もなく第4部が開始とのこと。

まだこれ第1部ですよん・・・

散財が止まらなそうですね。

スポンサーリンク

戦国時代の歴史をリアルに描いているマンガ

内容紹介にもあった通り、超リアルな戦国時代を描いた漫画です。

日本刀の無力、弓矢の使用頻度、騎馬武者のウソ 

 戦において一番、危険な武器はなんと弓矢とのこと。

さらに、馬に乗って、槍をぶん回す騎馬戦なんてのは不可能なんですって。

戦死者の7割が弓、槍は両手でしか扱えない、それらは過去に記された書物によって明らかにされているとのこと。

「リアルすぎてつまんなーい」

と声が聞こえてきそうですが、これはセンゴクファンタジー。

なんとせっかくリアルに体現できそうな歴史をおバカな主人公が全て台無しにするのです。

もはや、史実の解説は全てフリ。

馬上槍は至極至難のの技なりー

戦国期の騎馬軍団とは移動が主な目的であり馬に乗って戦う事は稀であった

かの武田家の騎馬兵でさえ

"下馬して戦うのが常"と『甲陽軍鑑』は記している

作中にはこのような史実に基づいた解説を丁寧に挿入してくれます。

あー勉強になったなーと思うのもつかの間、次のカットがすぐさまインします。

 

IMG 0509

 

いやー、実に爽快愉快。 

リアルな日本史を知れ、かつそれをあえてぶっ壊す戦国ストーリー。

こんなにも、為になる漫画他にあったでしょうか。

文句なしのNO.1歴史マンガです。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします