漫画「嘘喰い」の主人公「斑目貘」がかっこいい!もちろん名言も

漫画はいい教養だ。

漫画のキャラをロールモデルにする時代もそう遠くない。

と僕は言いました。

漫画で学ぶ!学習漫画は一番の教養ですね

2015.10.27

なぜなら漫画には学べることがたくさんあるから。

しかも結局のところ、書いているのは同じ人間。

さらに、知識が豊富な教養人。

それに加えて、画力もある。

まさに漫画家たちは超人なのです。

そんな超人たちが描く、理想のキャラクターですから、学べることが山ほどあるのは言うまでもありませんね。

そんなわけで、僕が理想とするロールモデルキャラクターを今日は紹介します。

中二病なんて言わないで。

キャラになりきるのは、男のサガなのですから。

スポンサーリンク

「嘘喰い」の主人公「斑目貘」がかっこいい

嘘喰いというギャンブル漫画については以下の記事をご覧いただくとして、今回は主人公、斑目貘の魅力について迫ります。

頭脳バトル漫画と言ったら「嘘喰い」で決まり!

2015.08.17

斑目貘の性格

彼は一体どんな人物なのか。

一言で表すと、彼は擬態のプロです。

すなわち、時には弱いフリ、時には強いフリをして本質を隠します。

そのフリにこそ魅力がたっぷりあふれるのです。

大抵の人間であれば、弱い相手には強いフリをし、

敵わなそうな相手には弱いフリをします。

しかし、斑目貘は正反対。

弱そうな相手にはさらに弱いフリをし、

本当に強い相手には、もっと強いフリをするのです。

この度胸が本当に素晴らしい。

斑目貘のかっこいい逸話

度胸と言ったら、こんなエピソードもあります。

彼は常に勝ち続けることに挑みます。

常に勝ち続ける人なんていないということを知っていながら。

勝つためなら手段を選びません。

例えば、とあるゲームでの話。

みなさんの小学生の頃を思い出してください。

指で相手の指にタッチし、5本の指になったら負けの「5になったら負けゲーム」

この指あそび覚えていますか?

嘘喰いでもこの遊びが登場します。

彼が追い詰められて取った行動を知ると驚きます。

なんと、指を本当にカットし、4本にしてしまうのです。

追い詰められたと言いましたが、違いました。

相手がハメてくるのをあらかじめ察してた上で、そのような暴挙の準備をしていたのです。

全ては勝つために。

この勝ちに対する執着心。

これこそ、嘘喰いから学ばなければならないところです。

実にかっこいい。 

スポンサーリンク

「嘘喰い」斑目貘の名言 

そんなカッコよく、魅力的な彼ですから、当然言うことも立派に決まってます。

僕はこの言葉が好き。

金に魔力を感じるな!金は金だ・・・

他には...

求めるものがあれば何かをかけるのは当然の事なんだ

そしてなんて言っても、

あんた、嘘つきだね!!

わざと嘘や罠にハマりに行く彼の度胸も魅力です。

 

え?漫画がロールモデルなんてありえない?

あんた嘘つきだね!!

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!