「Apple TV」のレビュー!できることと使い方について!最新型「Apple TV 4K」と旧型「第四世代」の違いを解説!

Apple TVのアイキャッチ画像

たしかに「Apple TV」は不要でしょう。

しかし、一度持てば手放せません。

毎日使います。

そこでこの記事では「Apple TV」の魅力についてお伝えしましょう。

「Apple TV」の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

「Apple TV」のできることと使い方

Apple TV 4K

そもそも「Apple TV」はどのように使うのでしょうか。

「Apple TV」は様々なコンテンツをご自宅の液晶テレビに映し出すことのできるツールです。

具体的には以下のようなコンテンツが楽しむことができます。

  1. 映画・ドラマ
  2. スポーツ
  3. ゲーム
  4. インターネット(YouTubeも含む)
  5. 音楽

「Apple TV」を最大限に楽しむには、少なからずともコンテンツ課金やサービス登録が必要となってきます。

しかし、お金がかかるのはDVDレンタルショップも同じです。

レンタルショップで借りて返却する手間を考えたら、圧倒的に便利なのは言うまでもありません。

「Apple TV」があれば、レンタルショップは卒業です。

おすすめの動画配信サービスについてわかりやすく

動画配信サービス比較まとめ!映画見放題!一番のおすすめはコレだ!

スポンサーリンク

「Apple TV 4K(新型)」と「第四世代(旧型)」の比較

「Apple TV 4K」の前モデルは「第四世代」と呼ばれています。

「Apple TV(第四世代)」は価格をダウンして再登場しました。

「Apple TV 4K」と旧型の違いはどのようなものなのでしょうか。

それは以下の通りです。

  • 価格と容量
  • 映像
  • 処理性能

具体的に見ていきましょう。

価格と容量

料金(税抜)32GB64GB
Apple TV 4K19,800円21,800円
Apple TV(第4世代)18,400円→15,800円24,800円→販売終了

<参照:Apple TV 4Kを購入 - Apple(日本)

「Apple TV」の場合、端末に保存するのはアプリケーションくらいなので32GBあれば十分です。

しかし「Apple TV 4K」の場合はたったの2,000円しか変わりません。

2,000円しか変わらないのであれば、容量が2倍の64GBを選んだ方がいいでしょう。

「Apple TV 4K」と「Apple TV(第四世代)」はおよそ4,000円も価格差があります。

4K映像が視聴できる環境のない方は「第四世代」もおすすめです。

映像

 Apple TV 4KApple TV(第四世代)
HDR(ハイダイナミックレンジ)対応 ◯ ×
解像度最大2160p(4K),60fps 最大1080p(フルHD),60fps

旧型の「Apple TV(第四世代)」はフルHDまで対応しています。

fpsはフレームレートといい、画像のヌルヌル感を示す数値です。

この数値はお互いに同じなので、どちらもリアルに近い描写を感じることができるでしょう。

処理性能

処理性能に関しては中身のチップの性能が向上しているので「Apple TV 4K」の方が上です。

単純計算で約2倍、処理性能が向上しています。

したがって映像も操作画面もよりサクサク動くのは「Apple TV 4K」です。

以上、旧型と4Kの違いでした。

新しいSiri Remote

ちなみに「Apple TV 4K」も「Apple TV(第四世代)」も「Siri Remote」がリニューアルされています。

今購入すれば、どちらも新しいものがついてくるので心配要りません。

機能というよりメニューボタンのデザインが変わっています。

スポンサーリンク

「Apple TV」のレビュー

「Apple TV」を以下の切り口でレビューしていきましょう。

  • 映像
  • 使いやすさ(Siri Remote)
  • 4K作品の充実度(iTunes)

この記事では「Apple TV 4K」を実際に使ってみました。

映像

4Kは単純計算で、Blu-rayディスク(フルHD)の2倍の解像度です。

映像は綺麗としか言い様がありません。

しかし、フルHDでも十分綺麗です。

そのような意味でも目が肥えた方ではないとあまり綺麗さに気づけないでしょう。

そこで差別化を計るのが「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能です。

「HDR」は画面をより明るく、なおかつ彩りを本来の色に近づけてくれます。

よって「Apple TV 4K」の持つ魅力を最大限引き出すにはHDR対応の4Kディスプレイが必要です。

もちろんHDR未対応の4Kディスプレイでも、画面の大きさだけで衝撃を受けるでしょう。

50インチ以上の大型ディスプレイで映像を見るにはやはり4K画質は必要です。

画面が大きくなればなるほど、画質は荒くなっていきます。

使いやすさ(Siri Remote)

Apple TV 4KとSiri Remote

「Apple TV 4K」はSiri Remoteという人工知能搭載のリモコンがあるからこそ非常に使いやすいです。

音声認識リモコンがつく端末は多いですが、AI搭載のリモコンが付属するのは現時点で「Apple TV」以外にありません。

「4K作品が見たい」

なんていうお願いもSiri Remoteなら簡単に叶えてくれます。

しかもSiriは日々、賢くなっているので今後もどんどん使いやすくなるでしょう。

「Apple TV 4K」は使いやすさ抜群です。

4K作品の充実度(iTunes)

「Apple TV 4K」を購入する最大の理由はiTunesで映画を購入できるからです。

AppleはiTunesのこれまでのHD作品を随時、4Kにアップグレードすると発表しています。

現時点では4K作品のラインナップが豪華とは言い切れませんが、それでもあらゆるサービスの中で一番豊富なのはiTunesでしょう。

様々な4K作品をiTuneで購入できる「Apple TV 4K」は非常におすすめです。

以上「Apple TV 4K」のレビューでした。

スポンサーリンク

購入前の注意点について

「Apple TV 4K」の購入を検討している方は特に注意しましょう。

たしかに「Apple TV 4K」の方が格段に性能は高いです。

しかし「Apple TV 4K」を購入したからといって最大限の能力を引き出せるとは限りません。

購入する前は以下に注意が必要です。

  • 4Kテレビが必要
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)対応テレビがあるとベター
  • 4Kコンテンツが必要
  • 快適なインターネット接続速度が必要
  • HDMIケーブルが必要

4Kテレビが必要

テレビが4Kに対応していなければ、4Kコンテンツを見ることはできません。

4Kディスプレイをお持ちではない方は「Apple TV 4K」とご一緒に用意しましょう。

HDR(ハイダイナミックレンジ)対応テレビがあるとベター

HDR(ハイダイナミックレンジ)はApple TV 4Kの目玉機能でもあります。

しかし4KテレビでもHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しているとは限りません。

ですから、画面の明るさを重視される方は4K・HDR対応のディスプレイを購入することをおすすめします。

もちろんHDRに対応していなくても4Kというだけで価値はあります。

4Kコンテンツが必要

これまでお使いの動画配信サービスで4Kを見ようとお考えの方も多いはずです。

しかし、いくら「Apple TV 4K」を使っても作品が4Kでなければ4Kで観ていることになりません。

実際に動画配信サービスだと、どこもまだ4Kコンテンツは少ないです。

観たい作品が4Kであるか確認しましょう。

もっともiTunesでレンタルできるものなら4Kコンテンツはとても豊富です。

快適なインターネット接続速度が必要

4Kコンテンツはデータのサイズが非常に重いです。

ですから、インターネットの接続速度が遅いと快適に観れない可能性があります。

快適に見れないどころか、場合によっては全く観れない可能性もあるでしょう。

インターネット接続速度が不安な方は以下の記事がおすすめです。

HDMIケーブルが必要

「Apple TV」にはHDMIケーブルが付属していません。

Appleでも売っていますが、Amazonの安いケーブルで十分です。

忘れずに購入しておきましょう。

Apple TV 4Kの付属品

以上、購入前の注意点でした。

4Kの視聴環境を用意できない方は旧型の「第四世代」をおすすめいたします。

まとめ

  • 「Apple TV」なら自宅の大画面で様々なコンテンツを楽しめる
  • 「Apple TV」を利用するなら、動画配信サービスの加入は必至
  • 「Apple TV 4K」は4K視聴環境が必要
  • 4Kの視聴環境がない方は「Apple TV(第四世代)」がおすすめ

「Apple TV」は動画配信サービスに加入する必要性が高いです。

動画配信サービスに加入しないのであれば、「Apple TV」を買う意味はほとんどありません。

それこそ、YouTubeを大画面でみるだけの機械となってしまいます。

「Apple TV」の購入を検討している方はぜひ、一緒にサービス登録を行いましょう。

なお「Apple TV」よりもお得な「Fire TV」というAmazonオリジナルの商品もあります。

興味のある方は当サイトの比較記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク