新型Apple TVのレビュー!使い方、楽しみ方、できることなどの活用法を紹介!Apple TV 4Kの解説も!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

ついに買ってしまいました。

そこで今回は「Apple TV(第四世代)」のレビューをお伝えしましょう。

しかし4K版も発売されたので、最初に「Apple TV 4K」について解説します。

両者を比較し、自分にあったApple TVを選ぶといいでしょう。

なおApple TVの魅力を最大限に引き出すには映画見放題の動画配信サービスが必要です。

Apple TVの購入をお考えの方でまだ入っていない方はこの機会にぜひ加入しておきましょう。

Apple TVならHuluが一番おすすめです。

スポンサーリンク

Apple TV 4Kが発売

この度「Apple TV 4K」の発売が決定しました。

  • Apple TV 4Kの内容
  • 旧型との違い
  • 購入前の注意点について(こんな人におすすめ)

以上3つの観点から詳しく見ていきましょう。

Apple TV 4Kの内容

「Apple TV 4K」の主な改良点は以下の3つです。

  • 4K対応
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)対応
  • 処理性能UP

まず名前にもある通り4Kに対応しました。

4Kはフルハイビジョンの2倍の画質です。

もっとわかりやすく言うと4KはBlu-rayの約2倍鮮明になります。

そしてHDRにも対応したので、本来の色がかなり充実に再現されるでしょう。

とにかく画質がかなり綺麗になりました。

また今回4Kに対応するにあたって処理性能もアップしました。

このアップデートによって操作も映像もよりサクサク動いてくれるでしょう。

せっかくの4Kでカクカクしていたら意味がないのです。

旧型との違い

まず値段が変わります。

料金(税抜)32GB 64GB 
Apple TV 4K 19,800円 21,800円 
Apple TV(第4世代) 18,400円→15,800円 24,800円→販売終了  

<参照:Apple TV 4Kを購入 - Apple(日本)

Apple TV 4Kの発売とともに旧型の値段も変更されました。

4Kに興味のない方は旧型を検討してもいいでしょう。

また旧型に比べて、4K版は処理速度が2倍(映像は4倍)に向上しています。

第4世代でも反応サクサク映像ヌルヌル動きますが、さらなるクオリティを求める方はぜひ4K版を選びましょう。

購入前の注意点について(こんな人におすすめ)

Apple TVだけが4Kなのでは意味がありません。

テレビが4Kに対応している必要があります。

4Kテレビが用意できない方は旧型のApple TVを購入しましょう。

もちろん今から4Kテレビを購入するのも非常におすすめです。

私はDMMの格安4Kディスプレイを購入しました。

コストパフォーマンスに大満足しています。

今や4Kテレビは想像しているより高くないかもしれません。

この機会にテレビを4Kに新調するのも悪くないでしょう。

スポンサーリンク

Apple TVの発売日と価格

2015年10月30日に第4世代となる、新型の「Apple TV」が発売されました。

スペックは2つあります。

32GBと64GBです。

価格はそれぞれ以下の通りです。

 32GB 64GB 
Apple TVの価格 18,400円→15,800円 24,800円→販売終了  

※Apple TV 4Kの発売によりラインナップと値段が変わりました。

私は32GBにしました。

映画視聴のストリーミング再生が多くなるはずですから、容量はそこまでいらないからです。

ゲームやアプリなどを多くダウンロードする人なら、容量は多い方がいいでしょう。

実際、購入してから1年以上経っていますが、容量不足を感じたことはありません。

スポンサーリンク

Apple TVだけではダメ

購入するにあたって一つ注意点です。

Apple TV単体では映像が映りません。

映像を写すにはApple TVと家のテレビを繋ぐ、HDMIケーブルが必要になります。

私はまんまと、Apple純正の高いケーブルを買ってしまいましたが、その必要はありません。

HDMIケーブルならAmazonで安く購入できますから。

約1,500円も違いました...

新型Apple TVの使い方

Apple TVの使い方は簡単です。

インターネット環境があるところで、Apple TVとご家庭のテレビをHDMIケーブルで結び、本体を同梱のコンセントにつなぎます。

あとは専用のコントローラーで操作するだけです。

 

スクリーンショット 2015 11 01 12 52 06

しかしやっぱり初めてのリモコンですから、操作に慣れません。

ですから、こう思うのです。

「iPhoneで操作した方が楽なんじゃね?」

と。

そんな方は以下のアプリを利用しましょう。

Apple TV Remote

Apple TV Remote
 
無料
posted with アプリーチ

こちらはApple純正のアプリでお手元のiPhoneからApple TVを操作できます。

新型Apple TVの楽しみ方

そもそもAppleTVは何に使うのでしょうか。

一言でいうとiPhoneをおっきなテレビ画面にしたのがApple TVです。

もちろん細かい違いは多々あれど、知らない方にはこう説明するのが手っ取り早いでしょう。

そんな大きなiPhoneことApple TVは購入するだけではもの足りません。

Apple TVを最大限に楽しむには、少なからずともコンテンツ課金やアプリ購入が必要となってきます。

できること

Apple TVでできることは以下の通りです。

iTunes

まず、iTunesで映画の購入およびレンタルができます。

おおよそ映画の購入は2,500円。レンタルは500円という感じです。

正直、割高感は否めません。

なぜなら今のご時世、映画見放題の動画配信サービスがあるのですから。

動画配信サービス

Apple TVを使うなら、動画配信サービスの加入は必至です。

その中でもHuluにするといいでしょう。

Hulu

Apple TVのなかにはHuluのアプリを直接インストールすることが可能です。

しかもHuluとApple TVはとても相性がいいのかサクサク動いてくれます。

また単純にHuluは作品数がかなり豊富です。

そんなわけで、Apple TVと一緒に使うならぜひHuluを選びましょう。

対抗馬であるプライムビデオは今現在Apple TVでは使えませんし、Netflixは作品数の観点で劣ります。

だからこそ、今おすすめなのはHuluなのです。

新型Apple TVのレビュー 

どんな人が購入すべきか。

それは映画を大画面で見たいNetflixかHulu会員です。

もちろんこれからどちらかのサービスを利用しようと考えている方も含みます。

ちなみにAmazonプライム会員はおとなしくFire TVにする方が賢明でしょう。

とにかくApple TVは動画配信サービスに加入していなければ楽しめません。

したがって動画配信サービスに加入するつもりが全くない人はApple TVを買う価値は一切ないでしょう。

もし動画配信サービスに加入しなかったらそれこそ、YouTube専用機と化すのは目に見えています。

Apple TVとAmazon Fire TVの違い

Amazon Fire TVとApple TVで迷っている方もいると思います。

両者ともできること自体はほとんど大差ありません。

しかし、どちらを選ぶべきかは非常に簡単な問題です。

Appleの製品が好きならApple TVを選びましょう。

値段を重視するならFire TVです。

私はAppleのファンということでApple TVを購入しました。

結局、Apple TVはAppleファンのためにあります。

両方持っている私だからこそわかりますが、Apple TVにできてFire TVにできないことはほとんどありません。

それなのに、Apple TVが魅力に映るのはAppleファンだからでしょう。

2台買う必要はありませんでした。

まとめ

  • Apple TVを利用するなら、動画配信サービスの加入は必至
  • 動画配信サービスはHuluがおすすめ
  • Appleの製品が好きな方はApple TVを買おう
  • ざっくりいうとiPhoneの大画面バージョンがApple TV

Apple TVはとにかく動画配信サービスに加入する必要があります。

動画配信サービスに加入しないのであれば、Apple TVを買う意味はなくなってしまうでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします