映画版スター・トレック(2009)の評価!感想!

Review of:

Reviewed by:
Rating:
4
On 2015年11月1日
Last modified:2017年4月18日

Summary:

今週もやってきました。

「週一アライ」のコーナー。

週に1回、映画を紹介していきます。

ちなみに第一回目は、「ラスベガスをぶっつぶせ」

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」の評価!実話なんですって!

2015.10.29

2回目の今日は...

スポンサーリンク

映画「スター・トレック(2009)」

アメリカで超絶人気のこの作品。

人気すぎて、複数タイトルが存在し、若干複雑になっています。

元々はドラマシリーズとして始まった、スター・トレック。

ドラマも映画も混在していて、少々、にわかファンにはとっつきにくいシリーズでることは間違いありません。

ちなみに、私が今回鑑賞したこちらの「スター・トレック(2009)」

劇場版としては第11作目です。

でも安心してください。

以前の映画版とは直接関係のない、リブート作品となっています。

ですから、スタートレック童貞の方はこちらの作品から見ることをお勧めします。

もっとも、ドラマ・映画と網羅した方が、より楽しめる遊び心が隠されていることでしょう。

スポンサーリンク

「スタートレック(2009)」の感想 

ストーリーのあらすじ

主人公のカークが宇宙艦隊の隊長を目指していくストーリー。

物語はカークがまだ母親のお腹の中にいるところから始まります。

謎の巨大宇宙艦の攻撃から救われた母とお腹の中のカーク。

しかし彼らの命と犠牲に父親が失われてしまいます。

義理の父親に育てられた、カークは酒と女に溺れてしまうのです。

そんな中、かつて父親が所属した団体と女を巡ってトラブルに。

絶対に勝てない喧嘩にもかかわらず立ち向かうカーク。

それを見かねた、かつてのカーク父の同僚はカークと父を重ね合わせます。

そしてカークにこう言うのです。

「お前の父は12分だけ船長だった。だが彼は800人を救った。お前の母とお前を含めて」と。

さらに最後に言い残します。

「それを超えてみろ」

と。

キャスト

 そんなカークを演じるのが、クリスパイン。

甘いマスクが特徴的です。


一方で、そのカークのライバル的存在。スポックも忘れてはいけません。

ちなみに僕はスポックのファン。

スター・トレックのスポック船長に共感!彼の人気の秘訣

2015.10.31

そんなスポックを演じるのが、ザカリークイント。

個性的な俳優です。


さらに、古株ファンにとって、とっても素敵な演出があります。

なんと、かつてのスタートレックでスポック船長を演じたレナードニモイもキャストとして出演しているのです。

もっとも、役どころは内緒ですけど・・・

そんな粋なキャスティングを評価できます。

音楽

「これが、スター・トレックの音楽だったのか」

なんて思うこと間違い無し。特にエンドクレジットでは。

スター・トレック (Original Soundtrack) [DSDリマスタリング]

スター・トレック (Original Soundtrack) [DSDリマスタリング] (1,200円)
Michael Giacchino iTunes で見る
(2015.11.01時点)
posted with ポチレバ

Apple Musicでも聞けるので是非、お聴きください。

なんとなく古き良きアメリカが伝わってきます。

続編の「イントゥ・ダークネス」のレビュー記事は以下をご覧ください。

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の評価!感想!続編からでも大丈夫!

2015.11.04

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします