Apple Music(アップルミュージック)の感想レビュー!最強の使い方と楽しみ方について!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

Apple Music(アップル ミュージック)」に加入すると、ライフスタイルが一変します。

しかし、実際に使ったことのない方はまだまだ多いです。

そこで今回は「Apple Music(アップル ミュージック)」に関してレビューしていきましょう。

「Apple Music(アップル ミュージック)」に入ろうか迷っていた方は参考にして頂けると幸いです。

Apple Music

スポンサーリンク

「Apple Music(アップル ミュージック)」の感想レビュー 

「Apple Music(アップル ミュージック)」を以下の切り口からレビューしていきましょう。

  • 月額料金
  • 曲数
  • 豊富な機能
  • スマホの容量(オフラインで再生)

それぞれ詳しく解説します。

月額料金

プラン学生個人(月間)個人(年間)ファミリー
料金(税込)480円/月 980円/月 9,800円/年1,480円/月
無料体験期間3ヶ月

「Apple Music(アップル ミュージック)」の料金プランはかなり豊富ですが、基本的には月額980円支払うことになるでしょう。

月額980円は他のサービスと比較してしまうと、どうも高く思ってしまいます。

例えば動画配信サービスは映画なのにもっと安くて見放題です。

音楽業界にもぜひもっと頑張ってもらいたいところでしょう。

しかし、これはただの無理なお願いなので、不満自体は一切ありません。

「聞きたいな」と思った音楽がその場ですぐに聴けてしまう、感動は今でも十分味わせてもらっています。

CDをレンタルしてくるよりはるかに、価値があるのは言うまでもないでしょう。

曲数

曲数4,000万曲以上

曲数に関しては一切不満ありません。

洋楽であれば、基本的にどんなマイナーな曲であれ収録されているでしょう。

実際、私の大好きなマイナーなアメリカの女性アーディストも収録されていました。

4,000万以上の楽曲数なら、あらゆる音楽を発見することができます。

豊富な機能

当初は「Apple Music(アップルミュージック)」の目玉「For You」機能に興奮させられたものです。

しかし、もはやその機能は一切使っていません。

「For You機能」でおすすめされる音楽もきっと素晴らしいこと間違いないありませんが、音楽は自分で発掘することに価値があります。

それに自分で発掘できた音楽こそ好きになっていくものでしょう。

スマホの容量(オフラインで再生)

「オフラインで再生可能にする」機能は容量が取られるので使ってません。

「オフラインで再生可能にする」に期待している方は、まず自分のスマホの容量を確認する必要があるでしょう。

ちなみに私のIPhoneは16GBでしたが、音楽を入れる余裕もありませんでした。

32GBあってもパンパンになってしまうこと間違いありません。

最低64GBの容量は欲しいところです。

スポンサーリンク

「Apple Music(アップルミュージック)」の使い方と楽しみ方

私は検索機能から音楽を探してます。

とあるドラマや映画で気になった楽曲があれば、Apple Music(アップル ミュージック)でタイトルを入れて検索するだけです。

しかも4,000万曲以上の「Apple Music」なら大抵の曲が見つかるので、一切ストレスを感じません。

さらに私は新型の「Apple TV」を持っています。

新型Apple TVのレビュー!使い方、楽しみ方、できることなどの活用法を紹介!Apple TV 4Kの解説も!

2015.11.01

Apple TVなら映画やドラマを鑑賞し、好みの曲があれば、その流れで検索できます。

これぞ、まさに最強の使い方です。

Apple TVだけですべて完結してしまいます。

スポンサーリンク

「Apple Music(アップル ミュージック)」と「Prime Music(プライム ミュージック)」の比較

Prime MusicとApple Music

「Apple Music(アップル ミュージック)」はAmazonプライム会員限定の「Prime Music(プライム ミュージック)」とよく比較されます。

どっちにしたらいいか迷うでしょう。

私は「Prime Music(プライム ミュージック)」を選びました。

その理由に関しては以下の記事を参考にするといいでしょう。

「Prime Music」はAmazon製品の「Fire TV」や「Fire タブレット」との連携もかなりアツイです。

ただし「Prime Music(プライム ミュージック)」は曲数が少ないのがネックでしょう。

まとめ

  • 「Apple Music(アップル ミュージック)」はCDをレンタルするより安い
  • 「Apple Music(アップル ミュージック)」なら検索すれば大抵の曲が見つかる
  • 月額980円の「Apple Music(アップルミュージック)」が高い方は他の定額制音楽配信サービスがおすすめ

「Apple Music(アップルミュージック)」で曲数が不満に思うことは絶対にありません。

メジャーな曲はもちろんのこと、「え?こんな曲も?」といったマイナーな曲も多数配信されています。

定額制音楽配信サービスは「Apple Music(アップル ミュージック)」や「Prime Music(プライムミュージック)」以外にもあります。

おすすめの定額制音楽配信サービスについては以下の記事を参考にして頂くといいでしょう。

スポンサーリンク

クレジットカードをお持ちでない方へ

動画配信サービスやAmazonプライムの利用には基本的にクレジットカードが必要です。

まだお持ちではない方はぜひ以下の記事を参考にクレジットカードを申込みましょう。

初めてのクレジットカードには楽天カードがおすすめ!動画配信サービスやAmazonプライムでクレジットカードが必要になったら

2016.12.16

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします