電子書籍は全部kindleアプリで読もう!使い方も簡単

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

意外に知らない人も多いみたいです。

お使いのスマホでも電子書籍が読むことができます。

もちろん私もほとんどすべての本をKindleで読んでいます。

Kindle版があればまずそれを購入します。

漫画だってKindleです。

というと、大抵「え?スマホでも見れるの?」と驚かれます。

そこで今回はKindleの使い方について解説しましょう。

これからKindleを使おうと思っていた方は必見です。

スポンサーリンク

Kindleとは

Kindleというと、タブレット型の端末を思い出す人が多いでしょう。

たしかにそれも正解です。

Kindleには何種類か端末が存在しますから。

しかしどうやら、この端末でしか電子書籍が見れないと勘違いしている人が多いみたいです。

では、Kindleとはなんのことなのでしょうか?

Kindleという言葉は大きく分けて3つの意味合いが込められています。

  1. Amazonが販売している電子書籍を読むための「端末の呼称」
  2. Amazonが販売している電子書籍を読むための「アプリ」
  3. Amazonが販売している「電子書籍」そのもの

知らない人にはちょっと複雑でしょう。

端末でもあり、各種サービスのことでもあるのですから。

スポンサーリンク

Kindleアプリの使い方

しかし使い方さえわかれば、もう安心です。

ここではスマホで読むことを前提に説明を進めていきます。

まず、お使いのスマホに「Kindle」のアプリをインストールしましょう。

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
 
無料
posted with アプリーチ

ダウンロードできましたか?

あとはAmazonで「Kindle本」を購入するだけです。

きちんとKindle版を購入しましょう。

アプリとアカウントが紐づいているので、購入してアプリを起動すれば勝手にダウンロードが開始されます。

試しに無料のKindle書籍のリンクを置いていきます。

この本がお使いのスマホで読めれば、Kindleアプリの使い方は問題ないでしょう。

ちなみにKindle端末の使い方はもっと簡単です。

スマホのようにアプリをインストールする必要はなく、Kindle書籍を購入すれば勝手に端末に配信されます。

スポンサーリンク

Kindle端末とアプリの比較

お使いのスマホでKindleが読めるのに、果たして専用のKindle端末を購入する必要はあるのでしょうか?

ポイントは2つあります。

  • 画面の大きさ
  • バッテリー

それぞれ詳しく解説していきましょう。

画面の大きさ

大抵のスマホの画面は小さいです。

小さい画面で本を読みたくないという方こそKindleを購入するといいでしょう。

Kindle端末はKindleを読むためだけの機械なので、画面も大きくとても軽いです。

単行本の重さとほとんど変わりません。 

バッテリー

読書が生きがいの方もKindle端末を購入した方がいいでしょう。

Kindleアプリがバッテリーを消耗させるわけではありませんが、やはり長時間の読書だとスマホのバッテリーは減っていきます。

だからこそ、スマホとKindle端末を分けて利用すれば外出先でも安心して読書を楽しむことが可能です。

読書が大好きな方はKindle端末をおすすめします。 

なお、購入したKindle書籍はスマホからでもKindle端末からでも両方から閲覧可能です。

実際に私も気分に合わせて、端末を変えて読んでいます。

Kindleアプリの注意点

Kindleアプリの注意点は2つあります。

  • 容量が必要
  • 他社で購入した電子書籍をKindleで見るのは不可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

容量が必要

Kindle本は端末にダウンロードしてから読むわけですから、容量を食います。

容量がいっぱいになったら、Kindle本を端末から削除しなければなりません。

でも心配は無用です。

再び読みたいときはクラウドからダウンロードすれば問題ありませんから。

Kindle本は自動的にAmazonのクラウドに無限に保存されます。

しかも方法もとても簡単です。

アプリのTOP画にクラウドという文字があるのでそこをクリックすると、今までKindleで購入した書籍がずらりと並びます。

他社で購入した電子書籍をKindleで見るのは不可能

また、基本的には他社で購入した電子書籍をKindleで読むのは不可能と考えましょう。

厳密的には不可能ではありませんが、データ変換などの専門的な知識が必要になってきます。

楽天Koboのような電子書籍データをKindle用に変換するのは難易度がかなり高いです。

そんなわけで、私は常にAmazonで書籍を購入しています。

くれぐれも買いすぎには注意しましょう。

一度Kindleにハマってしまうと抜け出すこと不可能です。

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」スタート

懸念していた電子書籍の買いすぎですが、もう心配要りません。

なぜなら日本でも「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」がスタートしたからです。

実際に使ってみましたが、これまでに買っていた本ですら読み放題対象でした。

なんだか損した気分です。

というわけで、これから電子書籍を購入する予定がある方はぜひ早いうちに入っておきましょう。

愛読家なら確実に元は取れるはずです。

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」のレビュー!Kindle本(電子書籍)が読み放題!複数の端末から利用できてかなり便利!

2016.08.03

AmazonプライムならKindle書籍が月に1冊無料

KindleといったらAmazonです。

AmazonといったらAmazonプライムでしょう。

Amazonプライムにはいくつか特典があり、その中に「Kindleオーナーライブラリー」というものがあります。

この「Kindleオーナーライブラリー」はKindle端末に限り、対象書籍が月に1冊無料になるというものです。

Kindleオーナーライブラリー対象書籍

Kindleを利用している方々のほとんどが「Amazonプライム」に加入しているといっても過言ではありませんから、ご加入がお済みでない方はこの機会にぜひご検討ください。

しかもAmazonプライム会員ならKindle端末の一種「Fireタブレット」もお安く購入することができます。

Kindleを利用するなら、Amazonプライムに入らないと損です。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします