海外ドラマ「The 100 / ハンドレッド」あらすじと感想!

最近はどちらかというと、映画ばかりでしたね。

ドラマの方は「SUITS」に相変わらずハマっております。

海外ドラマ「SUITS/スーツ」のあらすじ感想と評価!オレランキング今期NO.1!

2015.09.29

たまには新たな海外ドラマを発掘せねばとの思いで、こちらの作品を鑑賞しました。

スポンサーリンク

海外ドラマ「The 100 / ハンドレッド」

正直なところ、最初はこのドラマ敬遠しておりました。

なぜなら、数字がタイトルの作品が数多く存在しややこしいからです。

100,300,24,96時間・・・・・

この「100」というタイトルがドラマであることを知った時、僕は恥ずかしながらこう思いました。

「ああ確か、ザックスナイダー監督の映画でやってたやつか!それをドラマにしたんだ!」

節子、それ「ハンドレッド」じゃねえ。

「スリーハンドレッド」や。

とまあ「スリーハンドレッド」も当然観たことがないので、それのドラマ版と思い込んでいる「ハンドレッド」を先に見るわけがなかったのです。

しかし、「海外ドラマを最近発掘できてないなー」ということでたまたま「ハンドレッド」が目に留まったのです。

あらすじを見てみると・・・

スポンサーリンク

ドラマ「The 100 / ハンドレッド」あらすじ

地球帰還か、人類滅亡か。 核戦争から100年後の地球 100人の少年少女に人類の存亡が託される

核戦争によって地球が滅びてから97年後、 生き残った人類は宇宙に逃れ、"アーク"と呼ばれる宇宙ステーションで暮らしていた。

しかし、人口増加と資源の枯渇という問題を前に、再び地球へ帰る必要性に迫られた政府は地球が 居住可能な状態であるかを調査するため、服役中の少年少女100人を地球へと送り込む。 放射能に覆われ、変わり果てた危険な地球で、人類生存の未来を託された100人の、壮絶なサバイバルが、今始まる。

スポンサーリンク

海外ドラマ「The 100 / ハンドレッド」感想

「ハンガーゲームかよ!」というリアクションは隠せませんでした。

開き直って、制作会社のワーナーもこう言っています。

「LOST」や「ハンガー・ゲーム」を彷彿とさせる本作は、・・・

<参照:イントロダクション|THE 100 / ハンドレッド|ワーナー海外ドラマ 公式サイト

まあ、ハンガーゲームもワーナーなので問題ないのでしょう。

ちなみに、「ハンガーゲーム」を知らない人のために説明しておきましょう。

アメリカで大人気小説でもある「ハンガーゲーム」

日本ではあまり大ウケしていませんが、アメリカではどのシリーズもその年の興行収入がTop3に入るという人気ぶり。

ストーリーはそれぞれの地区で選ばれた人たちが強制的にサバイバルを行わされるというちょっぴり切ない物語。

ハンガーゲームは字のごとく、ゲームです。

しかし、「ハンドレッド」はあくまでもゲームでありません。

一応、調査という名目でサバイバルさせられるのです。

そこが「100」と「ハンガーゲーム」の大きな違いと言っていいでしょう。

このようなサバイバルストーリーに共通して言えることがあります。

それはサバイバルするまでが非常に退屈ということ。

かといって、説明不足のままサバイバルを始めることほど、興ざめすることはありません。

サバイバルまでのフリが短すぎても長すぎてもいけないサバイバルドラマ。

裏を返せば、フリさえ終われば絶対に楽しいということ。

「ハンドレッド」は映画ではありません。

ドラマなのです。

ですから、そのフリの調整がしやすいのは言うまでもありません。

いい意味でも、とてもバランスのとれた作品となっています。

最初から飽きません。

海外ドラマ「The 100 / ハンドレッド」が観られる動画配信サービス

シーズン3も放送が決定されています。
紹介している作品は、2016年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、ご注意ください。

他にもおすすめの海外ドラマはまだまだあります。

他の作品についてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【殿堂入り】おすすめの海外ドラマ!動画配信サービス毎のまとめ!

2015.09.30

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!