漫画レビュー

創業期のAppleを描いた漫画「スティーブズ」が面白い!ジョブズのサクセスストーリーが漫画でわかる

Appleって今やもう誰もが知る会社ですよね。

「スティーブ・ジョブズ」を知らない人なんてほぼいないのでは?

それくらい有名です。

ではジョブズの相方は?

ここまでくると知らない人も増えてきます。

そうなんです。Appleという会社及び「スティーブジョブズ」という人物の名前は有名なのですが、ストーリーまで知ってる人は意外と少なかったりするのです。

そんなApple創業期を知りたいという人におすすめできるのがこちらの漫画。

「スティーブズ」

スティーブズ 1 (コルク)

スティーブズ 1 (コルク)

うめ(小沢高広・妹尾朝子), 松永肇一
発売日: 2014/11/28
Amazonの情報を掲載しています

内容紹介

Mac、iPod、iPhone、iPad…世界を変え、世界を作った企業・アップルコンピュータ。今から約30年以上前、その中心にいたスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックは、まだ無名だった。二人の武器は圧倒的な向上心と探究心、そして遊び心。向かうところ敵だらけ、障害だらけの1970年代のシリコンバレーを舞台とした二人の革命に浸れ…熱狂せよ…!!

ちなみにこちらの作品、ノンフィクションではありません。

正確に言うと、

この物語は資料・証言を元にしたフィクションです。

したがって、登場人物などの名前は史実通りではあるものの若干脚色も含まれるということ。

かといって起こった出来事は資料・証言を元にしているので、事実が捻じ曲げられたりということはしていないでしょう。

ジョブズから仕事論を学べる

さらにこの漫画から仕事において大切な事を教えてもらえます。

1巻から見ていますが、そのようなシーンは結構多い。

例えば、最新刊の3巻ではこのシーンが一番心に残りました。

IMG 0524

信頼関係について学べたり。

IMG 0525

誠実さについて学べたりね。

皆さんご存知の通り、ジョブズはクソ野郎みたいな印象があるかと思いますが、こちらの漫画でも結構なクソ野郎です。

そんなジョブズが人々との出会いを通じて成長していきます。

その成長シーンがまた我々の胸に響くのです。

ジョブズを知って成長したい方に是非おすすめです。

スティーブズ 1 (コルク)

スティーブズ 1 (コルク)

うめ(小沢高広・妹尾朝子), 松永肇一
発売日: 2014/11/28
Amazonの情報を掲載しています
ABOUT ME
ユータアライ
映画/ドラマ/音楽/ゲーム/ガジェットのエンタメ情報を発信します。