「スター・ウォーズ」ヨーダの名言ベスト3!さすがジェダイ・マスターです

映画「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 」のあらすじ!ようやく登場人物としてヨーダが!

2015.12.04

こちらのエピソード5を見て気付きましたが、ヨーダって心に刺さる言葉が多いですよね。

スター・ウォーズの登場人物!主要キャラクターまとめ(ネタバレあり)

2015.12.18

その中でも私が特に印象に残ったベスト3を紹介します。

名言(フォース)とともにあらんことを。

 

#StarWars #SpotlightOfTheWeek - Lightsaber: An Elegant Weapon for a More Civilized Age

Star Warsさん(@starwars)が投稿した写真 -2015 4月 29 12:15午後 PDT

スポンサーリンク

ヨーダ名言1「やってみるのではない、やるのだ」

さすがヨーダ。

退路を断たせる良き師です。

やってみるという言葉は実は逃げ。

万が一、やれなかった時の保険としてこのような言い方をするのです。

「やってみる」とはだめでもともと。

「やる」とは確実にこなすこと。

似てるようで全くことなるのです。

ちなみに似たような言葉だと、「頑張ります」

こちらもかなり保険がかかっていますよね。

覚悟が足らんのじゃ。

有無を言わずにやりましょう。

「できるかできないかじゃねえ!やるんだ」みたいな名言もどっかにありましたが、マスターヨーダのが断然先です。

悔い改めよ!

スポンサーリンク

ヨーダ名言2「それが失敗した理由だ」

ルークの修行中、ヨーダが初めて力を見せます。

それに対し、ルークが一言。

「信じられない」

ここでヨーダの名言が炸裂します。

「それが失敗した理由だ」

すなわち、成功とは信じなければ始まらないということ。

自分を信じられない人に成功は訪れないのです。

先ほどの名言と合わせてお伝えします。

自分を「信じて」、「やる」のだ。

もし、あなたが叶えたい何かがあるならね。

思い込みは捨てましょう。

スポンサーリンク

ヨーダ名言「地に足がついておらん」

個人的に一番のお気に入り。

ようやく現代でも理解されるようになってきた名言だと僕は感じます。

ヨーダは言います。

「この男の目は今ではなく、未来ばかりを見ておる」

一見すると、未来を見据えるのはいいことのように思えます。

一昔前でも「未来を予測しろ」なんて言われてましたよね。

ビジョンがどうたらこうたらとか。

しかし、ヨーダの考えはこの時代から異なります。

「未来ばかり見据えている」やつをこう揶揄するのです。

「地に足が付いていない」と。

まさに現代の生き方そのものです。

ITの発達により、とてつもないスピードで人類が進化しています。

未来を予測するなんてのは不可能なのです。

だから不確定な未来を見つめずに、今を懸命に生きよう。

最近巷でブームの生き方です。

具体的には、LINE株式会社も長期計画を立てないことで有名ですし、堀江貴文氏も未来なんてわからないと言及しています。

ヨーダはそれを35年前に言っていたのです。

もっとも、時代背景はスターウォーズのが先を行ってますけど。

 

以上がヨーダの名言です。

これであなたもジェダイかな?

公開前にスタ・ウォーズの専門用語を勉強しよう!(ネタバレあり)

2015.12.16

新作が楽しみです。

<追記>

新作「エピソード7 フォースの覚醒」を鑑了しました。

以下レビュー記事を御覧ください。

映画「スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」ストーリーのあらすじと感想と評価(ネタバレなし)!登場人物に注目

2015.12.20

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします