「新世紀エヴァンゲリオン」漫画全巻を読んでみた感想!あらすじも!「愛」のテーゼが詰まってます

国民的アニメ!

アニメも有名!映画も有名!パチンコも有名!

そんな「新世紀エヴァンゲリオン」の漫画を全巻読破したのでレビューします。

まずはあらすじを。

サービス、サービス♫

スポンサーリンク

漫画「新世紀エヴァンゲリオン」のあらすじ

主人公は中学生の碇シンジ。

そんな彼が、エヴァンゲリオンのパイロットに選ばれます。

IMG 0626

エヴァンゲリオンとは何なのか?

技術担当の赤木リツコ博士はこう言います。

厳密に言うとロボットじゃないわ

人の創り出した究極の汎用決戦兵器

人造人間エヴァンゲリオン

何のための兵器か。

それは使徒を殲滅するため。

人類の存亡を脅かす存在、それが使徒なのです。

IMG 0633

そんな使徒を倒すべく、兵器に乗らなければならない少年たちのストーリーを描いたのがエヴァンゲリオン。

スポンサーリンク

漫画「新世紀エヴァンゲリオン」の感想

と、簡単にあらすじを述べましたが、実際の内容はこんなシンプルではありません。

かなり複雑です。

よく言えば奥が深い。

もっとも奥が深いからこそ、いろんなファンを虜にするのは間違いありません。

エヴァンゲリオン専用の考察本が出るのも頷けます。

ここからは私の感想。

私が思うエヴァンゲリオンとはまさに「愛」をテーマにしたアート

追って説明していきましょう。

アートとは表現の世界。

自分の感情を作品にして具体化するのがアートと言っていいでしょう。

ではどんな感情か?

エヴァンゲリオンでは「愛」です。

父への愛、母への愛、子への愛、男女の愛など、この物語では多岐にわたります。

そんな多種多様な愛が生み出す、嫉妬、喜び、悲しみ、怒りなどの複雑な感情を作品の中で描くのです。

エヴァンゲリオンに登場するキャラクターの動機は全て誰かに対する求愛行動と言っても過言ではありません。

いえ、これはきっとエヴァンゲリオンの世界だけに言えることではないはず。

だからこそ、こんなにも多くの人に共感され、長続きする要因となったのでしょう。

テーマは「愛」

愛に飢えている人は共感し、ハマること間違いなし。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオン 登場人物

エヴァで重要なのが登場人物。

主要キャラクターを最後に紹介して締めたいと思います。

碇シンジ

IMG 0628

主人公。父とは長い間別々に暮らす。エヴァ初号機のパイロット。性格はとても暗い。

綾波レイ

IMG 0635

エヴァ零号機のパイロット。正体不明の謎の少女。

惣流アスカラングレー

IMG 0634

エヴァ弐号機のパイロット。容姿端麗、頭脳明晰。ただし性格に難ありか。(個人的には好き)

葛城ミサト

IMG 0629

シンジの直属の上司。所属はネルフ本部戦術作戦部作選局第一課。大胆不敵な女性。

赤木リツコ

IMG 0627

エヴァ開発の責任者。性格はとてもクール。所属はネルフ本部技術開発部技術一課。

碇ゲンドウ

IMG 0631

シンジの実の父親。特務機関ネルフの最高司令長官。シンジに対して非常に冷酷。

全14巻です。

エヴァで愛を勉強しましょう。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!