映画を川崎で15年以上鑑賞している私が教える川崎の映画館比較まとめ

 何を隠そう私は小学生のことから川崎で映画を鑑賞しています。

年数にすると、約15年。

「ハリーポッターと賢者の石」が個人的な最古の記憶です。

初めて子供たちだけで行った映画館はとても壮大でした。

そしてそのイメージは今でもぼんやりと広大なイメージだけが残っています。

さて今日はそんな幼少期の思い出の地でもある川崎の映画館についてまとめます。

残念なことに今はその壮大感は一切感じられません。

私も大人になってしまいましたから。

スポンサーリンク

109シネマズ川崎

川崎の中で最も新しい映画館です。

ラゾーナ川崎と同時に開館されました。

余談ですが、今では有名なラゾーナ川崎ができる前をご存知ですか?

何もありませんでしたよ。

そんな何もない地に突如生まれたのが109シネマズ川崎。

ラゾーナにありますから駐車場に車を止められるのも大変便利です。

駐車料金も映画を観れば合わせて2時間半は無料とのこと。

最大の特徴

やはり、エグゼクティブシートが最大の魅力。

これから紹介する他の近隣映画館ではそのような席は設けられていませんから。

ポイントカード「シネマポイントカード」の特徴

以前記事にしました。

109シネマズのシネマポイントカードに入会しました!

2016.01.10

目白押しはやはり、エグゼクティブシートが通常料金で使えること。

また入会時に2ポイントもらえ、6ポイントたまると映画一回無料で見れます。

年会費はなし、入会金は1,000円です。

IMAXシアター搭載

また、値は張りますが、映画の質にこだわる方はIMAX鑑賞をおすすめします。

音楽、空間、映像など映画を構成する様々な要素がリッチに味わえるでしょう。

このリッチ体験ができるIMAXシアター。

川崎ではここだけです。

サービスデー

映画につきものなのが、安く見れる日。

当劇場では以下のとおりです。

日付割引名称料金
毎月1日ファーストデイ1,100円
毎月10日109シネマズの日1,100円
毎週水曜日レディーズデイ(女性限定)1,100円
毎月19日ポイント会員感謝の日(会員限定)1,100円
毎週火曜日シネマポイントカードデイ(会員限定)1,300円

その他詳細はホームページをご覧ください。

<参照:109シネマズ川崎(川崎駅西口直結)映画館、シネコン、上映スケジュール | 109CINEMAS

スポンサーリンク

TOHOシネマズ川崎

次に新しくできたのがこちらの映画館。と言っても2003年に完成したので、比較的新しいです。

場所はDICEビル7Fです。

最大の特徴

舞台挨拶を行うことが多い映画館です。

そんなわけで幅広い作品を上映しています。

また個人的な意見ですが、当劇場では、なぜだかポップコーンを購入したくなります。

導線がいいのかもしれません。

ポイントカード「シネマイレージ」の特徴

こちらも同じく6回観たら1回無料です。

またシネマイレージがたまります。

おしゃれなことに上映時間1分=1マイル。

マイルは様々なものと交換ができます。

例えばポップコーン。

1,000マイルでポップコーンSサイズがもらえます。

だいたい映画1本120分として、8、9回の鑑賞が必要です。

年会費は500円、次回更新時300円。有効期限は当然1年間です。

ちなみにクレジット機能つきのシネマイレージカードもあります。

こちらの方が何かとメリットが多いので、おすすめです。

MediaMation MX4D™搭載

当劇場ではIMAXはありませんが、アトラクション型の4DXが体験できます。

+1,200円とのこと。

ディズニーランドのフィルハーマジックを想像していただくとわかりやすいでしょう。

揺れ動いたり、水しぶきや煙や振動や香りがあるんですって。

ちなみに私は利用したことはありません。

IMAXはありませんが、川崎で4DXはここだけです。

サービスデー

当劇場では以下のとおりです。

日付割引名称料金
毎月1日ファーストデイ1,100円
毎月14日TOHOシネマズデイ1,100円
毎週水曜日レディーズデイ(女性限定)1,100円
毎週月曜日auマンデイ(auスマートパス会員&ビデオパス会員限定)1,100円
毎週火曜日シネマイレージデイ(会員限定)1,400円

その他詳細はホームページをご覧ください。

<参照:TOHOシネマズ 川崎:上映スケジュール || TOHOシネマズ

スポンサーリンク

チネチッタ川崎

こちらで最後です。 もはや老舗。

東口徒歩5分。ラチッタデッラ内にあります。

1987年に開館されたとのこと。遡ればもっと歴史がありますが、ここでは割愛します。

最大の特徴

歴史ある映画館なので信頼と実績なら一番です。

また、グッズコーナーが近隣劇場と比べて若干大きいです。

ポイントカード「チネカード」の特徴

もはやこれが最大の特徴と言っていいでしょう。

映画を5回見ると1回無料になります。

他の映画館よりもその回数は1回少ないです。

また入会金・年会費も無料。

そんなわけで単純に一番お得に映画が見れるのはチネチッタです。

サービスデー

当劇場では以下のとおりです。

日付割引名称料金
毎月1日映画の日1,100円
毎月23日チネチッタデイ1,100円
毎週水曜日レディーズデイ(女性限定)1,100円

入会金・年会費がない分、会員限定のサービスデイは皆無です。

その他詳細はホームページをご覧ください。

<参照:チネチッタ | 川崎駅から徒歩5分、12スクリーンの映画館

以上が川崎の映画館のまとめです。

どの劇場で見ようか迷っていた方はぜひ、参考にしましょう。

映画によく行かれる方は、一箇所にまとめた方がポイントがたまるのでおすすめです。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします