映画・ドラマ

映画を安く見る方法!いつでも誰でも400円引き!ムビチケの購入方法と使い方!

いきなり映画を観に行くこともあるにはありますが、そこまで多くはないでしょう。

この記事でご紹介する方法は、公開日前日までの購入なら映画を安く観ることができます。

大抵の場合、観る映画は前もって決まっているはずですから、是非とも有益に活用してください。

映画を安く見る方法!ムビチケとはオンラインで購入できる映画前売りチケットのこと

映画を安く見る方法はズバリ「ムビチケ」を使います。

ムビチケとは、オンラインで購入できる映画前売りチケットのことです。

映画の前売りチケットはコンビニで買えるイメージが強いですが、そんな面倒なことはもう必要ありません。

コンビニで「映画の前売りチケット」を購入すること自体、前時代的かっこ悪いのです。

また何かの映画を見たついでに映画館で前売りチケットを買うにしても、そんな先の予定までわかりません。

そんな時、非常に便利なのがムビチケなのです。

ムビチケのメリットは通常料金よりも400円安く見れること

メリットは以下のとおりです。

  • 大半の作品が通常料金よりも400円安く見れる(例:一般1800円→1400円)
  • 公開日前日までネットで購入できる
  • 購入した前売り券は上映期間ならいつでも使える
  • 座席指定まで行えるので、当日はスムーズに入場できる

人を介さずに映画の前売りチケットを買えるのが素晴らしいですね。

ムビチケの購入方法

気になる購入方法は2通りです。

ムビチケ公式ホームページ

ムビチケの公式ホームページで購入できます。

ムビチケ対応劇場も忘れずに要チェックしてください。

支払い方法は主にクレジットカード払いです。

またクレジットをお持ちでない方におすすめのカードがあります。

それは「シネマイレージカードセゾン」です。

シネマイレージカードセゾンなら、ムビチケで鑑賞してもTOHOシネマズのスタンプが貯まりますし、マイルも貯まります。

映画好きでお持ちでない方は、是非この機会にお作りしましょう。

Amazonでもムビチケが購入できる

なんとAmazonでも購入できてしまいます。

購入すると、E-mailにて「購入番号」と「暗証番号」が届きます。

なお、ご購入チケット情報メールが届くまで、30分~50分程度かかる場合があるとのことですので注意が必要です。

また支払い方法もクレジットカードのみとなっています。

AmazonポイントやAmazonギフト券は使えますのでご安心ください。

ムビチケのオンラインショッピングはAmazon.co.jpで

ムビチケの使い方は事前にインターネットで座席予約する

いずれかの方法でムビチケを購入したら次は使い方についてご紹介します。

事前にインターネットで座席予約をしてください。

インターネットで購入したのだから座席指定までインターネットで完結すべきです。

というのも、劇場によって鑑賞日当日の座席指定ができるところとできないところがあります。

ですから確実に映画を楽しむためにも座席指定までインターネットで行いましょう。

ムビチケのWEBサイトもしくは、ご鑑賞劇場サイトのWEBページにて座席指定が行えます。

あとは座席指定時に発行される「予約番号」を控えて、当日自動券売機にて入力し、発券するだけです。

ムビチケ Q&A

ムビチケに関して個人的に疑問点がありましたので調べ上げました。

劇場のポイントは付くのか

劇場にもよりますが、大抵の場合、ムビチケでもポイントはつきます。

例えば、109シネマズでは座席指定時でも当日発券時でもポイントをつけることが可能です。

2D券で3D上映は鑑賞できるのか

劇場によっては追加料金を払うことで鑑賞できます。

詳しくは鑑賞劇場にお問い合わせください。

また、109シネマズではIMAX鑑賞はムビチケ対象外となっています。

このように対象外となる作品もあるので注意が必要です。

ムビチケとムビチケ「カード」の違い

似たようなものにムビチケカードというものがあります。

こちらはオンライン券ではなく劇場で販売している前売り券です。

カードの裏をスクラッチし、その番号を使いインターネット上で座席予約ができます。

ムビチケとムビチケカード

似て非なるものなので、お気をつけください。

「デイリーPlus」はYahoo!JAPANが提供する会員制割引優待サービスです。

映画も安く観ることができます。

この記事では「デイリーPlus」について解説しましょう。

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス 

「デイリーPlus」概要

デイリーPlus」は月額500円(税抜)で誰でも会員になれます。

有料ということで敬遠してしまいがちでしょう。

しかし「デイリーPlus」を使えば、月額500円なんてあっという間に元が取れます。

事実、例えばイオンシネマは映画が500円引きです。

加えて映画館だけでなく、他のあらゆるレジャーサービスやグルメが安くなります。

遊び好きなら確実に月額500円は超えてしまうでしょう。

レンタカーだって安くなります。

「デイリーPlus」で映画を安く見る方法

「デイリーPlus」を使って映画を安く見る方法は大きく分けて2種類あります。

劇場鑑賞券

こちらの劇場鑑賞券を申し込めば、上映中の好きな映画が見られます。

もちろん「劇場鑑賞券」ですから申し込んだ、劇場でしか使えません。

TOHOシネマズだったり、イオンシネマだったり、109シネマズだったりと。

自分のよく行く映画館は使えるのかしらなんて思う人もいると思いますが、安心してください。

さすがに数が多すぎてここには書けないのですが、基本的にある程度大きな映画館なら使えることができます。

映画作品券

一方で映画作品券というのがあります。

こちらは作品ごとに割引され、どの映画館でも使うことができますが、当然作品は選んだものしか見れません。

また基本的に映画作品券はムビチケカードであることが多いです。

しかもムビチケで直接買うよりも若干安いです。

さらに郵送でムビチケカードが送られてくるので、鑑賞の記念にもなるでしょう。

余談までにこのカードタイプのムビチケは通常、劇場でしか販売されていないものになります。

当然、ムビチケ対応劇場でないと利用できませんのでご注意ください。

「デイリーPlus」のメリット・デメリット

どちらのチケットを利用するにせよ、それぞれメリットやデメリットがあります。

劇場鑑賞券はすぐに利用できる

劇場鑑賞券はファミリーマートにあるFamiポートで発行することができます。

他には自宅に郵送する方法もありますが、土日を除いて5日程度で発送が完了するとのでちょっと遅いです。

いずれの方法にせよ、ネットで座席の予約までできません。

これがデメリットです。

しかしいきなり思い立った映画鑑賞でもFamiポートで発行すれば、すぐに映画が安くなるのは便利でしょう。

映画作品券は座席予約ができる

映画作品券ならネットで座席予約することもできます。

映画作品券でがムビチケでない場合は、座席予約をすることができません。

ただし人気映画作品ならムビチケがほとんどなのでほとんど心配ないでしょう。

映画作品券は土日除いて5日程度で発送が行われます。

このスピード感が唯一のデメリットです。

またムビチケは通常、作品公開後に購入することができませんがデイリーPlusなら公開後でも購入することができます。

いずれにせよそれぞれメリット、デメリットはありますが、安く見れることは間違いないありません。

「デイリーPlus」のお得な使い方

いきなり「映画を観に行こう」となった場合はファミリーマートのFamiポートを使ってチケットを発行しましょう。

そして、あらかじめ観たい映画がある場合は「映画作品券及びムビチケ」を自宅に郵送してもらいましょう。

映画作品券の場合は、チケット到着まで1週間の猶予が必要です。

予定に間に合いそうもない場合はFamiポートで発行しましょう。

以上が、「デイリーPlus」を使って映画を安く見る方法です。

「デイリーPlus」で安くなるサービスは映画だけではありません。

今なら、無料でお試しもできますので是非、一度登録してみてください。

しかも下のリンク経由だと、2ヶ月も無料で体験できます。

割引適応サービスも是非、以下からご覧ください。

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス 

その他映画館で映画を安く見る方法

ムビチケとデイリーPlus以外では以下のような方法があります。

  • 劇場のポイントカード
  • 金券ショップ
  • 株主優待券
  • サービスデーに観る

それぞれの方法を確認していきましょう。

劇場のポイントカード

あらゆる映画館にはポイントカードが存在します。

たいていの映画館が5回か6回、映画を見たら1回無料という内容であることが多いでしょう。

例えば6回見たら1回無料という場合でも大人料金は1,800円ですから1回の鑑賞に換算すると300円引きです。

なお私はTOHOシネマズに行くことが多いので「シネマイレージカード」を所持しています。

しかもクレジット機能がついていると、映画の予約の際にもとても便利です。

そんなわけでTOHOシネマズを利用される方はやはり「シネマイレージカードセゾン」がおすすめです。

ムビチケを使ってもポイントがたまるので、いつもお得に利用しています。

いずれにせよ自分のよく行く劇場のポイントカードなら持っていて損はないでしょう。

金券ショップ

あまりスマートな方法ではないのですが、金券ショップに鑑賞券が売っていることがあります。

大きな駅であれば大抵金券ショップも存在するでしょう。

もっとも、目当ての作品がない場合もありますし、前売り券と大して価格も変わらないので、これまで紹介した方法よりかは劣ります。

金券ショップに向かうくらいなら直接映画館に向かう方がいいでしょう。

株主優待券

あまり現実的な割引方法でもないでしょう。

企業にもよりますが、株主優待を受けるには数十万以上の株が必要になります。

さらに権利確定日から実際に割引を受けられるまで半年弱も必要です。

しかも株というマネーゲームですから、割引分まで負けることだって考えられるでしょう。

よって割引目当てに株を購入するのはあまり利口な方法とは言えません。

サービスデーに観る

映画界には必ずサービスデーというのが存在します。

一番有名なのがファーストデーです。

ほとんどの映画館は毎月1日に1,100円で映画が観られます。

他にも映画館によってサービスデーは様々です。

私がよく行く川崎の映画館にも多くのサービスデーが存在します。

川崎の映画館でおすすめはどこ?20年以上鑑賞している私が教える!私は小学生の頃から川崎で映画を鑑賞しています。 年数にすると、約20年経ちます。 初めて子供たちだけで行った映画館はとても壮大でした...

いずれにせよ、映画館に行く前はサービスデーかどうか確認するといいでしょう。

意外にも映画が安く見られる日かもしれませんよ。

以上が、映画館における映画を安く見る主な方法です。

自分にあった割引スタイルを是非発見してください。

  • ムビチケなら最大400円引きで映画が観れるのでお得
  • ムビチケはオンラインで購入する映画の前売りチケット
  • 公開日前日まで買えて、公開期間中好きな時に使える
  • 座席指定までインターネットで行えるので当日はスムーズ
  • 劇場のポイントカードを作ろう
映画好きにおすすめのクレジットカード比較まとめ!割引特典がいっぱい!映画好きって何かとクレジットカードが必要ですよね。 そこで、当記事は映画好きにおすすめのクレジットカードを紹介していきます。 この機...
ABOUT ME
アバター
ユータアライ
おすすめ映画/ドラマ/音楽/ゲーム/ガジェットのエンタメレビュー情報を発信します。
あなたにイチオシ!