縮小人間!マーベル映画「アントマン」のあらすじと感想と評価!昆虫映画でもあります

ただ人が小さくなるだけの縮小人間映画だと思ったら大間違い。

アントマンは強い!

スポンサーリンク

映画「アントマン」のあらすじ

マーベル映画には特殊能力がつきもの。

さてこのアントマンはどんな能力なのでしょうか。

まず、アントマンは自身の身体を自由に縮小できます。

パワーはそのままで。

そのままとはいえど、接着面積が小さくなるので、その威力は貫く弾丸並みです。

また、特訓を重ね、アリをコントロールすることができます。

アリとはいえど、なめてはいけません。

毒アリ、飛ぶアリ、巨大アリなどたくさんのアリが助けてくれるのだから。

(詳しいアリの種類は以下のサイトで解説されています)

<参照:ありんこ日記 AntRoom:映画「アントマン」試写会

まさに昆虫映画でもあります。 

では、そもそもなぜアントマンは「アントマン」なのか。

アリに噛まれたから?

というスパイダーマン的展開ではありません。

展開でいうならば、どちらかというとアイアンマン。

特殊スーツを着ることでアントマンになることができ、中身は生身の人間です。

スポンサーリンク

アントマン 登場人物

スコット・ラング / アントマン(演:ポール・ラッド)


突如「アントマン」になることを決意する主人公「スコット・ラング」です。

窃盗犯という前科持ちで、潜入のスペシャリスト。

自分の小さな娘のために誓います。

忍び込み物を盗む日々は終わりです

と。

ハンク・ピム(演:マイケル・ダグラス)

 

アントマンのスーツを開発した張本人。

物理学者でもあり、昆虫学者でもあり、初代「アントマン」でもあります。

スコット・ラングを見つけこう言います。

「罪を償うチャンスは皆に与えられるべきだ」

と。

そして娘のために誓った「アントマン」に命令するのです。

「忍び込み、物を盗んでくれ」

と。

ハンク・ピムの目的は自身の開発した縮小技術の悪用を防ぐことでした。

その技術の再現開発は目の前に迫っていたのです。

ホープ・ヴァン・ダイン(演: エヴァンジェリン・リリー)


今作におけるヒロイン。

アントマンになる知識と実力がありながらも、ピム博士の娘ということでさせてもらえません。

そのことで博士とはいつも疎遠な仲。

縮小技術の転用を防ぐため、父と手を組みます。

イエロー・ジャケット


今作の悪キャラです。

あとは物語の楽しみにとっておきましょう。

スポンサーリンク

アントマン 感想

「ダークナイト」の影響でしょうか・・

昨今のアメコミ映画はシリアス調が流行っているように思えます。

がしかし、このアントマンは一味違います。

やたら暗いだけの映画ではなく、笑いも所々に抑え、最高のバランスで作られているのです。

「アントマン」になるまでと「アントマン」になってからのバランスも絶妙で、気がついたらストーリーに入り込んでいることでしょう。

またストーリーのみならずアントマンが映し出す世界観は是非とも劇場で観たかったところ。

おっきなスクリーンに映る小さなアントマンは想像するだけでもワクワクします。

そして、マーベルファン大喜びの演出も数多くあり、もはやこの作品には誰も文句は言えないでしょう。

おっきなスクリーンにアントマンが復活するのを心よりお待ちします。

アントマン 評価

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします