ドコモ以外も大丈夫!「dTV」の評価レビュー!口コミ・評判

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

dTV」を完全に舐めていました。

この度、試しに「dTV」に加入しましたが、驚きの連続。

とてもいいサービスです。

当方、ドコモユーザーではないんですけどね。

そんなのは関係ありません。

スポンサーリンク

「dTV」はドコモユーザー以外も加入できる

名前が非常に紛らわしいのですが、「dTV」はドコモ以外の方も加入できます。

私は格安SIMの利用者なのですが、問題なく登録できました。

なお登録の際にはdアカウントというdocomoのアカウントが必要になりますが、こちらはauの方でもsoftbankの方でも登録できますので心配ご無用です。

国内ユーザー数No.1の「dTV」ですが、それはドコモ以外の方も利用しているからこそ。

ドコモ以外の方も安心してご利用頂けます。

スポンサーリンク

「dTV」の評価レビュー

とにかく「安い!」の一言に尽きます。

月額500円(税抜)ですからメジャーな動画配信サービスの中でも一番安いです。

ちなみに一番安いのはAmazonプライム会員。

動画配信サービスを含むあらゆる特典つきで月額325円(税込)です。

Amazonプライム会員になるメリット!送料より安い破格の年会費でこの特典はハンパない

2015.11.25

もっともこちらは年会費制で、年額3,900円(税込)という料金設定から敬遠しがちな人も少なくないでしょう。

というわけで「一気に年会費3,900円も取られたくない!」という方にはdTVがオススメです。

スポンサーリンク

「dTV」作品数 

12万以上という作品数。

ただ、この中にはカラオケやミュージックビデオも含まれます。

ですから、加入前はこう思っていました。

「12万とはいえど、どうせ数字のトリックで大した作品は揃ってないんだろ」

「12万とか言って見放題作品はどうせ少ないんだろ」

と。

しかしその考えは加入してすぐさま変わります。

500円の割に見放題作品はかなり豊富でした。

他の動画配信サービスで配信されていない作品があるのは非常に評価できます。

12万以上という作品数も伊達じゃありません。

もっとも、タイトル数ではなく満足度で競ったらHuluのが上です。

Hulu(フールー)の評価と評判!?愛用者の口コミレビュー

2015.12.24

Huluは人気タイトルに強いイメージがありますから。

人気の話題作と言ったらHuluです。

現在のdTVラインナップは以下のボタンからリンク先で検索してください。

「dTV」なら新作も観れる

「dTV」は見たい作品ごとに課金する「PPV方式」も採用しています。

U-NEXTとAmazonビデオのPPV(ペイパービュー)動画配信サービス2社比較!

2016.04.17

新作などの見放題以外の作品は別途課金にて、視聴することができます。

というわけで基本は見放題作品を視聴し、どうしても観たい作品がある時だけ課金するというスタイルが一番自由度が高くおすすめです。

「dTV」はオリジナル作品がある

dTVも「オリジナル作品」も国内においては、他者に引けを取りません。

例えば、dTVオリジナルの作品では「闇金ウシジマくん」「進撃の巨人」「新宿スワン」のドラマ作品が有名です。

そして進撃の巨人もそうですが、「dTV」には大作映画と連動したオリジナルドラマを頻繁に配信する傾向があります。

このような映画タイアップドラマが観れるのも「dTV」だからこそ。

直近では「アイアムアヒーロー」や「テラフォーマーズ」のドラマがdTVにて配信されました。

「dTV」ならカラオケや漫画だって楽しめる

しかも「dTV」は動画配信だけではありません。

まず「dTV」には様々なカラオケ楽曲が用意されています。

「dTV」のカラオケを使えば、まるで本物のカラオケかのように練習できるでしょう。

しかも楽曲数もかなり豊富です。

これでもう本物のカラオケは怖くありません。

さらにdTVなら漫画も読み放題です。

漫画といってもコマが自動的に勝手に動く動画式ですが、内容をつかむくらいだったら何ら問題ありません。

今現在だと、「寄生獣」「闇金ウシジマくん」「グラップラー刃牙」などの有名タイトルがずらり並んでいます。

豪華豪華。

dTVを液晶テレビなどの大画面で見る方法

以前までは、スマホでしか見れなかったdTVですが、現在はAmazonの「Fire TV」や「Apple TV」が対応しています。

しかも方法もとっても簡単で、「dTV」専用のアプリをダウンロードするだけ。

500円で大画面で観れるなんて非常にお得ですね。

「dTV」 評価

ではまとめに入りましょう。

dTVは500円のわりにものすごく楽しめます。

映画の作品数はもちろん、カラオケや漫画、オリジナルドラマなど、500円では十分すぎるくらいです。

なかなかのコストパフォーマンスです。

もちろん月額500円ですから他の動画配信サービスに劣る部分はいくつかあります。

動画配信サービス比較まとめ!映画見放題!一番のおすすめはコレだ!

2015.12.09

しかしその劣っているところが目につくのはおそらく映画やドラマを毎日のように視聴するヘビーユーザーだけでしょう。

というわけでそこまで動画配信サービスにこだわりのない人は「dTV」で十分です。

基本的に動画配信サービスは月額1,000円以上超えてしまうのがデフォルトですが、「dTV」ならたったのワンコイン。

ワンコインだったら負担を感じることなく動画を楽しめるはずです。

今なら31日間無料体験実施中です。

「dTV」の評判・口コミ

最後に他のユーザーの口コミや評判情報を見てみましょう。

リアルな情報という意味でも「Twitter」から引用させて頂きます(プライバシー保護のためユーザー名は伏せます)。

これは誰もが迷いどころです。

がっつり楽しむなら「Hulu」、コスパを取るなら「dTV」といったところでしょう。

これはいい口コミ情報です。

確かに映画コンテンツはそこまで多くありません。

ただ、メジャーな作品だけがあればいいという方であれば何ら問題ないでしょう。

これぞオリジナルコンテンツを配信している甲斐があったと言えるでしょう。

やはり「値段の割」というのがミソです。

ちなみにUIはユーザーインターフェースのことで、超かいつまんで言うと「見た目」のことです。

アプリを使っていて「何となく」使いにくいとか使いやすいとかあると思いますが、どうやらdTVでは見た目使いづらいとのこと。

もっとも私は使いづらいと感じたことはないので、人によって最適なインターフェースは変わるということでしょう。

おそらく通信環境によって、ほんのちょっと使い勝手の違いが露わになるのでしょう。

先ほども言った通り年会費を一括で払えるならプライムビデオがおすすめです。

エイベックス主催のライブイベントですね。

dTVだけのライブ映像も魅力的です。

その通りで「コスパ」は随一です。

この口コミこそ「dTV」の本質をついています。

動画配信サービスで迷ったら是非無難に「dTV」を選択しましょう。

紹介している情報は、2016年8月時点のものです。現在は変更されている場合もありますので、詳細はdTVの公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!