ジョニー・デップ主演映画まとめ!最新作映画公開記念!

こんにちは、こんにちは、こんにちは。

間も無く、ジョニーデップ主演の最新作映画「ブラック・スキャンダル」が公開されますね。

本日はそれを記念して、素敵な素敵なジョニー・デップ出演作品のおすすめをご紹介したいとおもいます。

スポンサーリンク

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ

ジョニー・デップと言ったらこのシリーズですね。

もはや説明不要。

というよりも、「パイレーツ・オブ・カリビアン」はストーリーを楽しむものではありません。

ジョニー・デップを観るための映画なのですから。

呪われた海賊たち(2003)

 

第1作目です。

この作品のヒットにより、「パイレーツ」シリーズが生まれます。

デッドマンズ・チェスト(2006)

前作のヒットにより生み出された続編の前半です。

3部作というよりはむしろ、続編2部作と言えるでしょう。

本作自体で完結しないという作りになっています。

ワールド・エンド(2007)

続編の後半です。

話はようやくここで完結します。

生命の泉(2011)

「パイレーツシリーズ」の中ではもっとも最新です。

アバターヒットにより3Dも公開されましたが、本当に3Dにする必要があったのかという疑問が当時あったのを覚えています。

スポンサーリンク

チャーリーとチョコレート工場(2005)

懐かしすぎる。

中学生の頃、原作までも読むくらいハマっていました。

とてもミステリアスでファンタジーな作風です。

「チョコを買って当たりが出ると、工場にご招待〜」という内容です。

スポンサーリンク

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)

ティム・バートン監督が贈る、ジョニーデップ主演のミュージカル映画です。

復讐が題材なのですが、そんなことよりもジョニーデップの七変化に注目してしまうでしょう。

まさに変幻自在のエンターテイナーです。

アリス・イン・ワンダーランド(2010)

これまた、ティム・バートン監督作品です。

「不思議の国のアリス」を題材にしています。

これを観て確信しました。

ジョニーデップに演じれない役はないのだと。

最新作「ブラック・スキャンダル」

そしてお待ちかねがこちら。

予告によるとジョニー・デップ史上最高の演技を魅せてくれるとのこと。

あのジョニー・デップの最高値ですから半端ないに決まっています。

ストーリーは幼少期に固い絆を誓った3人の大人のお話。

一人はギャングのボス。

もう一人がFBI。

そしてもう一人が政治家。

そんな立場の真反対な3人が密約し、悪巧みを謀るという実話ベースの物語です。

R-15で危険な香りがプンプンします。

ちなみにギャングを演じるのがジョニー・デップ。

ハゲなのにかっこいいのはジョニーデップだからこそ。

非常に楽しみです。

私はムビチケですでに席を確保しました。

公開日前なら400円安く購入できるのでおすすめです。

いつでも誰でも400円映画を安く見る方法!ムビチケを利用しよう!ムビチケの購入方法と使い方!

2016.01.17

公開は1月30日です。

ぜひ劇場に足を運んで観てください。

[追記:観てきました。鑑賞レビューです。]

ジョニー・デップ最新!実話マフィア映画「ブラック・スキャンダル(Black mass)」のあらすじと感想と評価!

2016.01.30

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします