「Apple TV」と「Amazon Fire TV」の比較!4K対決!Stickと旧型対決も!対決の鍵はコスパ!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

Apple TVFire TVも非常に似たような製品です。

しかし、特徴が全く同じというわけではありません。

そこで今回はApple TVFire TVを詳しく比較していきます。

動画配信サービスを自宅の大画面で楽しみたい方はぜひ参考にしましょう。

Fire TVとApple TV

スポンサーリンク

Apple TVとFire TVの比較

「Apple TV」と「Fire TV」は合わせて現在4種類もあります。

どのように比較するのがベストなのでしょうか。

以下のような組み合わせがおすすめです。

  • Apple TV 4KとFire TV 4K
  • Apple TV(第四世代)とFire TV Stick

やはり境界線は4Kに対応しているか否かです。

4Kに興味のない方はコスパで決めるといいでしょう。

スポンサーリンク

4K対応はどっちがおすすめ?

Apple TV 4KとFire TV 4K

早速、4K対応のApple TVとFire TVを比較していきましょう。

 Apple TV 4K Fire TV 4K 
HDR(ハイダイナミックレンジ)対応 ◯ ◯ 
解像度 最大2160p(4K),60fps 最大2160p(4K),60fps
容量32GB/64GB8GB
値段(税別) 19,800円/32GB,21,800円/64GBFire TV 4Kの値段 
処理性能◯ 
HDMIケーブル必要(別売)不要(ディスプレイに直接繋げる)

肝心な4Kに関する機能はほとんど一緒です。

そこで以下のような決め方をするといいでしょう。

  • 4K作品を都度レンタルするなら「Apple TV 4K
  • 動画配信サービスを通じて4Kを見るなら「Fire TV 4K

4K作品を都度iTunesでレンタルするなら「Apple TV 4K」

iTunesはこれまでの動画を随時4Kにアップグレードすると発表しています。

そんなわけでお好きな作品を4Kで見たい方はApple TVにするといいでしょう。

iTunesなら、4K作品が今後もたくさん充実していくこと間違いありません。

動画配信サービスを通じて4Kを見るなら「Fire TV 4K」

iTunesで都度レンタルするのは予算的に厳しい(1本500円)という方もいるはずです。

そのような方は動画配信サービスを通じて4Kを見るしかありません。

しかし、動画配信サービスでは未だ4K作品が少ないです。

それでも構わないというなら、格安の「Fire TV 4K」を選びましょう。

「Fire TV 4K」でiTunesを使うことはできませんが、Amazonなら近い将来4K作品を増やしてくれるに違いありません。

いずれにせよ、Fire TV 4KもApple TV 4Kも4Kの再生機器としては同じくらい優れています。

決め手となるのはお値段やコストの面です。

あまりお金をかけたくないのなら、Fire TVを強くおすすめします。

なお、4Kをお楽しみいただくには4Kディスプレイが必要です。

まだお持ちではない方は以下の記事を参考にするといいでしょう。

かなりおすすめです。

スポンサーリンク

Apple TV(第四世代)とFire TV Stickの比較

4Kに興味のない方は以下こちらの項目をチェックしましょう。

  • 値段
  • 処理速度
  • リモコン
  • 動画配信サービス対応アプリ
  • 容量(コンテンツの保存)

以上の切り口から詳しく比較していきます。

値段

同等の機能であれば、できる限り安い方を買いたいところでしょう。

結論から言うと、Amazon Fire TVの方が断然安いです。

特にStickの安さときたらこれ以上にありません。

規約上Amazonの商品の値段をここに書くことはできませんが、現時点でApple TVより安価です。

Fire TV Stick

Apple TV(第四世代)

Apple TVはそれぞれこんな感じです。

容量値段(税別)
32GB18,400円→15,800円
64GB24,800円→販売終了

<参照:Apple TVを購入 – Apple (日本)

Apple TV 4Kの発売とともに従来のモデルは安くなりました。

それでもまだFire TVに値段は追いつきません。

Fire TVとApple TVの一体どこに値段の差があるのでしょうか。

詳しくは後述していきますが、ざっくり言うと両者にはこのような違いがあります。

  • 処理速度
  • リモコン
  • 拡張性
  • 容量

Apple TVとFire TVにはそれぞれ独自のよさがあります。

詳しく見ていきましょう。

処理速度

処理速度に関して結論づけると、以下の通りです。

  • Apple TV(第四世代)とFire TV Stickのスペックはほぼ同等
  • 体感的にはApple TVの方がサクサク

テレビにおける重要な点です。

テレビやレコーダーの番組表の反応が遅くてイライラした経験はありますか。

コンテンツを探すのにいちいちカクカクしていたらたまったもんじゃありません。

この処理速度に関してはどちらが上でしょうか。

処理速度を司るパーツをプロセッサというのですが、スペック的にはFire TV StickもApple TV(第四世代)もほぼ同じです。

ただしAppleのパーツは最適化されており、能力が最大限に引き出されるのでかなり滑らかに操作できます。

これはAndroid携帯とiPhoneの両方を操作したことがある人ならわかるでしょう。

もちろん、Fire TVも十分サクサク動いてくれるので心配は無用です。

リモコン

Apple TVはSiri Remote、Fire TVは音声認識リモコンが付いてきます。

リモコンに関してはSiri Remoteの圧勝です。

たしかに両者とも音声認識という点に違いはありません。

しかしFire TVには人工知能が付いていません。

つまりFire TVのリモコンはキーワード(単語)しか認識できないのです。

一方でApple TVには優秀なアシスアントSiriが付いていますから、会話することができます。

会話することでキーワード以外のニーズを発掘してくれます。

例えば「アクション映画が見たい」なんていうお悩みも簡単に解決できるでしょう。

キーワード認識しかできないFire TVには真似できません。

またSiri Remoteはバッテリー式、Fire TVのリモコンは電池式です。

そんなわけでリモコンの性能はApple TVの方が断然上といえます。

動画配信サービス対応アプリ

なぜFire TVやApple TVを購入するのか。

多くの人が映画やドラマやアニメを見るためだと答えるでしょう。

そんなわけで、動画配信サービスの対応アプリはもっとも重要です。

以下表をご覧ください。

名称Apple TVFire TV
Hulu
Netflix
プライムビデオ
U-NEXT
dTV

このように、Fire TVはほとんど全てのアプリに対応しているので拡張性が高いです。

△は「できなくもないよ」という意味でiPhoneの「Air Play」を介して大画面に映し出すことができます。

Android携帯の方はサードパーティー製のアプリを使用すれば同じく可能です。

なお経験上「Air Play」は非常に不安定になりがちで、安定して再生できません。

したがって動画配信サービス対応に関してはFire TVの方が幅広く断然おすすめです。

容量(コンテンツの保存)

Fire TV Stick8GB 
Apple TV(第四世代)32GB

Apple TVとFire TVの値段差はこの容量差が大半を占めているといっても過言ではありません。

それで結局、容量はどれくらい必要なのでしょうか。

映画・ドラマ・アニメ鑑賞を目的に購入する方は8GBもあれば十分です。

動画配信サービスを利用すれば端末にコンテンツを保存しておく必要がありませんから。

一方で、ゲームを楽しみたい方は容量があってもいいかもしれません。

もちろん容量がなくてもそこまで困ることはないでしょう。

AmazonもAppleもコンテンツをクラウドに保存しておくことができますから。

容量に関しては、スマホと同じノリで決めることをおすすめします。

Apple TVユーザーとFire TVユーザーにおすすめしたいサービス

Apple TVユーザーとFire TVユーザーにおすすめできるサービスは異なります。

これから購入される方に向けてそれぞれ解説していきましょう。

Apple TVユーザーにはHuluがおすすめ

Apple TVユーザーにおすすめのサービスはHuluです。

HuluならApple TVでサクサク動きます。

作品もかなり探しやすいです。

またそれだけでなくHuluは作品数がかなり豊富にあります。

せっかくApple TVを購入するならいろんな作品が楽しめた方がいいでしょう。

よってApple TVユーザーにはHuluをおすすめします。

「Fire TV」ユーザーにはAmazonプライムがおすすめ

「Fire TV」ユーザーにおすすめなのはAmazonプライムです。

Amazonプライムは映画見放題、音楽聴き放題の素晴らしいサービスとなります。

正直な話、Fire TVを購入してもAmazonプライム会員でなければ意味がありません。

「Fire TV」を購入される方はぜひAmazonプライム会員になりましょう。

ちなみに現在、Apple TVでプライムビデオを利用することはできません。

一方、Fire TVでHuluを利用することはできます。

作品数を求める方は「Fire TV」でもAmazonプライムではなくHuluに加入してもいいでしょう。

まとめ

結局のところ、Apple TVとFire TVはどちらを買うべきか。

プライム会員なら「Amazon Fire TVシリーズ」を買いましょう。

一方でAppleファンなら「Apple TV」を買いましょう。

Siriリモコンもおしゃれですし、機能性も抜群です。

Appleはやはりかっこいいです。

では私のような「Appleユーザー」かつ「Amazonプライム会員」の人はどうでしょうか。

コストパフォーマンス重視なら確実に「Fire TV」がおすすめです。

Fire TVとApple TVの値段差は明らかです。

ちなみに私がどちらか一つを選べと言われたらFire TVを選びます。

Apple TVがプライムビデオに対応していないことが痛すぎるからです。

それくらいプライムビデオはコンテンツが豊富で重宝します。

なお、プライム会員でもAppleマニアでもない方もAmazon Fire TVを選ぶといいでしょう。

プライム会員になってFire TVを購入することは、自宅で映画やドラマを見るために最もお得な手段になるからです。

実際、当サイトでもFire TVが一番売れています。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします