「Fire タブレット」のレビュー!口コミ評価!Kindleとの比較!旧型「第5世代」との違いも!

Fire タブレット」はリニューアルを繰り返しています。

しかし、繰り返しすぎて違いがよくわかりません。

そこでこの記事では現行モデルと旧型の違いについてまとめました。

現在販売しているモデル同士の比較についても言及しています。

「Fire タブレット」の購入にぜひお役立てください。

Fireタブレットの画像

「Fire 7 タブレット」と旧型(第5世代)の違い

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

5,980円(12/19 00:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

旧型と現行モデルの違いを簡単に説明すると以下のとおりです。

  • 厚さが1mm薄くなった
  • 313g→295gへと軽量化
  • バッテリー駆動時間が最大7時間→8時間へ
  • SD拡張が200GB→256GBまで増加

このようにあまり大きな改良点はありません。

しかし価格はそのままなので、素敵な改良なのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

「Fire HD 8タブレット(Newモデル)」発売

「Fire HD 8タブレット」が新型になって再登場しました。

新型と旧型の違いは以下のとおりです。

  • SD拡張が256GB→400GBまで増加
  • バッテリー12時間→10時間
  • フロントカメラ画質30万画素→200万画素

最大の違いはより大きい容量のmicroSDに対応したことです。

しかし、バッテリー持ちが旧型よりも減っています。

これは測定方法がより正確になったためでしょう。

そして自撮り用のフロントカメラの画質が大幅アップしています。

ただし参考までにiPhone8の画素数は1,200万画素ですので過度の期待には厳禁です。

スポンサーリンク

「Fire HD 10 タブレット」発売

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 64GB

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 64GB

19,980円(12/19 00:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

「Fire HD 10 タブレット」も新しくなっています。

現行モデルと旧型の主な違いは以下の通りです。

  • 画質UP
  • 処理速度UP
  • バッテリー容量UP
  • ストレージ容量UP
  • 価格DOWN
 現行モデル旧型 
画質フルHD再生(1920×1200) HD再生(1280×800) 
処理速度 1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア クアッドコア最大1.5GHz 
バッテリー駆動時間(最大)10時間 8時間
ストレージ容量 32GB or 64GB 16GB or 32GB 

機能が上がっているにも関わらず、価格が大幅に(1万円以上)下がっています。

この価格なら、HD版の「Fireタブレット」も十分候補に入るでしょう。

スポンサーリンク

「Fire 7」「Fire HD 8(Newモデル)」「Fire HD 10」の比較

 「Fire 7」「Fire HD 8(Newモデル)」「Fire HD 10」
価格5,980円8,980円15,980円
ディスプレイサイズ7インチ8インチ HD10.1インチ HD
解像度1024 x 600 (171 ppi)1280 x 800 (189ppi)1920 x 1200 (224ppi)
プロセッサクアッドコア1.3GHzクアッドコア1.3GHzクアッドコア(1.8GHz x 2、1.4GHz x 2) 
オーディオモノラルスピーカーステレオスピーカー(Dolby Atmos)ステレオスピーカー(Dolby Atmos)
ストレージ8/16GB16/32GB32/64GB
microSDカードスロット256GBまで対応400GBまで対応256GBまで対応
フロントカメラ(インカメラ)30万画素200万画素30万画素
リアカメラ200万画素200万画素200万画素
Wi-Fia/b/g/na/b/g/na/b/g/n/ac
バッテリー8時間10時間10時間
サイズ192x115x9.6mm214x128x9.7mm262x159x9.8mm
重量295g369g500g

基本的にはお好みのサイズを選ぶのがいいでしょう。

しかし性能が若干違います。

最も高性能なのはやはり「Fire HD 10」です。

ただし「Fire HD 10」は新型「Fire HD 8(Newモデル)」よりも2点劣っています。

  • フロントカメラ(インカメラ)の画質
  • 対応しているmicroSDの容量

この2点が気になる方は新型「Fire HD 8(Newモデル)」を購入しましょう。

Fireタブレット(第5世代)のレビュー

実際に使ってみました。

  • Kindle端末よりもサクサク
  • 画質も気にならない
  • 本体が重たい
  • 不適切な広告が稀に表示される(広告の消し方)
  • 8GBだと少ない

以上のポイントを解説していきましょう。

Kindle端末よりもサクサク

Kindle端末は処理速度が遅いです。

一方で「Fire タブレット」の処理速度はかなりサクサク動きました。

ストレスなく反応してくれます。

さらにKindle書籍だけでなく動画も全く問題なく再生できました。

画質も気にならない

また画質に関しても、ギリギリHD画質に届かないくらいで全く気になりません。

ほぼHD画質対応といっていいでしょう。

どうしてもHD画質が良い方は「Fire HD 8 タブレット」がおすすめです。

本体が重たい

「Fire タブレット」の重さは約300gあります。

例えるなら小さいペットボトルの飲み物よりも若干重たいくらいです。

意外にずっと持っていると手が疲れる重さです。

不適切な広告が稀に表示される(広告の消し方)

ロック画面の広告やオススメ情報がやかましいです。

不適切な広告もたまに表示されます。

しかし広告は設定にて消すことが可能です。

設定→アプリとゲーム→Amazonアプリケーションの設定→キャンペーン情報で消すことができます。

8GBだと少ない

「Fire タブレット」はWi-Fi専用機です。

よってWi-Fi環境のない外出時はコンテンツをダウンロードして持ち運ぶ必要があります。

しかし「Fireタブレット」は最小で8GBしかありませんので別売のmicroSDカードで容量を拡張する必要があります。

8GBだと絶対に容量不足になるのでmicroSDで256GBまで拡張しましょう。

まとめ

  • 「Fire タブレット」は5,980円から
  • HD画質をお求めの方は「Fire HD 8(Newモデル)」「Fire HD 10」がおすすめ
  • 「Fire HD 8(Newモデル)」は「Fire HD 10」よりもカメラの画質とmicroSDの容量で優っている
  • Amazonプライム会員なら4,000円引き

「Fire タブレット」を使うならプライム会員になっておくことを強くおすすめします。

なぜならAmazonプライム限定の「プライムビデオ」や「Prime Music」にはダウンロード機能がついているからです。

Amazonプライム(アマゾンプライム)会員になるメリットとデメリット!新特典も続々登場!月額400円のプランも!

2018.12.15

持ち運ぶデータと言ったら大抵、映画や音楽でしょう。

そんな映画や音楽は「プライムビデオ」や「Prime Music」でダウンロードできます。

「Fire タブレット」はAmazonプライム会員が映画や音楽や本を家でも外でも体験するためのものと言えるでしょう。

とにかくタブレットとしては非常に安いので買っておいて損はありません。

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

5,980円(12/19 00:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

家の大画面でゆったりと見たい人にはFire TVの記事をご覧ください。

Amazon「Fire TV」のレビューとできること!最新型「4K・HDR 対応版」と「Fire TV Stick」の違いについて!

2018.12.15

スポンサーリンク