洋画専門の映画雑誌は「SCREEN(スクリーン)」がオススメ!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

情報発信者として、情報収集はとても大切です。

このご時世インターネットで情報収集もできますが、それだとやっぱりもの足りません。

それに信頼性にも少々欠けることでしょう。

そんなわけで、このサイトの信頼性及び質向上のためにもとある雑誌の購読を決めました。

スポンサーリンク

洋画専門の映画雑誌「SCREEN(スクリーン)」がオススメ

映画雑誌は数あれど、洋画専門誌ときたらあまりありません。

邦画を取り扱うことで読者層が広がりますので致し方ないでしょう。

しかし、この「SCREEN(スクリーン)」は一味違います。

内容はなんと洋画99%、邦画1%で、洋画好きにはたまらない構成となっています。

スポンサーリンク

「SCREEN(スクリーン)」コンテンツ内容

具体的にはこのようなコンテンツがずらり並んでいます。

  • 新作映画情報
  • 話題映画特集
  • 公開スケジュール
  • 主演インタビュー
  • 海外ドラマ情報
  • 役者特集
  • 映画批評

・・・etc

またカラーも多く、とても見やすい印象を抱きます。

スポンサーリンク

雑誌ならではの付録付き

しばらく雑誌は買っていなかったので、忘れていたのですが、雑誌には付録が付いているものが多いです。

この「SCREEN(スクリーン)」にも例外なく付いていました。

今月号は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」特製ポストカード・セットです。

使うことはありませんが、スター・ウォーズファンとしては嬉しいところ。

洋画専門誌「SCREEN」の付録

このビジュアルならInstagramのネタとしても活用できそうです。

いずれにせよ、コレクションとして活用していきます。

「SCREEN/スクリーン」を実際読んでみた感想

さてさて、いわゆる勉強としてこの雑誌を購読するに至ったのですが、実際の感想はどうでしょうか。

読んでみてわかったのですが、まあ、文字を見ません。

見るのはいずれもスターの写真ばかり。

もしくは、今後鑑賞予定の映画記事をざっと流し読みするくらいです。

すなわち、求める情報を探す時のみテキストが活きてきます。

ここは情報発信者として非常に勉強になりました。

いずれにせよ、本誌「SCREEN/スクリーン」はスターや作品たちの豊富な写真を見るだけでも、満足できます。

また最新映画情報だけでなく、マニア顔負けの作品も発掘できそうですので今後も購読決定です。

洋画好きなら買って損はしない1冊でしょう。

毎月21日発売です。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!