サッカー漫画のおすすめ!「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の感想!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

私は中高とバスケ部だったのですが、それまではサッカーをやっていました。

しかも結構な強豪で、口うるさいエリートたちと一緒にプレイするのが苦痛だったことを今でも覚えています。

もっとも私は二軍だったのですが。

そんな嫌々ながらも毎週通ったサッカーでも一つだけ好きなところがありました。

それは一軍相手に点数を取ること。

一軍のエリート達からしたら二軍に点数を取られること自体が屈辱ですから、間違えてたまたま勝ってしまった時なんてもう大変です。

エリート達のイライラを見るのが快感でした。

弱いチームが強い奴らをやっつける

その快感が再びこの漫画によって、醒されようとしています。

スポンサーリンク

サッカー漫画のおすすめ!「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」のあらすじ

舞台はリーグジャパンフットボール。

登場するチームや選手は全て架空ですが、Jリーグをモチーフとしています。

そのリーグ所属のETU(EAST TOKYO UNITED)がストーリーの中心です。

ETUは万年残留争いのいわゆる弱小チーム。

そんな弱小チームの成長の軌跡をこの漫画では描きます。

ここまでは「普通の」サッカー漫画です。

しかし、この「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」には普通のサッカー漫画と一線を画す要素が入っています。

それは主人公が監督ということ。

今いるメンバーで監督の力だけで強豪チームをズッタズッタ斬っていく痛快ストーリー。

まさにそれこそ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」

大番狂わせです。

弱いチームが強い奴らをやっつける

勝負事においてこれほど楽しいことはないでしょう。

IMG 0644

スポンサーリンク

見どころ1 登場人物

達海 猛(たつみ たけし)

IMG 0643

まず主人公の監督「達海猛」のキャラクターに誰もが惹きこまれるでしょう。

破天荒だし、いい加減だし、独裁者だし、ドクターペッパーが好きだし、まさに荒くれ者です。

あまりのテキトーさから別名「メディア泣かせ」とも言われています。

にもかかわらずサッカーに関しては非常に研究熱心。

クラブハウスに住み込み、夜なべして対戦相手の研究を隅々まで行います。

それも全てジャイアントキリングをするためであり、相手の弱点を突かずして打ち負かせることはできないからです。

弱点を突きまくるというその性格の悪さはストーリー初っ端から全開で、やり方などにも波紋が生まれます。

果たして、監督は選手からの信頼を得られるのでしょうか。

椿 大介(つばきだいすけ)

そしてチームのキーマンとなるのがこの選手。

IMG 0647

臆病な性格からまるで実力を発揮できないプレイヤーです。

そのため常に控えメンバーだったのですが・・・

監督の出会いによって、すべてが変わり始めます。

椿というプレイヤーの成長もこの漫画の魅力の一つです。

椿のなかなか成果を出せない姿には思わず自分と重ねてしまうことでしょう。

スポンサーリンク

見どころ2 名言

育成と成長がテーマのサッカー漫画ということもあり、響くセリフが目立ちます。

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の名言に関しては以下にまとめましたのでご覧ください。

【総集編】ジャイアントキリングの名言をまとめてみた

2015.10.26

この漫画を見ていない部下にもスドンと言い放てますし、上司にだって「こいついいこと言うな」と思わせられます。

ビジネスマンは必見ですね。

ビジネスマンも育成と成長は重要課題ですしね。

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の感想

チームワーク、マネジメント、勝利、コーチング、成長と至るビジネス要素が満載です。

今でも絶賛連載中の「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」を私は全巻持っていますが、感覚的に1巻に1つは学びがあります。

サッカー好きが読んでも、ビジネスで活躍したい人が読んでも、チームスポーツ好きが読んでも、教育に携わる人が読んでも楽しめるでしょう。

そのような人は是非一度手にとって読んでみてください。

私は1巻を読むだけで大ハマりしてしまいました。

オススメのサッカー漫画です。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします