Marvel映画「アイアンマン/Iron Man」のあらすじと感想と評価

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

アメコミを制覇していかねばとの思いでこちらの作品に手を出しました。

「アイアンマン」

当時「スパイダーマン」好きだった僕が「劣化版」だと判断し、観に行くに至らなかった作品です。

「〇〇マン?全部スパイダーマンのパクリだろ」

そして気付いた時にはもう遅し。

「アベンジャーズ・プロジェクト」が始まっていたのです。

それからというものの、今更「アベンジャーズ」に手を出すわけにもいかず、Marvelの対抗馬「DC」に走っていたのは今でも内緒にしています。

しかし今回、血反吐を吐くような思いで「アベンジャーズ」を1から勉強させていただこうと思う次第です。

今までごめんよ、アベンジャーズ。

こんなにも楽しい世界だったなんて...

知っていたけど。

そんな「アベンジャーズ・プロジェクト」の発端となった「アイアンマン」をどうぞご堪能ください。

「アイアンマン/Iron Man」
公開日(日本)2008年9月27日 
上映時間125分
監督ジョン・ファヴロー
主演ロバート・ダウニー・Jr
主な視聴方法Hulu

スポンサーリンク

Marvel映画「アイアンマン」のあらすじ

軍事企業のCEOであるトニー・スターク。

公私ともに絶好調でノリノリの彼は兵器を扱うものとしてはちょっと緊張感に欠ける様子です。

そんな彼に神様の試練かのごとく、テロの襲撃が起こり、拉致されてしまいます。

捕虜仲間の博士の活躍により、なんとか一命を取り留めるのでしたが、生命維持にはやや困難が生じてしまうのでした。

そこで軍事企業のCEOでもあり、発明の天才でもあるトニー・スタークは生命維持を可能するとあるものを密かに作成し始めます。

これがのちに、彼をアイアンマンへと押し上げるきっかけとなるのでした・・・

スポンサーリンク

登場人物

トニー・スターク(アイアンマン)[演:ロバート・ダウニー・Jr]


そんなアイアンマンことトニー・スタークを演じるのがロバート・ダウニー・Jrです。

薬物問題など公私ともに波乱万丈な人生を送っていましたが、今作にて大復活を遂げます。

スポンサーリンク

「アイアンマン」の感想と評価

コミカルとシリアスのバランスが絶妙です。

そのバランスが物語をテンポ良く感じさせます。

これぞ、アメリカンコミックといったところでしょう。

良い意味でも悪い意味でも一切癖のない作品となっています。

ですからこのような王道派ヒーロー映画は何かとコラボして初めて真価が問われるでしょう。

「ああ、何かとコラボしないかなー」

なんて思う次第でございます。

え?次はハルクとリンクする?

それはおったまげたー!

そんなわけで次回作「インクレディブル・ハルク」に期待です。

アイアンマンを見るなら是非、Huluでどうぞ。

紹介している作品は、2016年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします