本・漫画

GIANT KILLING(ジャイアントキリング)の名言から学ぶ!いい上司は背負いすぎず、背負わせすぎず

弱いチームが強い奴らをやっつける

その快感が再びこの漫画によって、醒されようとしています。

サッカー漫画のおすすめ!「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」のあらすじ

舞台はリーグジャパンフットボール。

登場するチームや選手は全て架空ですが、Jリーグをモチーフとしています。

そのリーグ所属のETU(EAST TOKYO UNITED)がストーリーの中心です。

ETUは万年残留争いのいわゆる弱小チーム。

そんな弱小チームの成長の軌跡をこの漫画では描きます。

ここまでは「普通の」サッカー漫画です。

しかし、この「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」には普通のサッカー漫画と一線を画す要素が入っています。

それは主人公が監督ということ。

今いるメンバーで監督の力だけで強豪チームをズッタズッタ斬っていく痛快ストーリー。

まさにそれこそ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」

大番狂わせです。

弱いチームが強い奴らをやっつける

勝負事においてこれほど楽しいことはないでしょう。

IMG 0644

見どころ1 登場人物

達海 猛(たつみ たけし)

IMG 0643

まず主人公の監督「達海猛」のキャラクターに誰もが惹きこまれるでしょう。

破天荒だし、いい加減だし、独裁者だし、ドクターペッパーが好きだし、まさに荒くれ者です。

あまりのテキトーさから別名「メディア泣かせ」とも言われています。

にもかかわらずサッカーに関しては非常に研究熱心。

クラブハウスに住み込み、夜なべして対戦相手の研究を隅々まで行います。

それも全てジャイアントキリングをするためであり、相手の弱点を突かずして打ち負かせることはできないからです。

弱点を突きまくるというその性格の悪さはストーリー初っ端から全開で、やり方などにも波紋が生まれます。

果たして、監督は選手からの信頼を得られるのでしょうか。

椿 大介(つばきだいすけ)

そしてチームのキーマンとなるのがこの選手。

IMG 0647

臆病な性格からまるで実力を発揮できないプレイヤーです。

そのため常に控えメンバーだったのですが・・・

監督の出会いによって、すべてが変わり始めます。

椿というプレイヤーの成長もこの漫画の魅力の一つです。

椿のなかなか成果を出せない姿には思わず自分と重ねてしまうことでしょう。

GIANT KILLING(ジャイアントキリング)の名言シーン

「お前も社会人なんだから自分の頭で考えろ」

こんな感じで部下に色々と背負わせすぎてはいませんか?

漫画「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の達海猛監督の名言から学んでいきましょう。

まずはこちらのワンシーンをどうぞ。

IMG 0003

IMG 0004

IMG 0005

IMG 0006

IMG 0007

キャプテン村越に対するこの一言。

チーム事情・・・チームのバランス・・・戦術
そんなもんまでお前が背負いこむ必要はねえ

俺に言わせれりゃ・・・

お前はただ・・・

いい監督にめぐまれなかっただけだ 

監督を上司に置き換えてみてください。

部下のみなさん、いろいろと背負いすぎていませんか?

上司のみなさん、背負わせすぎてはいませんか?

いい上司とは

背負う必要のないものまで、背負わせる。

これはダメな上司の例です。

そんなんでは、部下もなかなか結果を出せないでしょう。

ではいい上司とは。

それは達海猛監督のような人間です。

お前が背負ってきたもんの半分は

これから俺が命懸けで背負ってやるよ

ポイントは二つ。

  • 半分背負うということ
    つまり、部下と上司という間柄ながらも仕事のパートナーとして対等の関係を築こうとしているところ。
    上司が背負いすぎてもダメなのです。
     
  • 命懸けで背負うということ
    口でいうのは簡単なのですが、ここまで言ってくれる上司、いままで見たことありません。
    このシーンの段階では、選手と監督の信頼関係は築けていないのですが、もはやそれも時間の問題ということが頷けるでしょう。 

監督とプレイヤーの違い

会社員のみなさんは誰もが上司であり、部下でもあるでしょう。

ですから、部下のときのあなたと上司のときのあなたの立ち振る舞い方はもちろん異なってくるのです。

簡単に言うならば、上司の立場の時は、監督として振舞う。部下の立場の時はプレーヤーとして振舞う。

監督の仕事は選手達がプレーしやすい環境を整えること。

プレーヤーの仕事は勝てる自分の武器を死ぬ気で探して、チームに貢献すること。

プレーヤーは監督のようにチームのことを考えるのではなく、自分のことを第一に考えるほうがよっぽど大事なのです。

言い換えるなら、組織のことを考えるのは上司の役目。

部下の立場であるあなたが、組織のことを一番に考える必要はないのです。

部下というプレーヤーは必死に自分の武器を探しだしましょう。

GIANT KILLING(1) (モーニングコミックス)

GIANT KILLING(1) (モーニングコミックス)

ツジトモ, 綱本将也
発売日: 2007/04/23
Amazonの情報を掲載しています

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の感想

チームワーク、マネジメント、勝利、コーチング、成長と至るビジネス要素が満載です。

今でも絶賛連載中の「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」を私は全巻持っていますが、感覚的に1巻に1つは学びがあります。

サッカー好きが読んでも、ビジネスで活躍したい人が読んでも、チームスポーツ好きが読んでも、教育に携わる人が読んでも楽しめるでしょう。

そのような人は是非一度手にとって読んでみてください。

私は1巻を読むだけで大ハマりしてしまいました。

おすすめのサッカー漫画です。

GIANT KILLING(1) (モーニングコミックス)

GIANT KILLING(1) (モーニングコミックス)

ツジトモ, 綱本将也
発売日: 2007/04/23
Amazonの情報を掲載しています
ABOUT ME
アバター
ユータアライ
おすすめ映画/ドラマ/音楽/ゲーム/ガジェットのエンタメレビュー情報を発信します。
あなたにイチオシ!