続編!映画「アイアンマン2」のあらすじと感想と評価

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

ハルクの次はまた戻る。

Marvel映画「インクレディブル・ハルク」の感想とあらすじと評価

2016.02.23

アイアンマン2です。

キャプテンアメリカかマイティ・ソーを期待していたのに。

それはまた今度。

アイアンマン贔屓も良いところです。

一足先に2だなんて。

前作1のレビューは以下をどうぞ。

Marvel映画「アイアンマン/Iron Man」のあらすじと感想と評価

2016.02.18
「アイアンマン2/Iron Man 2」
公開日(日本)2010年6月11日 
上映時間124分
監督ジョン・ファヴロー
主演ロバート・ダウニー・Jr
その他有名俳優 スカーレット・ヨハンソン 
ミッキー・ローク
主な視聴方法U-NEXT (有料配信)

スポンサーリンク

続編!映画「アイアンマン2」あらすじ

前作のラストから6か月後、アイアンスーツも改良や増台が進む中、主人公のトニー・スタークに問題が発生します。

彼の生命維持装置でもある「アーク・リアクター」が放出する物質によって身体に毒素がむしばんでしまうというなんとも皮肉なお話。

徐々に毒で満たされていく彼は自暴自棄に走ります。

一方でそんなことはつゆ知らず、彼の元に新たなる脅威の誕生です。

それは自身がアイアンマンだと公言してしまったことで政府内外に数多くの敵を生み出してしまったから。

弱っていくアイアンマンに立ち迫る強敵たち。

まさに絶体絶命のピンチでしたが、そこに新たなる味方が登場します。

果たして、アイアンマンとの関係はどのようなものなのでしょうか。

どのようにしてアイアンマンと繋がるのか。

本作の見どころはまさにそこです。

スポンサーリンク

今作からの新キャラクター

ブラック・ウィドウ(演:スカーレット・ヨハンソン)

メインキャストは前作とさほど変わらないので、新キャラを紹介します。


美しき強き女「スカヨハ」が演じるのはブラック・ウィドウ。

アベンジャーズでは有名なキャラクターですね。

今作でも戦う姿が実に美しい。

綺麗で忍びやかなアクションに目が釘付けです。

ニック・フューリー(演:サミュエル・L・ジャクソン)


また、この人です。

もはやこの世のすべての映画に出ていると言っても過言ではないでしょう。

彼が演じるのは謎の男ニック・フューリー。

謎の男であるがゆえにMarvel作品のエンドロール後の映像にもしばしば登場します。

スポンサーリンク

アイアンマン2の感想

ストーリーは1のが面白いです。

ただ、アベンジャーズのための準備としてみているようなものなので問題ありません。

アベンジャーズにつながるであろう新キャラも続々と登場しますし、違う楽しみ方ができるでしょう。

またその新キャラの一人、ブラック・ウィドウの戦闘がとにかく美しい。

通常であれば、女性のアクションはスピードがなくパワフルさに欠けるのですが、スカヨハは一味違います。

彼女は軽快な身のこなしでスピーディーかつテクニカルなアクションを見せてくれるのです。

そんな彼女のアクションを見た男は全員、彼女に投げ飛ばされたくなったに違いありません。

ちなみに私は、できれば体をゴニョゴニョと上り詰められ投げられたい。

言ってることがわかる人いますかね。

とにかく彼女の空中戦は凄まじく美しいのです。

紹介している作品は、2016年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はU-NEXT の公式ホームページにてご確認ください。

私が鑑賞した時期には見放題サービスになかったのでU-NEXTでデジタル版をレンタルしました。

約300円でレンタルできます。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!