商品写真をキレイに!おすすめの簡易撮影キットやミニスタジオ

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

ブロガー必見。

私、写真撮影が大の苦手なのですが、ブロガーにとって写真をキレイに撮ることは非常に重要です。

生活感が溢れすぎる写真もいかがなものと思います。

当然、写真の良し悪しは売上にも直結するでしょう。

かといってプロにお願いするほど余裕もないですし・・・

そんな時はキットに頼りましょう。

撮影キットがあれば、少しはマシになるはずです。

現在検討中の撮影キットはこちら。

スポンサーリンク

ロアス 撮影ブース

Amazonランキングで現在1位。

お手頃な価格で購入できます。

幅51cmの大型タイプです。

バックスクリーンはブルーとグレーのリバーシブルタイプでさらに光が反射しにくいとのこと。

とはいえ、これだけでは写真としては物足りないでしょう。

別途照明が必要です。

こんな感じで。

撮影キットの照明

なお、Amazonではこちらの照明が一緒に購入されているとのこと。

こちらも合わせて一緒に購入したいところです。

スポンサーリンク

ライト付きミニスタジオ「Studio N 簡易撮影ボックス foldio 2」

とはいえ、ライトまで買うのはちょっと気がひける...

はい私です。

素人からしたらどんなライトを買ったらいいのかもわからないですしね。

そんな方はもうちょっと奮発して、こちらを購入しましょう。

なんと、LEDランプが付属しています。

さらにバックスクリーンも4カラーと豊富です。

foldio バックスクリーン

またiPhone専用のカメラアプリを使えば、より美しい写真が撮れるとのこと。

これは期待大ですね。

ちなみにこちらの商品はクラウドファンディング発の商品です。

そりゃ革新的なわけだ。

<参照:スマホでここまで?10秒で組み立てられるポータブル写真スタジオ『Foldio2』

1辺が38.1cmの立方体なので簡易撮影キットの中では中型といったところでしょう。

スポンサーリンク

本格的な撮影キット

他にはこんな本格的な簡易撮影キットがあります。

 

 

foldio2と違うところをあげるとするならば、的確に光を調節できるというところ。

foldio2は光量しか調節できないのに対し、フォトラはそれだけでなく角度まで的確に調節することが可能です。

また撮影ブースも箱型ではなく、780×530(mm)の台紙を利用しているので、様々な被写体に応用できます。

使い方はこんな感じ。

動画を見て思いましたが、ぶっちゃけたところ、少々値段の割高感が否めません。

台もダンボールっぽい材質なのに。

それでも光の角度にどうしてもこだわりたいというのなら、「フォトラ」にするといいでしょう。

それ以外でしたら、やはりお手軽さや値段を踏まえ、foldio2の方が一枚上手です。

このままいくと、foldio2を購入することになるでしょう。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!