Hulu(フールー)とAmazonプライムビデオの動画配信サービス2社徹底比較!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

映画見放題のサービスがありすぎて迷う!

という人もかなり多いのではないでしょうか。

そこで今回はHuluとAmazonプライムビデオの徹底比較をいたしますので、どうぞごゆっくりご覧ください。

5社一斉比較は以下の記事をどうぞ。

動画配信サービス比較まとめ!映画見放題!一番のおすすめはコレだ!

2015.12.09
紹介している情報は、2017年7月時点のものです。現在は情報が古い可能性もありますので、詳細はHuluAmazonプライム・ビデオの公式ホームページにてご確認ください。

なお結論から言うと、迷ったらHuluがいいでしょう。

なぜならHuluの方が見放題作品が多いですから。

確実に満足できます。

スポンサーリンク

Huluとプライムビデオの比較

Huluとプライムビデオの比較

Huluとプライムビデオを比較する上で大切な基準は以下の2つです。

  • 作品重視ならHulu
  • コスパ重視ならプライムビデオ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

作品重視ならHulu

「この作品が見たい」

というわけでもないならHuluにしましょう。

Huluなら作品に絶対満足できます。

またHuluならお目当ての作品があっても大抵は配信されているはずです。

コスパ重視ならプライムビデオ

一方で「とにかくコスパを抑えたい」

という方はプライムビデオの方がいいでしょう。

プライムビデオは年会費3,900円か月間400円のプランで、映画が見放題です。

映画だけでなく音楽も聴き放題になります。

コスパ重視ならプライムビデオがおすすめです。

ただしプライムビデオの場合は作品に満足できない場合もあるので注意が必要でしょう。

続いては個別にサービスを見ていきましょう。

スポンサーリンク

Hulu

hulu

まずはHuluから。

私が一番使っている動画配信サービスです。

作品が豊富

Huluは現在、見放題作品が4万本以上配信されています。

たしかに「◯十万本配信中!」などと宣伝している他社と比較すると、物足りない感じがするでしょう。

しかしあえて断言しますが、見放題作品が一番豊富なのはHuluです。

でなければ私も、Huluを一番使うことなんてないでしょう。

しかもHuluには人気のタイトルが勢ぞろいしています。

例えば、エミー賞史上最多12部門受賞の超人気タイトル「ゲーム・オブ・スローンズ」の独占配信がその象徴です。

人気のタイトルが観たいという方はHuluにしておけば間違いありません。

画質と音質

ホームシアターを購入してから、私も画質と音質にもこだわるようにしています。

まずHuluの画質は全動画フルHD(フルハイビジョン)という超高画質です。

フルハイビジョンはBlu-rayと同等の画質を誇ります。

したがってスマホで見ても液晶テレビで見ても、超綺麗です。

一方で、音質に関しては一つだけ不満があります。

それはサラウンド(5.1ch)に対応していないということ。

ホームシアターを購入した身からするとこれは残念極まりありません。

もっとも、ホームシアターを所持していない方にとってはどうでもいい話でしょう。

アプリの完成度

先日、Huluのリニューアルが行われました。

このリニューアルによって、スマホでの使いやすさが格段に向上しました。

たしかにリニューアル前までは、非常に使いづらかったです。

しかし、今なら使いやすさに関して心配する必要はありません。

むしろスマホ中心に動画配信サービスを利用するならHulu一択です。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ

プライムビデオ

次にアマゾンプライム会員だけが使える映画見放題の「Amazonプライムビデオ」です。 

作品数

私が独自に調査したところ、現在(2017/7/8)31,833作品が見放題となっています。

ただし外国映画は約2,500本だったので、実際使ってみても3万本の満足度は得られないでしょう。

ドキュメンタリー作品が多い印象です。

なお「プライムビデオ」の強みは作品数ではなくオリジナル・コンテンツにあります。

ネット通販会社の作るコンテンツだと思って侮ってはいけません。

彼らの作る作品は次々に賞を獲得しているのですから。

画質と音質

画質に関しては2パターンあります。

SD(標準)画質とHD(ハイビジョン)画質です。

こちらも私の独自調査ですが、今現在SDが20,316作品、HDが11,517作品となっています。

この通り標準画質のが多いので、映像が汚く感じることもしばしばあるでしょう。

次に音声です。

こちらは5.1chや7.1chのサラウンド音声に対応しています。

ホームシアターシステムが遺憾なく発揮できそうです。

スマホアプリの完成度

こちらは非常に完成度が高いです。

まず映画もドラマも作品が整理されていて非常に探しやすいです。

このカテゴリ分けはさすが、ネット通販企業といったところでしょう。

またHuluにはない機能も非常に重宝できます。

まず一つ目が10秒早送り機能。

これでもうオープニングを飛ばしすぎることはありません。

第二にダウンロード機能。

この機能があれば電波の通りにくい場所でもサクサク動画が見られます。

もちろん作品によってはコンテンツ保護の観点から、ダウンロードできないので注意しましょう。

Fire TVを使うなら

自宅の大画面で映画やドラマを見る場合、AmazonのFire TVがおすすめです。

このFire TVでもちろんHuluを視聴することができます。

しかし、Fire TVはプライムビデオのために開発された商品です。

ですから、Fire TVの購入をお考えの方はAmazonプライムビデオを利用するといいでしょう。

HuluとAmazonプライムビデオの比較まとめ

 HuluAmazonプライムビデオ
料金(税込)月額1,007円 年会費3,900円(月間プランは400円) 
画質全動画超高画質 標準画質&高画質 
音質ステレオ音声のみ サラウンド対応 
作品数約40,000本 約30,000本 
アプリ完成度
ダウンロード×◯(一部作品のみ)
同時視聴××
2017年7月時点の情報です。古い情報の可能性もございますのでご了承ください。

コンテンツ充実度ならHuluをおすすめします。

一方でAmazonプライムビデオを含む様々な特典が受けられるプライム会員もものすごく魅力的です。

よりコスパを取るのならAmazonプライム会員の加入をおすすめします。

コスパか作品充実度か。

その2点に焦点を絞って比較検討してみてください。

なお、動画配信サービスにはNetflixという素晴らしいサービスもあります。

こちらもHuluと悩みどころなのでご一緒に検討してみてください。

Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)を比較!どっちがいい?違いはいかに!?

2015.11.19

クレジットカードをお持ちでない方へ

動画配信サービスやAmazonプライムの利用には基本的にクレジットカードが必要です。

まだお持ちではない方はぜひ以下の記事を参考にクレジットカードを申込みましょう。

初めてのクレジットカードには楽天カードがおすすめ!動画配信サービスやAmazonプライムでクレジットカードが必要になったら

2016.12.16

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします