恐竜アニメーション映画「アーロと少年/The good dinosaur(2D吹き替え版)」のあらすじと感想と評価!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

こんなに泣いたのは「トイストーリー3」ぶりだ

今回ご紹介するのは、同じディズニーピクサー映画「アーロと少年」です。

 

「アーロと少年/The good dinosaur」
公開日(日本)2016年3月12日 
上映時間93分
監督ピーター・ソーン
制作ディズニー/ピクサー

スポンサーリンク

「アーロと少年」3Dor2D,字幕or吹き替え 

私は2Dの吹き替え版で見ました。

そもそも字幕上映の劇場は限りなく少ないでしょう。

東京は全滅との噂もあります。

しかし、今作は吹き替えでも何ら違和感はありません。

声より映像に目が行きがちの作品ですから。

そして、その映像も臨場感を味わうタイプのアニメではないので、2Dで十分と言えるでしょう。

もっとも映像が超綺麗なので3Dで観たかったという気持ちも少しあります。

スポンサーリンク

「アーロと少年」あらすじ 

むかし、むかし、恐竜の家族が5人で豊かに暮らしていました。

パパ、ママと3人の兄弟。

その3人の兄弟の末っ子の名前はアーロ。

臆病で体も一番小さく、家族にはいつも甘えてばかりの弱虫です。

ある日、食料庫が荒らされていることに気づいた父親はアーロに見張るよう言います。

「罠を仕掛けて、引っかかったら痛めつけてやるんだ」と。

そしてすぐさま、食料荒らしは罠にかかります。

痛めつけてやろうとするも、そこにいたのは、わんぱくの野生少年。

怖気づいたアーロは暴れまわる獲物を逃してしまいます。

これがのちにアーロと少年を大きく変える出来事になるのでした...

スポンサーリンク

キャラクター

アーロ


主人公のアーロ。

臆病で弱虫。

一番大きな卵から生まれてきた一番小さな恐竜です。

恐怖を克服するために頑張っています。

少年「スポット」


言葉もろくにしゃべれない野性の孤児。

アーロとは対照的に、とてもわんぱくで怖いものしらずです。

感想と評価

まず、とにかく映像が綺麗です。

アニメーションの軌跡がまるで現実を見ているかのよう。

それくらいディティールへのこだわりが伺えます。

さらにストーリーもものすごくシンプルかつ王道で、クセが一切ありません。

これはもう、春休みの子ども映画にピッタリです。

隣の小学生の子も映画が終わると、ボソッと

「最後泣いちゃったよ〜」

と言っていたので、感動間違いありません。

この映画のテーマはズバリ

「恐怖との向き合い方」

です。

「恐怖とは何か」「恐怖に打ち勝つためにはどうすればいいか」「恐怖を無くすことがはたまたいいことなのか」

大人でも子どもでも人生のヒントにつながる描写がたっぷりとあります。

アーロと少年がともに成長していくように、この映画を一緒に見た親子にもたくさんの学びがあることでしょう。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!