映画好きにおすすめのクレジットカード比較まとめ!割引特典がいっぱい!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

映画好きって何かとクレジットカードが必要ですよね。

映画館はもちろんのこと、動画配信サービスなり、宅配レンタルサービスなり使うシーンは様々です。

動画配信サービス比較まとめ!映画見放題!一番のおすすめはコレだ!

2015.12.09

DVD宅配レンタル4社比較まとめ!おすすめのサービスはこれだ!

2016.03.05

そこで、今回は映画好きにおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

まだお持ちではない映画好きの皆さん。

この機会にぜひ、加入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

イオンカード

「映画館はいつもイオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ)だ」という方必見です。

日本最多のスクリーン数を誇る映画館ですから、当劇場に通われている方も多いのではないでしょうか。

さてイオンカードにすることで得られるメリットは3つです。

クレジットカード払いでいつでも映画料金が300円引き

映画館に6回通えば、1本無料で見られるようなものですから非常に大きいです。

さらにいつでも利用可能ですから、インターネットで座席予約した際も割引が適用されます。

また本人と同伴者1名まで割引されるとのことですからありがたい限りです。

なお一部サイトでは500円引きと書かれているところもありますが、現在は一律300円引きですのでご注意ください。

毎月20日・30日お客様感謝デー!

お客様感謝デーに映画を鑑賞すると、料金が1,100円と通常の700円引きになります。

しかもこの割引に関してはカードの提示だけでオッケーです。

ただし、インターネットの座席予約では物理的にカード提示ができないので、イオンカードで決済する必要があります。

本人のみ有効です。同伴者がいる場合は上記の300円割引を利用するようにしましょう。

イオンカードその他特徴

イオンカードは入会費・年会費無料のお得なカードです。

イオンシネマをよく利用される方にとっては持っていて損はないでしょう。

なお、今ならインターネットからのお申し込み限定で5,000円相当分のときめきポイントをプレゼントしているとのことですので詳しくは以下をご確認ください。

スポンサーリンク

エポスカード

エンタメに強いと定評のある「エポスカード」

もちろん映画鑑賞にももってこいです。

年会費無料。

エポトクプラザを利用しよう

エポスカード会員限定でエポトクプラザというサイトが利用できます。

このサイトではお得な情報が盛りだくさん。

<参照:エポスカードの優待・特典が満載 | エポトクプラザ

映画に関しては以下の5つの劇場でお得に観賞ができます。 

映画館割引内容
ユナイテッド・シネマシネプレックス  エポトクプラザから購入で500円引き
イオンシネマ エポトクプラザから購入で500円引き 
キネマ旬報シアター  当日窓口一般料金から300円引き
川崎チネチッタ 当日窓口一般料金から300円引き 
ヒューマントラストシネマ有楽町  当日窓口一般料金から400円引き

前者2つはエポトクプラザを経由して申し込んだ後、ローソンやミニストップで発券する必要があります。

少々手間ではありますが、500円引きですから致し方ない面もあるでしょう。

映画館に行く直前でもエポトクプラザは利用できます。

後者3つに関してはカードの提示だけで割引が効くのでとってもお手軽です。

ただこれら劇場すべて、オンライン座席予約と割引が併用出来ませんので注意が必要です。

急に映画館に行くことが決まった時などは有効活用できるでしょう。

スポンサーリンク

Tカードプラス

企業・法人・団体が契約する法人会員制クラブ「クラブオフ」というサービスをご存知でしょうか?

通常は自分の所属する会社などが負担し、福利厚生の一つとして利用出来るようになります。

とはいえ、クラブオフに加入している企業になんて確率的にも滅多に入社出来ないでしょう。

そんなわけでなかなか敷居の高いサービスなのですが、Tカードプラスに加入するとなんとすぐに会員になれてしまいます。

<参照:TSUTAYA NEW CARDクラブオフ(ツタヤ Club Off)/TSUTAYA Wカードをお持ちのお客様特典・優待サービス

この「クラブオフ」なら当然のように映画だって安く見れてしまいます。

割引の内容は二通りです。

映画チケット割

特定の見たい作品がある場合は、「映画チケット割引」をご利用ください。

大人1,310円で映画チケットを購入できます。

ただし、入金確認から商品到着まで約1週間かかるので、前もった計画が必要です。

作品によってはネットで座席予約ができるムビチケカードが送られてきます。

いつでも誰でも400円映画を安く見る方法!ムビチケを利用しよう!ムビチケの購入方法と使い方!

2016.01.17

通常であればムビチケは映画公開後に販売終了となるので、公開後でも買えてしまう本サービスは嬉しい限りです。

映画館割

観たい作品が特別ない場合は「映画館割引」をご利用ください。

数多くの映画館で使える劇場鑑賞券が1,300円で手に入ります。

お目当ての映画を逃しても、他の話題作にも使える大変便利なチケットです。

こちらも、到着は入金完了から約1週間後。

合わせて有効期限があるのでご注意ください。

使える映画館は載せきれないほど豊富なのですが、TOHOシネマズがなかったのが少し残念です。

Tカードプラス その他特徴 

「クラブオフ」は映画だけにとどまらずあらゆるシーンで利用できるので本当におすすめです。

TSUTAYA DISCASと合わせて利用すると、Tポイントも貯まるのでいいコンビになるでしょう。

DVD宅配レンタル4社比較まとめ!おすすめのサービスはこれだ!

2016.03.05

ちなみにファミマTカードで利用することはできませんので悪しからず。

年会費は初年度無料、 年1回のカード払いがない場合のみ翌年度500円+税です。

お手持ちのTカードからの切り替えもできます。

YJカード

スクリーンショット 2016-03-27 1.16.56

映画館には行かないけどレンタルはよくするという方におすすめなのがこのカードです。

Tポイントが一番溜まります。

100円(税込)で1ポイント溜まりますから、還元率にすると1%です。

参考までに、先ほど紹介したTカードプラスは通常200円(税込)で1ポイントですから、還元率にすると0.5%。

すなわち、YJカードなら単純にTポイントが2倍貯まるというわけです。

映画好きの方は是非このカードと一緒にTSUTAYA DISCASに加入してみてはいかがでしょうか。

Tポイントが貯まるし、使えます。

このカードならザクザクです。

DVD宅配レンタル4社比較まとめ!おすすめのサービスはこれだ!

2016.03.05

年会費無料。

映画好きにおすすめのクレジットカードまとめ!割引しないと損

映画って実際問題少々割高ですよね。

学生はまだしも、大人1枚1800円もしますし、3Dや4Dになると尚更です。

だからこそ、ポイントや割引特典をフル活用しお得に見たいところでしょう。

しかし、クレジットカードにおける映画割引はどれも一長一短です。

一概に「これがいい」と言い切れないのが歯がゆいですが、自分の環境にあったクレジットカードを用意するようにしましょう。

特に映画館に関しては大抵の人がいつもと同じ劇場に通うでしょうから、自分にあったカードが見るかるはずです。

また最初にも言いましたが、動画配信サービスや宅配レンタルなどもクレジットは必須になります(厳密にはクレジット以外でも利用できますが、クレジットが一番楽)。

どうせなら家でも劇場でも映画はお得に観たいものです。

一度割引の恩恵を受けると、普通に真面目に払うのが損のように感じてきますから。

映画を安く見る方法は他にもたくさんあります。

その他の方法については以下の記事をご覧ください。

映画を安く見るには?あらゆる方法を伝授します

2016.06.23

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!