Marvel(マーベル)

1作目「キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー」は「弱者は力の価値を知っている」というセリフに全て集約!

本作は大人気シリーズ「キャプテン・アメリカ」の1作目です。

「強者だけが全てではない」

と「キャプテン・アメリカ」を観て学びました。

当記事では「キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー」の見どころについてお伝えします。

キャプテン・アメリカの2作目は以下の記事をご覧ください。

2作目「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」はアベンジャーズとしての世界がさらに加速する!「キャプテン・アメリカ」の2作目「ウィンター・ソルジャー」を鑑賞しました。 前作の舞台は第二次世界大戦中でしたが、アベンジャーズ後とな...
「キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)」
公開日(日本)2011年10月14日 
上映時間124分
監督ジョー・ジョンストン
主演クリス・エヴァンス

あらすじ

アイアンマンよりもはるか昔にヒーローは存在しました。

「アイアンマン / Iron Man」から「アベンジャーズ・プロジェクト」のすべてが始まる!王道派アメコミストーリー!すべてこの作品から始まりました。 当時「スパイダーマン」好きだった僕が「劣化版」だと判断し、観に行くに至らなかった作品です。 「...

そのヒーローこそが「キャプテン・アメリカ」です。

この映画の副題にもなっている「ファースト・アベンジャー」です。

ヒーロー集結で今やもう有名な「アベンジャーズ」ですが、彼こそが正真正銘の最初のヒーローとなります。

時は、第二次世界大戦中の1942年。

スーパーヒーローを管理する国家組織「S.H.I.E.L.D.」の前身「戦略科学予備軍(SSR)」に、とある計画がありました。

その計画の名は「スーパーソルジャー計画」です。

この実験で使われる血清によって超人的な力を手に入れることができます。

しかし「スーパーソルジャー計画」には唯一欠点がありました。

それはあまりにも強大な力を手にするため、その人の持てる善と悪の両方を増幅させてしまうことです。

副作用によって悪人を生み出してしまったという悪例があるため、博士はこの実験に慎重になっていました。

そこに現れたのが、正しき心と強い愛国心を持った「スティーブ・ロジャース」です。

彼は「スーパーソルジャー計画」の候補生に選ばれるのでしたが…

いかんせん、虚弱だったのです…

自分が候補生であることに疑問に持ったスティーブ・ロジャースは博士に問いました。

そこで博士はこう言います。

「強者は生まれつき力が強く力に敬意を払わない だが弱者は力の価値を知っている」

こうして、順調に最初のアベンジャーが生まれようと「スーパーソルジャー計画」が刻一刻と進むのでしたが…

登場人物

スティーブ・ロジャース(演:クリス・エヴァンス)

IMG 1060

© 2011 – Paramount Pictures

「スーパーソルジャー計画」の候補生。

小柄で力は弱いものの強き心と愛国心を持つ。

言わずもがな、のちのキャプテン・アメリカ。

キャプテン・アメリカ

© 2011 – Paramount Pictures

身長や体重も増幅し、筋力や跳躍力など人間の持てうる力全てを極限まで強化されました。

ただし、特殊的な能力はありません。

ペギー・カーター(演:ヘイリー・アトウェル)

ペギー・カーター

© 2011 – Paramount Pictures

ドラマ「エージェント・カーター」でもお馴染みのSSRエージェント「ペギー・カーター」です。

Marvelドラマ「エージェント・カーター」の舞台は1946年のニューヨークで、キャプテン・アメリカが行方不明になった後を描く! Marvelと言ったらコミックや映画を想像しますが、もはやその常識は崩れつつあるでしょう。 なぜなら昨今、たくさんのMarvelド...

彼女は「スーパーソルジャー計画候補生」の試験官を担当します。

そこで初めて、スティーブ・ロジャースと出会い、思いを寄せはじめていきます。

思いを寄せ始めなかったらドラマになってないでしょう。

エイブラハム・アースキン博士(演:スタンリー・トゥッチ)

博士

© 2011 – Paramount Pictures

スーパーソルジャー計画の基である超人血清を作れるSSR所属の唯一の科学者です。

以前、ドイツ国の政党「ナチス」に協力を強いられ、未完成の超人血清を使ったことで実験に失敗しています。

そのことから今回の「スーパーソルジャー計画」には人選を重視しています。

感想と評価

弱者がひょんなことから強者になるというヒーローものの王道ストーリーですが、それでもキャプテンには共感せざるを得ません。

なぜなら、力を得てもえなくても彼自身に全く変わりないからです。

力を得ると暴走するか、苦悩に苦しむのが人間ですが、キャプテンはいつまでもキャプテンのままです。

それはやはりキャプテンの強き正しき心があるからこそ。

彼を選んだ博士の目に狂いはありませんでした。

この映画は

「強者は生まれつき力が強く力に敬意を払わない だが弱者は力の価値を知っている」

という名ゼリフに全て集約されていると言っても過言ではないでしょう。

力はないけど正しき心を持った人に是非見てもらいたいです。

力を持っても常に変わらないことの大切さがしみしみと伝わってきます。

「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」まとめ!「アベンジャーズ」の見る順番は時系列ではなく公開順がおすすめ!Marvelの世界は大人の事情でちょっと複雑です。 その中の一つが「マーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel Cinemat...
ABOUT ME
ユータアライ
おすすめ映画/ドラマ/音楽/ゲーム/ガジェットのエンタメレビュー情報を発信します。
あなたにイチオシ!