U-NEXTとAmazonビデオのPPV(ペイパービュー)動画配信サービス2社比較!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

普段はもっぱら作品数の豊富さからHuluを使っていますが、新作レンタルだとそうもいきません。

動画配信サービス比較まとめ!映画見放題!一番のおすすめはコレだ!

2015.12.09

新作レンタルの時はどうするのかというと、大きく分けて方法は2通りあります。

まずいわゆるDVDレンタル。

今のご時世ネットでDVDを宅配してくれるのでとっても便利です。

DVD宅配レンタル4社比較まとめ!おすすめのサービスはこれだ!

2016.03.05

Blu-rayだと音質や画質も最高ですから、家にあるホームシアターシステムも喜びます。

自宅を映画館に!セットで買えるホームシアターシステム!入門におすすめ!5.1chスピーカーとは?

2016.02.03

そしてもう一つの方法がいわゆるPPV(ペイパービュー)と言われるもの。

DVDレンタルに比べると返す手間が省けたりと何かと便利です。

今回はそんなPPV(ペイパービュー)機能を備えた代表的なサービスを比較致します。

まずはじめに。

スポンサーリンク

PPV(ペイパービュー)とは

そもそもPPV(ペイパービュー)とは何なのか。

直訳すると「見るたび払う」というまさに読んで字の通りです。

通常の動画配信サービスですと、定額で見放題なのが一般的です。

動画配信サービス比較まとめ!映画見放題!一番のおすすめはコレだ!

2015.12.09

一方でこのPPV(ペイパービュー)では見たい作品ごとに課金をし、一定期間のみ視聴することができます。

このようなサービスの性質上、PPV(ペイパービュー)は別名「デジタル配信」や「デジタルレンタル」と呼ばれることもしばしばです。

またPPVはU-NEXTdTVのように「一部見放題+PPV」という形態もありますのでかなり多種多様と言えるでしょう。

スポンサーリンク

デジタル配信サービス2社比較

正直言ってPPV(ペイパービュー)を全てあげていたらキリがありません。

「U-NEXT」「dTV」「TSUTAYA TV」「iTunes Store」「PlayStation Store」「Google Play」「Rakuten Showtime」「GYAO!ストア」「Amazonビデオ」と溢れんばかり。

そこで動画配信サービス愛好家の私が辛酸を舐めながらも2社に絞りました。

Amazonビデオ

Amazonプライムビデオとはまた別物でAmazonビデオというものがあります。

映画見放題!「Amazonプライムビデオ」の評判と評価!破格の値段でラインナップも豊富

2015.09.26

Amazonプライムビデオは見放題に対し、AmazonビデオはPPVです。

もちろんプライム会員でなくても、課金し視聴することができます。

Amazonプライム(アマゾンプライム)会員になるメリットとデメリット!新特典も続々登場!月額制の新プランも開始!

2015.11.25

ではAmazonビデオのメリットはいくつか紹介しましょう。

Fire TVが便利

なんだかんだ言ってFire TVが最も手軽でお得です。しかもかなり安定しています。

Amazon Fire TVのレビュー!Fire TVとFire TV Stickの違い

2016.02.01

他のPPV(ペイパービュー)サービスですと、大きな画面で見るにはスマホやパソコンを介して見たり、専用の高価なゲーム機が必要だったりと何かと不便です。

Fire TVも専用の機械と言ってしまえばおしまいなのですが、動画を見るためだけにゲーム機を買うよりかはマシでしょう。

そしてそもそも、Playstation3とPlaystation4にAmazonビデオの専用アプリがあります。

この時点で「Playstation store」は候補落ちです。

Amazonが便利

Amazonを利用するなら尚更で、決済もとても楽ちんですぐに観られます。

商品がすぐに届くAmazonがすぐに動画を見られないわけがないのです。

またポイントをデジタル配信に使えるので、よく貯まる私にとって嬉しい限りです。

もっともこれらはAmazonですから当然といえば当然ですね。

プライムとの併用が便利

Amazonプライムビデオと併用すれば観れない作品はありません。

とこれはちょっと大げさかもしれませんが「見放題+PPV」という形態がある以上、もっともお得なのは「Amazonプライムビデオ+Amazonビデオ」が最安なのは言うまでもありません。

プライム会員はたったの年会費3,900円で加入できてしまいますから。

この時点で「dTV」はやや厳しいでしょう。

U-NEXT

次に唯一対抗馬として、挙げられるのがこちらの「U-NEXT」サービスです。

「U-NEXT(ユーネクスト)」に加入しました!口コミ評判!デメリット!

2015.12.08

月額料金1,990円と若干割高なのですが、このうち半分の1,000円分が毎月ポイントとして付与されます。

「見放題+PPV」という仕組みは最初の方にも説明しましたが、この1,000ポイントがPPVの視聴分です。

それでも見放題分が990円とちょっと割高。

しかもお世辞にも見放題のHuluより作品が豊富とは言えません。

確実にHuluの方が豊富ですから。

では一体、U-NEXTの魅力とは何なのか。

それは画質と音質です。

この2点においては動画配信サービス市場もっとも、美しいと言っても過言ではないでしょう。

ホームシアターでU-NEXTは大活躍します。

自宅を映画館に!セットで買えるホームシアターシステム!入門におすすめ!5.1chスピーカーとは?

2016.02.03

しかも「その他♡」作品も豊富ですし、格安SIMと連携すればさらにポイントがもらえます。

LTE使い放題の格安SIM「U-mobile」!映画・ドラマ・音楽好きにオススメ!通信制限なんて怖くない

2015.12.08

動画品質とその他機能において「U-NEXT」もまだまだ捨てられません。

スポンサーリンク

デジタル配信サービスの比較 まとめ 

メリット

そもそものメリットは見放題サービスに転がっていない作品をわざわざ課金してでも見ることにあります。

しかも最近はデジタルだと先行で配信される傾向がありますから、より早く観たい人は尚更です。

わざわざ返却しなくてもいいという点もまた魅力の一つで、レンタルよりかは手軽と言えます。

気になるお値段ですが、レンタルショップの店舗や作品ごとによって異なるので一概には言えません。

が、例えばTSUTAYAの宅配レンタルにおいて単品レンタルが送料込で最低530円かかることを考慮すると、PPVの方がややお得と言えるでしょう。

もっとも店舗に行けばその限りではありません。

いずれにせよ、デジタル配信が割高ではないということは明らかです。

衛生的にもコミュニケーションコスト的にもデジタル配信はおすすめです。

デメリット

PPVサービスが多すぎるというのが一番のデメリットです。

正直違いが明確にわからない人も多いでしょう。

しかしFire TVを買えばそんなデメリットは一気に消し去ることができます。

Amazon Fire TVのレビュー!Fire TVとFire TV Stickの違い

2016.02.01

そもそも大画面で見るのにわざわざスマホを介したくないというのが本音です。

スマホを介すと、重くなり映像や音声も乱れますから。

そんなわけで私はスマホを介さないFire TVで見られる「Amazonビデオ」と「U-NEXT」を推しています。

「TSUTAYA TV」「Google Play」「Rakuten Showtime」「GYAO!ストア」は基本的にスマホを介す必要があるのでおすすめできません。(テレビ自体が対応していればその限りではない)

残った「iTunesストア」ですが、Apple TVを所持している人なら良い選択肢でしょう。

とはいえ、これから買う人であれば余程のAppleファンでない限り、格安のFire TVがおすすめです。

Apple TVとAmazon Fire TVの比較!どちらを買うべきか

2016.02.02

比較した結論

Amazonプライム会員になってFire TVを買って、PPVもAmazonを利用する。

これが一番お得にたくさん見れる方法です。

いずれにせよ、Fire TVは買いです。

なお、PPV以外でお探しならHuluとNetflixがおすすめです。

こちらの2社も是非、比較してみてください。

Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)を比較!どっちがいい?違いはいかに!?

2015.11.19

クレジットカードをお持ちでない方へ

動画配信サービスやAmazonプライムの利用には基本的にクレジットカードが必要です。

まだお持ちではない方はぜひ以下の記事を参考にクレジットカードを申込みましょう。

初めてのクレジットカードには楽天カードがおすすめ!動画配信サービスやAmazonプライムでクレジットカードが必要になったら

2016.12.16

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします