Amazonの最新型電子書籍端末「Kindle Oasis(オアシス)」のレビュー!史上最薄最軽量!バッテリー長持ちで数ヶ月充電不要!メリット、デメリットは?

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

早くも購入してしまいました。

超高級電子書籍端末を。

Kindle Oasis

その名も「Kindle Oasis」

Kindle Oasisのレビューに入る前にまずは特徴からご紹介します。

「Kindleってなに?」という方は以下の記事をご覧ください。

電子書籍は全部kindleアプリで読もう!使い方も簡単

2015.11.09

スポンサーリンク

「Kindle Oasis」特徴

以前にもAmazonの電子書籍端末「Kindle」を購入している私ですが、最新型の「Oasis」とは一体何が違うのでしょうか。

[買って失敗シリーズ]Kindle端末(paperwhite 第6世代)のレビュー!

2016.01.18

これまでの「Kindle」との大きな違いは3つあります。

バッテリーが超長持ち

これが個人的に一番の進化だと感じます。

「Kindle Oasis」はバッテリーが数ヶ月も充電要らずで長持ちです。

これまでの「Kindle」ですと、バッテリー駆動時間は数週間でした。

ですからおおよそ4倍もの進化ということになります。

充電が面倒くさい人にとってはまたとない機能です。

Kindle史上最薄最軽量 

バッテリーの容量が大きければ大きいほど、駆動時間は長くなりますが、それと同時に重量が重くなってしまうのが世の常です。

しかし「Kindle Oasis」なら心配ありません。

なんと言ったって「Kindle」史上最薄・最軽量ですから。

Kindle Oasis 最薄 IMG 1170

「Amazon」によると、

これまでのKindleよりも20%以上軽く、平均で30%以上薄くなりました。

とのこと。

実際、私のiPhone6Plusと比べてもその差は歴然です。

人間工学に基づいた握りやすい形状ですし、いっその事手持ちのiPhoneを「Kindle Oasis」に変えたいくらいです。

この軽さには誰しもぶっ飛びのびっくりであることは間違いありません。

デュアルバッテリー充電方式採用

これぞバッテリー長持ち、最薄最軽量たる所以です。

「Kindle Oasis」はデュアルバッテリー充電方式を採用しています。

デュアルですからこのように最初から2個同梱されています。

Kindle Oasisとバッテリー内蔵カバー

一つが本体で、もう一つがバッテリー内蔵カバー。

これは端末にも付属のカバーにもバッテリーが内蔵されており、端末のバッテリーがなくなるとカバーが自動的に充電してくれる仕組みになっています。

カバーをつけててもかなり軽いのですが、さらなる軽量を求める人はカバーを外して減量させることも可能です。

右側にうっすらとキラリと金属のようなものが光ってますが、これがマグネットで、合わさると固定されます。

デュアルバッテリー

全部で12個のマグネットが標準装備。

マグネットだからこそ、取り外しが簡単な上、しっかりと固定されます。

Kindle Oasisカバー装着

またカバーをつけながら充電すると、カバーと端末の両方が同時に充電されます。

これでもう「Kindle Oasisが充電切れ」なんてシーンはなくなるはずです。

あるとしたら、それはよほどのナマケモノでしょう。

スポンサーリンク

「Kindle Oasis」のメリット・デメリット

メリットは先ほど紹介した新機能そのものです。

この軽さや薄さで、バッテリーの持ちはかなり革新的と言えるでしょう。

一方でデメリットもあります。

それは値段。

規約上、値段が書けないので詳細はリンク先でご確認いただきたいのですが、非常に高級。

Amazonオタクの私でさえ買うかどうか非常に迷いました。

漫画を余計に百冊ほど買えてしまいそうです。

このように確かに値段がネックなのは間違いありませんが、それ以外は全く問題ありません。

値段が唯一のデメリットと言えるでしょう。

もっとも、値段に相応の本体カバーの質感があることから購入者のステータスにはなるのかもしれません。

電車で「Kindle Oasis」をあえて使ってやりたいくらいですね。

英字新聞を読んでいる人と同じくらいの優越感は味わえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「kindle Oasis」のレビュー 

以前、「Kindle」を購入して残念に感じたのは処理速度でした。

[買って失敗シリーズ]Kindle端末(paperwhite 第6世代)のレビュー!

2016.01.18

こちらの機種は非常に重たく、時にストレスを感じることも。

一方で新機種「Oasis」はというと...

「遅!!!変わらないじゃん」

とついつい言葉に出してしまいましたが、それも起動したての最初だけ。

パソコンと一緒で起動直後は重たくなるものですから。

結局、処理速度はというと、サクサクで非常に快適です。

明らかに私が以前購入した「Kindle」よりもページめくりからして早いです。

また片手で持てるというのも非常にありがたい。

紙だとどうしても閉じたがる性質が邪魔して、両手を使うハメになります。

しかし「Oasis」ならページめくりボタンもあり、片手でもお釣りがくるくらい余裕で持てます。

そして今改めて思いましたが、軽すぎ!!!

いかなる文庫本よりも軽く持ちやすい最高の端末です。

この軽さはまさに憩い。

まるでオアシスのようだ。

また口コミ情報によると、充電も意外に早く終わるとのこと。

私はまだ充電したことがないので、充電するのが楽しみです。

とはいえ、数ヶ月も先になりそうですが...

だって長持ちだから。

「Kindle Oasis」は「お金持ち」におすすめです。

「長持ち」だけにね。

もちろん本をたくさん読むような愛読家の方にもおすすめです。

本の読みすぎで手首が疲れていませんか?

以上「Kindle Oasis」のレビューでした。

また単なる電子書籍端末だけに留まらない「FIre タブレット」という神器もありますので合わせてご検討ください。

Fireタブレットのレビュー!口コミ評価!Kindleとの違いは?旧型「第5世代」との違いも

2016.02.02

こちらは現在、Amazonプライム会員限定で破格の特価で販売が行われています。

「Fire タブレット」を買うなら是非プライム会員にも加入しておきたいところ。

Amazonプライム(アマゾンプライム)会員になるメリットとデメリット!新特典も続々登場!月額制の新プランも開始!

2015.11.25

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」と一緒に

またkindle端末を購入する場合は併せて「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」というサービスに登録することをおすすめします。

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」ならあらゆるKindle書籍が読み放題です。

たくさん本を読む方にとっては代金もバカになりませんからこの機会にぜひお試しください。

Kindle本(電子書籍)読み放題「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」をレビュー!

2016.08.03

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします