映画を安く見るには?あらゆる方法を伝授します

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

今のご時世、映画は安く見ることができます。

むしろ通常料金で見るのが勿体無いくらい。

では一体、映画を安く見るにはどうすればいいか?

今回はその方法について伝授します。

スポンサーリンク

映画館で映画を安く見る方法

まずは映画館で映画を見る場合。

ムビチケ

いつでも誰でも400円映画を安く見る方法!ムビチケを利用しよう!ムビチケの購入方法と使い方!

2016.01.17

まずもっとも敷居の低い方法がムビチケです。

いわゆる、電子型の前売り券で、これを使えば、安く見られる上に座席も予約できてしまう優れもの。

ただデメリットもあります。

それは劇場公開後になると、購入できないこととムビチケ対応劇場が限られてくることです。

とはいえ計画性のある映画鑑賞であれば何ら問題ありませんし、大きな劇場であれば大抵は使うことができます。

ちなみに私が映画鑑賞をする時は決まってムビチケです。

それくらい重宝しています。

デイリーPlus

映画を安く見る方法!会員制割引優待サービス「デイリーPlus」がおすすめ!

2016.06.16

次におすすめなのがこちら。

いわゆる会員制の割引優待サービスです。

映画だけでなく、グルメやレジャーも安くなります。

もちろん映画だって割引のバリエーションは豊富です。

月額500円かかってしまいますが、ムビチケをさらに安く購入できたりと非常にお得となっています。

映画を1、2回見るだけでも元は取れてしまうでしょう。

他にも割引がいっぱいですしね。

クレジットカード特典

クレジットカードの中には映画を安く見る特典が付いているものがあります。

例えば、シネマイレージカードセゾンです。

シネマイレージカードセゾンならTOHOシネマズでの鑑賞がとてもお得になります。

またセゾンカードとしての一面もあるので、映画のポイントだけでなく永久不滅ポイントやnanacoポイントもザクザク貯まるでしょう。

ムビチケを利用するにせよ、デイリーPlusを利用するにせよクレジットカードは必要になるので、映画好きでTOHOシネマズを利用される方は「シネマイレージカードセゾン」がおすすめです。

劇場のポイントカード

あらゆる映画館にはポイントカードが存在します。

たいていの映画館が5回か6回、映画を見たら1回無料という内容であることが多いでしょう。

例えば6回見たら1回無料という場合でも大人料金は1,800円ですから1回の鑑賞に換算すると300円引きです。

ちなみに私はTOHOシネマズに行くことが多いので「シネマイレージカード」を所持しています。

しかもクレジット機能がついていると、映画の予約の際にもとても便利です。

そんなわけでTOHOシネマズを利用される方はやはり「シネマイレージカードセゾン」がおすすめです。

ムビチケを使ってもポイントがたまるので、いつもお得に利用しています。

いずれにせよ自分のよく行く劇場のポイントカードなら持っていて損はないでしょう。

金券ショップ

あまりスマートな方法ではないのですが、金券ショップに鑑賞券が売っていることがあります。

大きな駅であれば大抵金券ショップも存在するでしょう。

もっとも、目当ての作品がない場合もありますし、前売り券と大して値段も変わらないので、これまで紹介した方法よりかは劣ります。

金券ショップに向かうくらいなら直接映画館に向かう方がいいでしょう。

株主優待券

最初はこの方法も悩みました。

が、正直桁違いです。

あまり現実的な割引方法でもないでしょう。

109シネマズの場合で恐縮ですが、株主優待の権利を受けるには1,000株必要とのこと。

今さっき確認したところ運営会社の東急レクリエーションの株価は約800円。

つまり800,000円買って初めて株主優待の権利が発生します。

それでいて4回分しか映画が見られません。

もっと言うと、権利確定日から実際に割引を受けられるまで4か月もかかります。

しかも株というマネーゲームですから、割引分まで負けることだって考えられるでしょう。

そんなわけで、割引目当てに株を購入するのはあまり利口な方法とは言えません。

サービスデーに見る

こちらの方がよほど現実的です。

映画界には必ずサービスデーというのが存在します。

一番有名なのがファーストデー。

ほとんどの映画館は毎月1日に1,100円で映画が観られます。

他にも映画館によってサービスデーは様々。

私がよく行く川崎の映画館にも多くのサービスデーが存在します。

3劇場もあるくらいですからね。

映画を川崎で15年以上鑑賞している私が教える川崎の映画館比較まとめ

2016.01.12

いずれにせよ、映画館に行く前はサービスデーかどうか確認するといいでしょう。

意外にも映画が安く見られる日かもしれませんよ。

以上が、映画館における映画を安く見る主な方法です。

自分にあった割引スタイルを是非発見してください。

スポンサーリンク

自宅で映画を安く見る方法

次にご紹介するのが自宅で映画を安く見る方法です。

自宅に液晶テレビとネット環境しかないと想定します。

この場合で映画を安く見るにはどうすればいいのでしょうか。

Amazonプライムに加入する

今の時点でもっともお得なのが、Amazonプライムに加入することです。

Amazonプライム会員になるメリット!送料より安い破格の年会費でこの特典はハンパない

2015.11.25

そうすれば映画見放題のプライムビデオという特典が使えるようになります。

プライム会員は年会費制ですが、月額にすると325円。

それでいて映画見放題、音楽聴き放題ですから非常にお得なのは言うまでもありません。

しかもマイナーな作品だけでなく、メジャーな作品も多数用意されています。

そしてオリジナル作品にはアメリカで権威あるエミー賞やゴールデングローブ賞を受賞したりといずれもクオリティが高いものばかり。

特別みたい作品がない場合は、確実にプライムビデオだけで満足できます。

Fire TVを購入する

もちろん、スマホだけでも映画を見ることはできます。

ただ、大画面で映画を見たいという欲も必ず出てくるでしょう。

その時はFire TVの購入がおすすめです。

Fire TVなら安く買える上に大画面で見られます。

Fire TVの詳しいレビューは以下の記事をご覧ください。

Amazon Fire TVのレビュー!Fire TVとFire TV Stickの違い

2016.02.01

自宅で映画を安く見るその他の方法

以上がもっともコスパのいい自宅での映画鑑賞方法となります。

ただ、見たい作品がある人も少なくないはず。

その時は他のサービスも検討してみてください。

例えば、DVD宅配レンタル。

DMMのDVD宅配レンタルを使ってみた感想!

2016.06.08

コスパはお世辞にもよくありませんが、新作映画をレンタルするのには一番お得で手軽な方法です。

もっとも、DVDを再生できる機器が必要になってきますが。

次におすすめなのがその他動画配信サービス。

動画配信サービス比較まとめ!映画見放題!一番のおすすめはコレだ!

2015.12.09

プライムビデオも動画配信サービスの一つではありますが、プライムビデオでは見られない作品が他のサービスにはたくさんあります。

プライムビデオ以外の動画配信サービスは月額制なのがまたいいですよね。

辞めたい時にいつでも辞められますし。

ちなみにFire TVならいかなる動画配信サービスに対応していますのでご安心ください。

いずれにせよ、自宅で映画を安く見るにはFire TVは必須と言えるでしょう。

以上、映画を安く見る方法についてのまとめでした。

映画ってあんなに面白いのにサービス料金がとても安いですよね。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!