Kindle本(電子書籍)読み放題「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」をレビュー!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

Amazonがまた物凄いサービスを始めました。

その名も「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)

このサービスに登録すればKindle本が読み放題になります。

これまでKindle書籍を購入してた人にとっては最高のサービスです。

前半はサービス概要、後半は実際に使ってみた感想レビューをお伝えします。

スポンサーリンク

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」サービス概要

まずは「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」のサービス概要を見てみましょう。

利用方法

まず気になるのが利用の方法。

読み放題ということでプライム会員限定に期待がかかります。

しかし残念ながら「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」はプライム会員の特典ではありません。

Amazonプライム会員になるメリット!送料より安い破格の年会費でこの特典はハンパない

2015.11.25

利用するには、別途料金を支払う必要があります。

料金

では一体どれくらいの料金で利用できるのか。

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」は月額¥980(税込)で読み放題となります。

年会費¥3,900のAmazonプライムと比較すると、やや割高感は否めませんが、毎月1冊本を読む方なら十分元は取れるでしょう。

愛読家にはたまりません。

読み放題ラインナップ

かといって全ての電子書籍本が読み放題というわけではありません。

全ての本が読み放題になってしまったら業界大反発でしょう。

すでに反発されているかもしれませんが..

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」で読み放題対象となるのは

12万冊以上の本、コミック、雑誌および120万冊以上の洋書

です。

余談までに洋書は英語で書かれた本のことですから、日本語で書かれた書籍は洋書とは言いません。

ですから英語に馴染みのない私のような日本人は12万本の電子書籍が読み放題と思っていいでしょう。

使い方

いつもKindleをお使いの方なら説明は不要です。

なぜならKindleの使い方と全く一緒ですから。

電子書籍は全部kindleアプリで読もう!使い方も簡単

2015.11.09

Kindle Unlimited:読み放題ストア」 から選ぶもよし、たまたま「Kindle Unlimited」対象だったというパターンでもよし。

どんなパターンにせよ、いつもどおりKindle書籍をダウンロードするだけです。

デバイス選ばず

いつもどおりダウンロードするだけということで、Kindleアプリが使える端末ならどれでも「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」を利用することができます。

つまりわざわざKindle端末を購入する必要はなく、iPhoneのようなスマホからでも使えるということです。

Amazonの最新型電子書籍端末「Kindle Oasis(オアシス)」のレビュー!史上最薄最軽量!バッテリー長持ちで数ヶ月充電不要!メリット、デメリットは?

2016.04.27

なおダウンロードされた書籍は全てクラウドに入るので、複数の端末からでもいつもどおり利用できます。

もっとも「Kindle Unlimited マイブック」といって一度にクラウドに保存できるのは10冊までなので、読み終わったら都度削除しなければなりません。

果たして同時進行で10冊以上読める方はいるのでしょうか。

というわけで、大抵の方であれば問題なく文字どおり「読み放題」をお楽しみいただけます。

スポンサーリンク

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」をレビュー!

それでは実際に「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」を使ってみた感想レビューをお伝えします。

マンガが読めて最高の暇つぶし

驚いたのが、マンガのラインナップもかなり豊富ということ。

あらゆるマンガが読み放題なのでこれは最高の暇つぶしになるなと感じました。

しかも映画見放題と異なり場所も時間も問わないので、より可処分所得時間の奪い合いが激化するでしょう。

私だったらポケモンGOより本派です。

またまた最高の暇つぶしコンテンツがこの世に登場してしまいました。

愛読家でない限りわざわざ入る必要はない

私は決して愛読家ではありません。

必要な知識を充填するためだけに本を読みます。

したがって「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」に引き続き課金することはないでしょう。

しかしこれまでに購入してきたKindle本もいくつか読み放題になっているのを見ると、再度登録することは十分考えられます。

下手したら本1冊分より「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」の方が安いですから。

というわけで読書が日課でない人にとっては都度登録するというスタイルがもっとも利口でしょう。

1か月のうち全く本を読まないこともざらにありますから。

「積ん読」対策

本を買うだけ買って全く読まないことを「積ん読」と言います。

この積ん読状態の本が私に一体どれだけあることでしょう。

手軽に買えるKindleだからこそ、しばしば大量の積ん読状態が発生します。

しかし「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」ならもう安心です。

なぜなら月額という期間設定が読書を後押ししてくれるでしょうから。

購入してしまうといつでも読めるということで後回しにしてしまいがちです。

読みたい本を買うタイミングで「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」に登録すれば節約にもなりますし、「積ん読」対策にもなるでしょう。

おまけ

あくまでもおまけとしてお伝えしますが、「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」はアダルティーな雑誌もしばしば読み放題の対象です。

このような類いの本は購入のハードルがなかなか高く、私でさえKindleで買ったことはないのですが「Unlimited」となると話は変わってきます。

人間のエロスも「Unlimited」なのですから。

技術はエロかテロの利用によって進歩していきます。

そういう意味でも「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」の人気に火がついても全くおかしくありません。

いずれにせよ「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」を使うかどうかは自分のみたい作品があるかどうかによります。

そんなわけで、まずは無料お試し体験にてラインナップを確認してみましょう。

いつも読んでいる漫画があれば非常にラッキーです。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!