おすすめのランニングシューズ「UA チャージドバンディット2」のレビュー!長距離ランに最適!前作との違いは?

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

2016年秋冬新作アイテムのランニングシューズ「UA チャージドバンディット2」を購入したのでレビューします。

ちなみにUAは「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)社」の略です。

今飛ぶ鳥を落とす勢いのアンダーアーマー社が贈る「最新シューズ」の使い心地は果たしてどのようなものなのでしょうか。

「UA チャージドバンディット2」とは

まず「 UA チャージドバンディット」の由来から説明しましょう。

「チャージド」は「チャージドクッショニング」という当シューズに搭載されているテクノロジーを示します。

アンダーアーマーのチャージドクッション

タグにも記載されている通り、衝撃の強弱に応じてクッショニングを変化させ、その瞬間に適した反発力と衝撃吸収力を発揮するのが「チャージドクッショニング」です。

そして「バンディット」は賊や無法者を意味します。

この「バンディット」はオートバイにも使用される単語なので、あくまでも比喩として捉えた方が良さそうです。

おそらく、常識に囚われないランニングシューズとしてこの名が授けられたのでしょう。

さらに忘れてはならない「2」ですから当然、前作も存在します。

それが「UA チャージドバンディットJ」です。

果たして2とはどのように違うのでしょうか。

UA チャージドバンディット2とJの違い

正直なところ機能的な違いはほとんどありません。

それはJも2もどちらもチャージドクッションを搭載しているからです。

走るだけならどちらを選んでも後悔しないでしょう。

それでも強いて言うなら内側の素材が異なります。

2からは足の動きにフィットしやすいニット素材を採用しました。

ちなみにJは合成繊維を使用しています。

もちろん合成繊維だからと言っても心配する必要なく、ランニングシューズのほとんどはこの素材です。

また言うまでもありませんが、2とJはデザインが異なります。

2の方が洗練されていて私は好みです。

したがって私は「UA チャージドバンディット2」を選択しました。

もっとも2を選んだ一番の要因は自分が新しもの好きという側面が大きいでしょう。

いずれにせよJでさえも2015年秋冬モデルなので、コストを重視するなら非常にお買い得です。

「UA チャージドバンディット2」購入

私は限定カラーがどうしても欲しかったので、公式オンラインショップで購入しました。

ちなみに限定色にこだわらない方はAmazonで購入することをおすすめします。

大抵の場合、Amazonの方が安く購入できますから。

私は限定色にしたおかげで5,000円近く高くつきました。

そして商品が到着します。

アンダーアーマーの外箱

いたって普通のダンボールの中にいたって普通の外箱が入っていました。

プレゼントで購入したい方は公式サイトで販売されているオリジナルのギフトボックスに入れるといいでしょう。

アンダーアーマーのギフトボックス

<参照:アンダーアーマー公式通販―アンダーアーマー UA/I WILL/ギフトボックス

私は自分用だったのでもちろん不要です。

そして肝心なランニングシューズですが、こんな感じ。

アンダーアーマーチャージドバンディット2の外見

カラー名称はサイケデリックと言います。

幻覚的なカラーです。

記念にインスタアップ。

実に気に入りました。

実際に装着して走ってみたレビュー

もちろんこのランニングシューズを買ったのは、飾るためでもなく、見せびらかすためでもありません。

走るために購入したのです。

そんなわけで商品到着後の当日すぐに装着してランニングしてきました。

サイズ感

ネットで靴を購入する際において一番厄介なのはサイズです。

靴のメーカーによってサイズ感が全く異なるので、非常に迷います。

しかしアンダーアーマー製のシューズにおいてはサイズに関する心配は何もいりません。

いつも履いている靴のサイズと同じサイズを購入してみて問題なかったからです。

実際に私はいつも27.0cmの靴を履いていて、同サイズのものを購入しましたがまるで違和感は感じられませんでした。

むしろ、フィット感ですら感じるくらいです。

ちなみに私はナイキのランニングシューズだと27.5cmでもきついくらいなので、ちょっと不安だったのですが心配無用でした。

しかもAmazonの場合、靴だと返送料無料で返品できますから、最悪交換すればオッケーです。

<参照:返送について-Amazon

履き心地

アンダーアーマーはチャージドクッション搭載のシューズを「履く」とは言いません。

装着」と言います。

まさにこの表現は的確で、つけた瞬間からフィット感を感じるでしょう。

私は新しいシューズを購入するたび、靴擦れしてしまうような足です。

しかし「UAチャージドバンディット2」に「靴擦れ」という概念はありません。

まさに装着。

靴擦れを起こしていた装着なんて決して言えないでしょう。

ちなみに装着と聞くと蒸れるイメージがありますが、それも問題なく通気性抜群です。

実際に走ってみた感想

とにかく軽い。

7km走りましたが、一度もシューズの重さが気になったことはありませんでした。

しかも吸収力が半端ないので、足もほとんど痛くなりません。

まさに靴の底に伸縮自在のバネを入れたかのような感じです。

さすが「チャージドクッション」といったところでしょう。

このランニングシューズならキツい長距離でも喜んで毎回走ることができそうです。

「UA チャージドバンディット2」のレビューまとめ

UAチャージドバンディット2は以下のような人におすすめです。

  • アンダーアーマー社のランニングシューズを探している
  • 最新モデル(2016年時点)が欲しい
  • 長距離用のシューズが欲しい
  • ランニングを始めるにあたって形から入りたい
  • カッコイイランニングシューズが欲しい

ちなみに私は確実に形から入るタイプです。

また強いてデメリットを挙げるなら、趣味のランニングシューズにしては高級だということ。

そんなわけで「ちょっと高い」と感じる方は前作の「UA チャージドバンディットJ」にするといいでしょう。

それでも、2を買った私は全く後悔していません。

あれだけ快適な長距離ランをさせてくれた「UA チャージドバンディット2」に感謝すら覚えます。

そして若干の高級さがまた、ランニングの挫折を阻んでくれるでしょう。

走らないと靴がもったいないですから。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!