押すなよ?絶対に押すなよ?プライム会員限定の「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」を使ってみた感想と連打してみた結果!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

この度Amazonから新たなサービスが上陸しました。

その名も「Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)」です。

まずは簡単にサービス説明とレビューをお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

Amazon Dash Buttonとは

「Amazon Dash Button」は物理的なボタンを押すと商品が送られてくるという画期的なサービスです。

日用品や食品などの消耗品を楽に注文できるメリットがあります。

ちなみに物理的なボタンとやらはAmazonで購入しないといけません。

これがまためちゃくちゃ可愛いです。

 

このボタンを押せば、応じた商品をすぐに送ってくれます。

わざわざ、ネットの画面を開かないで注文できるのはとても便利と言えるでしょう。

ちなみにボタン自体は500円しますが、ボタンを押して初回注文を行うと、初回注文の金額から500円が差し引かれるので実質0円です。

最初から0円にしてしまうと、いたずら注文が増える可能性を顧みてこのようなシステムにしたのだと想像できます。

スポンサーリンク

Amazon Dash Buttonを購入してみた

そして実際にAmazon Dash Buttonを購入してつい先ほど届きました。

その写真がこちらです。

箱も可愛いです。

これで私は、フルグラを切らすことはなくなるでしょう。

Amazonダッシュボタン開封の儀 

裏面はこんな感じで、両面テープになっています。

冷蔵庫や壁に貼ってもオッケー。

Amazonダッシュボタンの裏側

そして、黒いフック部分は取り外し可能です。

Amazonダッシュボタンのホルダーは取り外し可能

壁に貼りたくない人はフックを取り付けて好きなところにぶら下げるといいでしょう。

スポンサーリンク

Amazon Dash Buttonを使ってみた

本題に入る前に、まずはセットアップ方法をお伝えします。

セットアップ方法と仕組み

まずはAmazonのスマホアプリをダウンロードします。

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

そしてメニューをタップ→アカウントサービス→Dash端末→新しい端末をセットアップと画面を遷移していきましょう。

するとこんな画面にたどり着きます。

Amazonダッシュボタンのセットアップ画面

同意して開始しましょう。

なお、セットアップはWi-Fiを通じて行います。

スマホと同じWi-Fiに接続することで、ボタンとアカウントを紐付けることが可能です。

Amazonダッシュボタンセットアップ2

接続が終わると、商品選択画面に映ります。

「ボタンを買った時点で商品は決まってんじゃん」

と思われるかもしれませんが、商品にはバリエーションがあります。

例えばフルグラだとこんな感じです。

Amazonダッシュボタンのフルグラ選択

ここで選んだ商品がワンタッチで届くようになります。

なお商品は何度でもアプリ側の「端末の管理」で変更ができるので、心配する必要はありません。

ですから今欲しいアイテムを登録しておけばなんら問題ないでしょう。

Amazon dash buttonを連打してみた結果

いよいよ本題です。

Amazon Dash Buttonを実際に使いつつ、さらに連打してみました。

果たして商品はどれだけ大量に届いてしまうのでしょうか。

以下の動画をご覧ください。


見ての通り、連打しても注文が重複することはありません。

また万が一誤って注文してしまったとしてもキャンセルすることができます。

しかもボタンを押すとスマホに通知されるので、注文を見逃す恐れもありません。

なお、それでも同時にたくさん注文したいという方は設定にて重複防止の設定をオフにできます。

初期設定ではオンになっているので、設定変更を希望される方はスマホにて行いましょう。

Amazonダッシュボタン重複防止設定

Amazon Dash Buttonのレビュー

Amazonダッシュボタンはとても便利なサービスであることは間違いありません。

しかしあえて希望を言わせてもらうと、Amazon定期おトク便と連携して欲しいと感じました。

なぜならAmazon定期おトク便で購入すると、割引が効くからです。

実際、Amazon Dash Buttonで購入できるものはAmazon定期おトク便で購入できるものばかりとなります。

それなのに、Buttonを通じて購入すると割引がつかないのはちょっと残念です。

いずれにせよ、どちらも消耗品の注文に対するサービスですから使い分けは非常に難しいと言えるでしょう。

ボタンの方が在庫管理はしやすいですが、その分コストも高くなってしまいます。

ちなみにフルグラに関しては定期便がないので、うまく併用できそうです。

まとめ

  • Amazon Dash Buttonは実質無料(初回注文時に商品からボタン代500円が引かれる)
  • セットアップにスマホのアプリとWi-Fiが必要
  • ボタンを連打しても商品がたくさん送られてくる心配はない
  • ただし注文重複防止機能は設定にてオフにもできる
  • Amazon Dash Buttonがあれば好きなタイミングかつボタン一つで商品を購入できる

以上が「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」の特徴です。

なお、一つだけ注意点があります。

それはAmazonの商品は在庫によって値段が変動すると言うこと。

したがって、初期設定の時よりと値段が変わっているなんてことは十分考えられます。

しかし心配は無用です。

Amazonダッシュボタンなら初期設定時より販売価格が10%以上になるとプッシュ通知が送られてきます。

また、発送後でも送料を負担することなく返品できるので安心です。

このように便利で安心できるサービスであることは間違いないので、だからこそお得定期便と連携してもらいたいものです。

そうすれば無敵なサービスになるのは間違いないでしょう。

最後に繰り返しますが、「Amazon Dash Button」はプライム会員限定のサービスとなります。

これでまたAmazonプライム会員になるメリットが増えてしまいました。

ご加入がお済みでない方はこの機会に是非、ご検討くださいませ。

クレジットカードをお持ちでない方へ

動画配信サービスやAmazonプライムの利用には基本的にクレジットカードが必要です。

まだお持ちではない方はぜひ以下の記事を参考にクレジットカードを申込みましょう。

初めてのクレジットカードには楽天カードがおすすめ!動画配信サービスやAmazonプライムでクレジットカードが必要になったら

2016.12.16

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!