ゲーム

キングストン社のヘッドセット「HyperX」の種類の違いについて!新作モデル含む全ラインナップを紹介!

迷ったらヘッドセットキングストン社の「HyperX」にしておけば間違いありません。

しかし、いかんせん種類がありすぎます。

そこで当記事はキングストン社の「HyperX」ブランドが提供するヘッドセットの違いを明らかにしていきましょう。

この記事を読めば、もう迷うことはありません。

HyperX Cloud Flight(HX-HSCF-BK/AM)はワイヤレス

2018年に発売されました。

煩わしいコードがない、充電タイプのモデルです。

PS4やパソコンでご使用いただけます。

バッテリー駆動時間は満充電で約30時間です。

ワイヤレス接続の場合、音域はやや狭くなりますがほとんどの場合差し支えはないでしょう。

気になる場合はアナログ接続すれば、他の「Hyper X」以上の音域の広さを手に入れることができます。

HyperX Cloud Alpha (HX-HSCA-RD/AS)はシリーズ最大の音域の広さがある

こちらは2017年の9月21日に発売された比較的新しいモデルです。

最大の特徴はシリーズ最大の音域の広さとスッキリとしたケーブル周りと大きな頭でも対応できる快適性です。

ただしHi-Fi再生には対応していません。

元になるモデル「HyperX Cloud」との違いは以下の記事をご確認いただくといいでしょう。

HyperX Cloud Stinger (HX-HSCS-BK/AS)は軽量感及び装着感が良い

こちらは2016年10月7日に販売されたモデルです。

立ち位置的には後ほどご紹介する「HyperX Cloud」の廉価版となります。

廉価版とはいえど、もはや機能は最上級。

「HyperX Cloud Stinger」最大の特徴は軽量感及び装着感です。

一般的なヘッドセットで長時間ゲームをすると、疲労感が襲ってくることもしばしばあります。

しかし、本体重量275gの「HyperX Cloud Stinger」ならまさに疲れ知らず。

快適なゲームプレイができることでしょう。

もちろん、肝心な音質に関しても他の「Hyper X」に引けを取りません。

そんなわけで、ヘッドセットに装着感や軽量感を求めているかたは安心して「HyperX Cloud Stinger」を選びましょう。

なお唯一の欠点はマイク部分が取り外せないところです。

他の「HyperX」は取り外せるので、持ち運びが多い方はじっくりと検討してみてください。

HyperX Cloud Core (KHX-HSCC-BK-FR)は付属品を簡素化したモデル

こちらは2015年7月10日に発売されたモデルです。

「HyperX Cloud Stinger」は廉価版でしたが、「HyperX Cloud Core」は廉価版ではなく「HyperX Cloud」の付属品を簡素化させたモデルとなります。

もちろん付属品を省いたとはいえど、利用するのに最低限必要なものは入っていますし、性能もそのままです。

そんなわけで、付属品はいらないけどその代わり安く買いたいという方は「HyperX Cloud Core」がぴったりでしょう。

ちなみに付属品は以下の図の通りです。

HyperX Cloud Coreの付属品

この通り、必要最低限のものしか入っていません。

もちろん、基本的には追加で個別に購入するものはないのでご安心ください。

HyperX Cloud (KHX-H3CLW)は最も古いモデル

こちらは「HyperX Cloud Stinger」と「HyperX Cloud Core」の元となるモデルになります。

「HyperX Cloud Stinger」との違い

まず気になるのが「HyperX Cloud Stinger」との音質の差でしょう。

音質において「Stinger」との最大の違いはHi-Fi再生に対応しているか否かです。

Hi-Fi再生対応があることでよりリアルに近い音を忠実に再現してくれます。

「Stinger」にはこのHi-Fi再生が対応できていません。

一方で「Cloud」及び「Cloud Core」には対応しています。

そんなわけで、音によりこだわりたいなら「Cloud」がおすすめです。

もっとも「Stinger」はHi-Fi再生に対応していないだけで上等な音質を持っていることは間違いありません。

「HyperX Cloud Core」との違い

 付属品を簡素化した「HyperX Cloud Core」ですが、元の付属品はどのようなものなのでしょうか。

以下簡素化されていない「HyperX Cloud」のパッケージ内容です。

「HyperX Cloud」の付属品

違いをピックアップしてみましょう。

  • コントロールボックス
  • ベロア製イヤクッション(予備)
  • メッシュバッグ
  • マイクロホンプラグ(取り外し可能マイクのキャップ)
  • スプリッターケーブル
  • 航空機内ヘッドホンアダプタ

入っていて一番大きいのはコントロールボックスです。

コントロールボックスがあれば手元で音量調整ができてしまいます。

ない場合は、ゲームの方で音量調整が必要です。

いずれにせよ、普通に使う分には「HyperX Cloud Core」でなんら問題ありません。

ただし、あったら嬉しいものが「HyperX Cloud」にはついてきます。

詳しい発売日は不明ですが、2014年のモデルで最も古い機種です。

HyperX Cloud II (KHX-HSCP-RD)は7.1方向からのサラウンド音声に対応

続いてご紹介するのが「HyperX Cloud」の次世代モデル 「HyperX Cloud II」です。

こちらは2015年2月に発売されました。

気になる「I」との違いですが、主にサラウンド対応です。

「HyperX Cloud II」は7.1chに対応しているので、7方向から音が聞こえてきます。

ちなみに旧型の「HyperX Cloud」はステレオなので左右の音しか聞こえません。

そんなわけで「HyperX Cloud II」なら今まで聞き逃していた音でさえも聞こえるようになるでしょう。

また付属品に関しても文句なしです。

「HyperX Cloud II」の付属品

「I」に比べると付属品が少なく感じますが、それはよりシンプルな設計になったからこそ。

付属品をシンプルにして、機能を向上させたことはさすが「II」と言ったところです。

全モデルの中で最も高性能なのは「HyperX Cloud II」でしょう。

HyperX CloudX (HX-HSCX-SR/AS)はXBOX向け

ブラック Xbox Elite公式認…”]

名前がややこしいのですが、こちらの「CloudX」はXBOX向けの製品です。

しかもXBOXのメーカー「Microsoft」から公式に認可されています。

性能に関しては、7.1chサラウンドとHi-Fi再生に対応していない「HyperX Cloud II」と思っていただくとわかりやすいでしょう。

2016年6月29日に発売された比較的新しいモデルです。

そんなわけでXBOX ONEをお持ちの方はこの機種にするといいでしょう。

HyperX Cloud Revolver (HX-HSCR-BK/AS)はFPS向け

こちらの機種は2016年5月14日に発売されました。

「HyperX Cloud Revolver」最大の特徴はFPS(一人称シューティングゲーム)向けということです。

FPSの世界では音を制すものがゲームを制すと言っても過言ではありません。

そんな世界で戦うのにぴったりなのが「HyperX Cloud Revolver」なのです。

このヘッドセットを使えば、音から距離感と奥行きが正確にわかります。

FPSで大事なオーディオ精度を求めるなら「HyperX Cloud Revolver」で決まりです。

HyperX CloudX Revolver Gears of War (HX-HSCRXGW-RD) はXBOX&FPS向け

こちらの製品は2016年9月16日に販売されたモデルです。

「HyperX CloudX Revolver」最大の特徴は、XBOX向けということです。

FPS(一人称シューティングゲーム)向けの「HyperX Cloud Revolver」をXBOX向けにしたのが「HyperX CloudX Revolver」です。

また「HyperX CloudX Revolver」はゲーム「Gears of War 4」とのコラボモデルでもあります。

PS4でも使うことはできるので、デザインが気に入った方も安心してお選びください。

もちろん「HyperX CloudX Revolver」はMicrosoftから公式に認可を受けているので、XBOXのFPSユーザーは特におすすめです。

HyperX Cloud Drone (KHX-HSCD-BK/AS)はAmazon限定販売

こちらは2016年7月22日に発売されたモデルとなります。

「HyperX Cloud Drone」最大の特徴はAmazon限定販売という点です。

機能的には、お気軽モデルでコストパフォーマンス最強となっています。

また機能を絞っていることから、重量もわずか220グラムで軽量感に定評のある「Stinger」よりも軽いです。

ただしその分、Stingerの音質に敵うことはないでしょう。

そんなわけで、初めてのヘッドセットでそこまでお金を使いたくない方に「HyperX Cloud Drone」をおすすめします。

人気モデル「HyperX Cloud Alpha」と「HyperX Cloud」の比較

キングストン社の「HyperX」シリーズの中で、最も人気があるモデルを比較していきましょう。

「HyperX Cloud Alpha」と「HyperX Cloud」の比較
 HyperX Cloud AlphaHyperX Cloud HyperX Cloud II
周波数応答(ヘッドホン) 13Hz~27,000Hz 15Hz~25,000Hz 15Hz~25,000Hz 
周波数応答(マイク) 50Hz~18,000Hz 100Hz~12,000Hz 50Hz~18,000Hz 
重量(マイクとケーブル含む) 336g 350g 320g 
ケーブルの長さ1.3m + 2m (延長)1m + 2m(延長):1m + 2m(延長) 
オーディオコントロールインライン オーディオコントロールボックス オーディオコントロールボックス(改良版) 
Hi-Fi再生× ◯ ◯(7.1ch)
Nintendo Switch対応◯ △ △ 

「HyperX Cloud Alpha」「HyperX Cloud」「HyperX Cloud II」のスペックも掲載しました。

それぞれの項目について解説します。

周波数応答

「HyperX Cloud Alpha」の最大の特徴はやはり周波数応答の広さでしょう。

ヘッドホンだけでなく、マイクの音域もかなり広いです。

HyperX Cloud Alpha のチャンバー

「HyperX Cloud Alpha」は低音用と中高音用にチャンバー(空気の入った部屋)を分けているので広い音域を実現することができます。

低い音から高い音まで幅広く実現できるのが「HyperX Cloud Alpha」なのです。

重量(マイクとケーブル含む)

「HyperX Cloud Alpha」の重量は初代「HyperX Cloud」よりも軽量化されています。

ただし、軽さを最重視しているヘッドセットではありません。

より軽いものをお求めの方は違うモデルを選んだ方がいいでしょう。

「HyperX Cloud II」は「HyperX Cloud Alpha」よりも軽いです。

ケーブルの長さ&オーディオコントロール

ケーブルの長さ的には他のモデルとほとんど変わりません。

しかし「HyperX Cloud Alpha」はケーブル1本でオーディオコントロールのような機能を使うことができます。

「HyperX Cloud」も「HyperX Cloud II」も別に付属のオーディオコントロールボックスを繋げなければいけません。

特に「HyperX Cloud」はデフォルトのケーブルが二股(パソコン用)なので、そこからさらにケーブルを繋げる必要があります。

単純にゲーム用として使うなら、やはりケーブル周りはすっきりしている方がいいでしょう。

「HyperX Cloud Alpha」は基本的に全て1本で完結できるシンプル設計です。

Hi-Fi再生

「HyperX Cloud Alpha」はHi-Fi再生に対応していません。

Hi-Fi再生は現実の音により忠実になります。

しかし、音域に関しては「HyperX Cloud Alpha」が随一です。

音の忠実性を取るか、音域の広さを取るかはその人次第でしょう。

ちなみに「HyperX Cloud」も「HyperX Cloud II」もHi-Wi再生に対応しています。

「HyperX」のレビュー

「HyperX Cloud」のレビュー3

実際に「HyperX Cloud」を使用してみました。

  • つけ心地
  • マイク性能
  • 音質

本レビューでは以下の3点に焦点を当てます。

つけ心地はメガネをかけるとさすがに疲れる

私はメガネをつけた上にヘッドセットを装着しています。

かなり偏見ですが、ゲーマーの方で目が悪い方は多いはずです。

そんな視力の低いゲーマーで気になるのがメガネの上から装着したヘッドセットのつけ心地はいかがなものかということ。

結論を言うと「HyperX Cloud」の場合は可もなく不可もなくです。

最初は違和感ありませんが、2時間を超えるとさすがに疲れてきます。

もっともそれはメガネをかけているからこそ。

ヘッドセットによってメガネが耳周りを締め付けるから、疲れるのです。

メガネをかけていない方であれば、全く問題なく使用できるでしょう。

なおメガネをかけている方は装着感に定評のある「HyperX Cloud Stinger」がおすすめです。

マイクは小さな声でも十分に拾ってくれる

「Hyper X」におけるマイクの集音性はかなり高いです。

元から声の小さい方でも音を十分に拾ってくれるのも「Hyper X」だからこそ。

付属品のマイクで十分だと声のボリュームがかなり必要になります。

まるで本物の雨音を聞いているかのような音質

聞こえてくるサウンドに関して言葉で表現するのは難しいのですが、動画から聞こえてくる音よりも明らかに綺麗です。

また「HyperX Cloud」に関してはHi-Fi再生に対応していることもあり、よりリアルな音を感じさせてくれます。

例えばFF15で聞こえてきた雨もまるで、本当の雨音を聞いてるかのようでした。

「Hyper X」を購入する上で、音に関してはほとんど心配いりません。

音にうるさいプロゲーマーのために作られたヘッドセッドなのです。

  • 高性能なヘッドセットなら「HyperX Cloud II」
  • 音域の広さなら「HyperX Cloud Stinger」
  • 値段と性能のコストパフォーマンス重視なら「HyperX Cloud Stinger」
  • 「HyperX Cloud」を買うなら「HyperX Cloud II」がおすすめ
  • FPSを中心にプレイするなら「HyperX Cloud Revolver」
  • XBOXで利用するなら「HyperX CloudX Revolver」か「HyperX CloudX」
  • 「HyperX Cloud Core」よりも「HyperX Cloud Stinger」がおすすめ

とにかく、ヘッドセットで迷ったら「HyperX」の中から選べば間違いありません。

プロゲーマーの方もこぞって利用しています。

Beats by Dr. Dre「Beats Studio3 Wireless」はノイズキャンセリング機能の性能が高いワイヤレスヘッドフォン!「Solo3」にはついていない唯一無二の機能!
Beats by Dr. Dre「Beats Studio3 Wireless」のレビュー!ノイズキャンセリング機能の評価が高いワイヤレスヘッドフォン!「Solo3」にはついていない唯一無二の機能とは? 「Beats Studio3 Wireless」は比較的高価なヘッドフォンです。 価格に見合った性能はあるのでしょうか。 そこで...
2大ゲーミングチェアはどっちがおすすめ?「DXRACER(DXレーサー)」と「AKRACING(エーケーレーシング)」の違いを徹底比較!ゲーミングチェアの「DXRACER(DXレーサー)」は決して安価な買い物ではありません。 よって、購入する前は入念にリサーチが必要です...
ABOUT ME
アバター
ユータアライ
おすすめ映画/ドラマ/音楽/ゲーム/ガジェットのエンタメレビュー情報を発信します。