ゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud」のレビュー!マイクの性能とつけ心地と音質について!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

ゲーミングヘッドセットはHyperX社のものにしておけば間違いありません。

しかしHyperXのゲーミングヘッドセットの種類はかなり多いです。

そんななか、私は「HyperX Cloud」を選択しました。

そこで今回はHyperX Cloudのレビューをしていきましょう。

スポンサーリンク

「HyperX Cloud」のレビュー

本レビューでは以下の3点に焦点を当てます。

  • つけ心地
  • マイク性能
  • 音声

つけ心地

私はメガネをつけた上にゲーミングヘッドセットを装着しています。

かなり偏見ですが、ゲーマーの方で目が悪い方は多いはずです。

そんな視力の低いゲーマーで気になるのがメガネの上から装着したゲーミングヘッドセットのつけ心地はいかがなものかということ。

結論を言うと「HyperX Cloud」の場合は可もなく不可もなくです。

最初は違和感ありませんが、2時間を超えるとさすがに疲れてきます。

もっともそれはメガネをかけているからこそ。

ゲーミングヘッドセットによってメガネが耳周りを締め付けるから、疲れるのです。

メガネをかけていない方であれば、全く問題なく使用できるでしょう。

ちなみに、メガネをかけている方は装着感に定評のある「HyperX Cloud Stinger」がおすすめです。

詳しくはHyperXのゲーミングヘッドセットの種類をご覧ください。

マイク性能

マイク性能に関しては私のゲーム実況動画を見ていただいた方が早いでしょう。

プレイステーション4に同梱のマイク↓

プレイステーションカメラのマイク↓

HyperX Cloudのマイク↓

ちなみにこれらのマイクの設定は全て同じです。

どれが聞き取りやすいでしょうか。

言うまでもなく、最後の「HyperX Cloud」が一番聞き取りやすいでしょう。

このように「Hyper X」におけるマイクの集音性はかなり高いです。

元から声の小さい私なのに、これだけ拾ってくれるのも「Hyper X」だからこそ。

付属品のマイクで十分だと考えている人は、少し考えを改めてもいいかもしれません。

声が小さいのにゲーム実況をやりたい私のような人間は「Hyper X」が必須です。

音声

聞こえてくるサウンドに関して言葉で表現するのは難しいのですが、動画から聞こえてくる音よりも明らかに綺麗です。

また「HyperX Cloud」に関してはHi-Fi再生に対応していることもあり、よりリアルな音を感じさせてくれます。

例えばFF15で聞こえてきた雨もまるで、本当の雨音を聞いてるかのようでした。

さらに私はSONY製の「HT-RT5」という比較的高価なホームシアターも所持していますが、「HyperX Cloud」はそれにも引けを取りません。

「Hyper X」を購入する上で、音に関してはほとんど心配いりません。

音にうるさいプロゲーマーのために作られたゲーミングヘッドセッドなのですから。

スポンサーリンク

開封の儀

「HyperX Cloud」は低価格のゲーミングヘッドセッドではありません、

そんなわけで外観もとても高級感があります。

こんな感じです。

「HyperX Cloud」のレビュー1

とても大きな箱に入っています。

「HyperX Cloud」のレビュー2

そして箱の中にはまた箱が入っています。

「HyperX Cloud」のレビュー3

なお「HyperX Cloud」ということで付属品も結構入っています。

付属品を含め、他のHyperXとの違いはリンク先をご確認いただくといいでしょう。

もちろん「HyperX Cloud」なら付属品に関する心配は一切必要なく、そのまま使うことができます。

スポンサーリンク

まとめ

  • マイクの集音性は良さげ
  • メガネをかけながら、長時間装着するとだんだん疲れてくる
  • メガネをかけない場合のつけ心地は問題なし
  • 音質はHi-Fi対応でよりリアルなサウンドを感じる

以上「HyperX Cloud」のレビューでした。

ゲーム実況をこれから始めようと考えていて、声の大きさに自信のない方は絶対に必要です。

「HyperX Cloud」を使ったゲーム実況をもう一度。

ついでにチャンネル登録もよろしくお願いします。


スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!