Amazon「Fire TV」のレビューとできること!最新型「4K・HDR 対応版」と「Fire TV Stick」の違いについて!

Fire TVのアイキャッチ画像

Amazonの「Fire TV」があれば、引きこもりが加速します。

しかし、「Fire TV」にも色々と種類があるようです。

そこでこの記事では「Fire TV」の選び方について解説します。

まずは「Fire TV」でできることから見ていきましょう。

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

8,980円(08/20 21:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

「Amazon Fire TV」のできること

Fire TV 4Kの商品写真

そもそも「Fire TV」では何ができるのでしょうか。

簡単に言うと、インターネットを通じて映画やドラマやスポーツのような動画コンテンツをご自宅の液晶テレビに映し出すことができます

よって「画面はスマホで十分」なんて方には一切不要のデバイスです。

そのような方は「Fire TV」よりも「Fireタブレット」が向いているでしょう。

低価格な上に映画やドラマが移動中でも存分に楽しめます。

Fireタブレットのレビュー!口コミ評価!Kindleとの違いは?旧型「第5世代」との違いも

2017.09.25

なお「Fire TV」を買っただけでは動画コンテンツは楽しめません。

本気で楽しむなら有料の動画配信サービスに加入するか都度作品毎に課金する必要があります。

お金はかかってしまいますが、DVDのレンタルショップよりもお得で便利です。

この機会にぜひ「Fire TV」で一歩進んだライフスタイルを楽しみましょう。

スポンサーリンク

「Fire TV Stick」と「Fire TV」の比較

Amazon「Fire TV」は以下の2種類しかありません。

  • 「Fire TV Stick」
  • 「Fire TV」

これから買うならどちらを選ぶべきでしょうか。

両者を比較していきましょう。

 Fire TV 4K/HDR対応Fire TV Stick
価格8,980円4,980円
4K・HDR×
解像度最大60fps・2160p(4K Ultra HD)最大60fps・1080p(フルHD)
処理速度 クアッドコア 1.5 GHzクアッドコア 1.3 GHz
メモリ2GB1GB
有線接続
micro SD××
容量8GB8GB

それぞれの項目を解説します。

価格

値段に関しては、「Fire TV - 4K・HDR 対応」の方が高いです。

少しでもお得に購入したい方は「Fire TV Stick」を選びましょう。

ただし、値段は数千円しか変わりません。

詳しくはAmazonの公式ホームページで確認をお願いします。

4K・HDR / 解像度

残念ながら、お得な「Fire TV Stick」は4K・HDRに対応していません。

HDR(ハイダイナミックレンジ)対応があれば、より明るくより本来の色に近づけることができます。

fps(フレーム毎秒)は数字が高ければ高いほど、映像がヌルヌルと動きます。

Fire TVもFire TV Stickも同じ数値なので、気にすることはありません。

60fpsという十分なほどの滑らかさです。

処理速度 / メモリ

処理速度は「Fire TV - 4K・HDR 対応」の方が高いです。

たしかに「Fire TV Stick」もコアの枚数が多いので能力は高いでしょう。

しかし周波数とメモリの容量で劣るので、「Fire TV - 4K・HDR 対応」には敵いません。

より早い処理速度をお求めの方は「Fire TV - 4K・HDR 対応」を選びましょう。

有線接続

4Kを視聴するには高速インターネットが必要です。

なかには有線接続しなければいけない方も出てくるでしょう。

しかし「Fire TV Stick」だけでなく「Fire TV - 4K・HDR 対応」モデルもそのままでは有線接続できません。

もし、有線接続する必要がある方はアダプタの別途購入が必要です。

micro SD / 容量

容量はどちらも8GBなので同じです。

また旧型の「Fire TV」はmicro SDに対応していましたが、現在販売されているモデルではどちらも利用できません。

しかし、Amazonで購入した全てのコンテンツはクラウドに無料で保存できるので心配いらないでしょう。

8GBもあればアプリを入れておくのに十分です。

以上、「Fire TV」と「Fire TV Stick」の比較でした。

基本的な違いはやはり「4K・HDRに対応しているか」でしょう。

4Kに興味のない方は「Fire TV Stick」をおすすめします。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

4,980円(08/20 21:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

Amazon「Fire TV」のレビュー

Fire TV 4Kの開封写真

「Fire TV」を実際に使ってみたレビューをお伝えします。

以下の切り口でレビューしていきましょう。

  • 処理速度(サクサク)
  • 4K作品の豊富さ(Amazonプライムビデオ)
  • 音声認識リモコン

この記事では「Fire TV - 4K・HDR 対応」を実際に使用しました。

処理速度(サクサク)

「Fire TV」の処理速度は高速で滑らかです。

映像はもちろんのこと、操作速度もストレスを感じることはありませんでした。

スペック上「Fire TV - 4K・HDR 対応」のほうが高速ですが、「Fire TV Stick」でも十分サクサク動くでしょう。

4K作品の豊富さ(Amazonプライムビデオ)

アマゾンプライム」に加入している方ならプライムビデオで映画見放題です。

当然プライムビデオにも4K作品は配信されています。

しかし、実際のところプライムビデオの4K作品は豊富とは言い難いです。

Amazonオリジナルの作品なら4Kで配信されている可能性は高いですが、その他オリジナル作品以外となるとほとんどありません。

課金してもいいから4K映画を観たいという方は「Apple TV 4K」がおすすめです。

Apple TVで利用できるiTunesは4K作品がかなり増えてきています。

または「ネットフリックス」に加入して4Kを観るのも悪くないでしょう。

もちろんFire TVでもApple TVでもネットフリックスは利用可能です。

音声認識リモコン

「Fire TV - 4K・HDR 対応」に同梱のリモコンは音声認識タイプです。

精度もかなり高いので、わざわざ言い直すことも少ないでしょう。

映画のタイトル、俳優名、ジャンル名のようなキーワードでコンテンツを検索することができます。

しかし、現時点ではリモコンに人工知能がついていません。

よって、Apple TVのSiri Remoteのように賢い検索はできないので注意しましょう。

もちろんFire TVでもキーワードが明確なら、探したい作品はすぐに見つかります。

以上、「Fire TV - 4K・HDR 対応」のレビューでした。

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

8,980円(08/20 21:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

「Fire TV - 4K・HDR 対応」を購入する前の注意点

「Fire TV - 4K・HDR 対応」を購入する前に注意点をお伝えします。

以下のことをチェックしましょう。

  • 4Kディスプレイが必要(できればHDR対応)
  • 高速インターネットが必要
  • 4Kコンテンツが必要

それぞれ詳しく確認します。

4Kディスプレイが必要(できればHDR対応)

「Fire TV - 4K・HDR 対応」だけでは4Kを見ることはできません。

4Kディスプレイを用意しましょう。

4Kディスプレイは今やかなりお得なお値段で購入することができます。

DMMの4Kディスプレイがいい例です。

しかし安い4KディスプレイはHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しておらず、地デジチューナーがなければ地上波の番組を見ることができません。

地デジ番組をよく見る方やHDR(ハイダイナミックレンジ)という最高の色を楽しみたい方は以下のような4Kテレビを購入しましょう。

シャープ 40V型 4K対応液晶テレビ AQUOS LC-40U45 HDR対応

シャープ 40V型 4K対応液晶テレビ AQUOS LC-40U45 HDR対応

68,589円(08/21 06:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

4Kコンテンツが必要

「Fire TV - 4K・HDR 対応」と4Kディスプレイがあっても作品が4Kで配信されていなければ4Kを楽しめません。

一番、お得に4Kを見るならYouTubeの利用でしょう。

しかし、YouTubeの4Kは風景画ばかりです。

映画やドラマが観たいという方は、ぜひAmazonプライムに登録してプライムビデオを利用しましょう。

プライムビデオなら、Amazonオリジナルの4Kドラマや映画が配信されています。

今なら30日間の無料体験を実施中です。

高速インターネットが必要

4K作品のデータはとてつもなく膨大です。

したがって、インターネットの速度が遅いと4Kを全く観れない可能性があります。

サービス毎の推奨速度は以下の通りです。

 推奨速度(4K Ultra HD) 
Netflix 25Mbps以上
プライムビデオ最低15Mbps(Fire TV利用時) 

お使いのインターネット速度がわからない方や、接続速度に自信のない方は以下の記事を参考にしましょう。

以上、「Fire TV - 4K・HDR 対応」を購入する前の注意点でした。

まとめ

  • 「Fire TV Stick」では4K/HDRの視聴不可
  • 「Fire TV」の方が処理速度が速い
  • 「Fire TV」だけでは4Kは視聴できない
  • 4Kの視聴環境がない方は、「Fire TV Stick」がおすすめ

これからは4Kの時代です。

作品もどんどん4Kで配信されるようになるでしょう。

4Kが少しでも気になっていた方はこの機会にぜひ「Fire TV - 4K・HDR 対応」を購入することをおすすめします。

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

8,980円(08/20 21:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

もちろん4Kが観れない方はお手頃な「Fire TV Stck」もおすすめです。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

4,980円(08/20 21:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

Amazon Echo(アマゾンエコー)との連携

スマートスピーカーの「Amazon Echo(アマゾンエコー)」が日本でも発売されました。

スマートスピーカーを使えば、対応した機器を音声だけで操作できるようになります。

「アレクサ、Fire TVをつけて」

このような注文もお互いAmazon製品だからこそ聞いてもらいたいところです。 

しかし、現時点の日本ではFire TVと「Amazon Echo(アマゾンエコー)」は連携できません。

ただしアメリカではすでに連携が始まっているので、今しばらく待ちましょう。

スポンサーリンク