映画好きのためのクレジットカード!TOHOシネマズの「シネマイレージカードセゾン」がおすすめ!

今やインターネットで映画の座席を予約する時代です。

私も必ず、そうしています。

しかし、そんなときに必要となるのがクレジットカードです。

中には持ってない方もいるでしょう。

そこで今回は、映画好きなら持って損はしないクレジットカードをご紹介します。

その名もTOHOシネマズの「シネマイレージカードセゾン」です。

すでにクレジットカードをお持ちの方も、ぜひこのカードの魅力について知っておきましょう。

>>>お急ぎの方は以下のボタンから<<<

スポンサーリンク

TOHOシネマズ公式「シネマイレージカード」の魅力

TOHOシネマズ公式「シネマイレージカード」の魅力は全部で4つあります。

  • 6本観たら1本無料
  • 週に1回の会員限定サービスデイ
  • マイルが貯まる
  • 鑑賞の記録を残せる

6本観たら1本無料

シネマイレージカードを利用して映画を鑑賞すると、6本につき1本が無料になります。

一見すると「6回観たら1回無料」は大したことのないように思えるでしょう。

しかし、クレジットカードのポイント還元率としてみたら大変お得であることがわかります。

例えば1回の鑑賞料金を1,800円だとすると、6回で10,800円です。

10,800円分鑑賞すると、1,800円分のポイントがつき次回以降、TOHOシネマズの映画に利用することができます。

つまり、これをポイント還元率に表すと約16.7%です。

たしかに映画限定ではありますが、これほどにまでポイント還元率の高いクレジットカードを私は見たことがありません。

だからこそ、映画好きなら1枚は持っておくべきクレジットカードなのです。

週に1回の会員限定サービスデイ

またTOHOシネマズには映画を安く観れるサービスデイがあります。

日付割引名称料金
毎月1日ファーストデイ1,100円
毎月14日TOHOシネマズデイ1,100円
毎週水曜日レディーズデイ(女性限定)1,100円
毎週月曜日auマンデイ(auスマートパス会員&ビデオパス会員限定)1,100円
毎週火曜日シネマイレージデイ1,400円

これらサービスデイのうち、シネマイレージデイは「シネマイレージカード」をお持ちの方だけです。

シネマイレージカードがあるだけで、毎週火曜日はお得に映画を鑑賞することができます。

マイルが貯まる

シネマイレージカードを利用すると、マイルを貯めることができます。

ただし、航空会社にある飛行機に乗るともらえるマイルとは異なるので注意しましょう。

このTOHOシネマズ限定のマイルの正式名称は「シネマイレージ」といい、本編上映時間1分につき1マイルもらえます。

マイルで交換できる特典は以下のようなものが代表的です。

景品 必要マイル 
ポップコーン1,000マイル
ドリンクSサイズ1,000マイル
1ヶ月フリーパスポート6,000マイル

中でも魅力的なのが、 1ヶ月フリーパスポートでしょう。

映画1本120マイルだとすると、50本で到達できます。

50本なら週に1回通えば1年で到達するので、決して無理な数字ではありません。

映画マニアの方はぜひ、この1ヶ月フリーパスポートの獲得にチャレンジしたいところです。

鑑賞の記録を残せる

シネマイレージカードは鑑賞の記録を残すことができます。

映画好きだからこそ、鑑賞の記録を見てこっそりニヤリとするものです。

なお鑑賞の記録はチケットの発券時に自動で残してくれます。

そして記録はインターネットでも、劇場でもどこでも確認可能です。

映画好きはぜひ、シネマイレージカードを作って鑑賞の記録を残しましょう。

スポンサーリンク

セゾンならではの特典付き

もちろん「シネマイレージカードセゾン」ですから、セゾンカードならではの特典もついています。

  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • 人気チケット先行予約、優待割引などをご用意
  • 永久不滅ポイントをdocomoやauのポイントに移行可能
  • 毎月5日、20日は全国の西友、リヴィンで5%オフ
  • nanacoポイントも自動で貯まる
映画だけでなく、普段の生活からお得になるというメリットが「シネマイレージカードセゾン」にはあるのです。

スポンサーリンク

クレジット機能付きにするメリット

実のところ「シネマイレージカード」はクレジット機能付きとクレジット機能なしのものがあります。

それでも、「シネマイレージカード」はやはりクレジット機能付きの方がメリットは多いです。

具体的には以下のようなメリットがあります。

  • 年会費がお得
  • 郵送してもらえる

年会費がお得

 クレジット機能付き クレジット機能なし 
初年度 無料500円
2年目以降 300円(年1回使えば無料) 300円
有効期限 6年間1年間

クレジット機能付きのシネマイレージカードはほぼ年会費がかからないと思っても問題ないでしょう。

なぜなら、映画好きなら年に1回はカードを使うはずだからです。

使わなくても、クレジット機能なしのシネマイレージカードの更新料と変わりません。

またクレジット機能なしの方だと、年会費はもちろんのこと、更新の手間も増えます。

シネマイレージカードは手間の面でも、費用の面でもクレジット機能付きがおすすめです。

郵送してもらえる

クレジット機能付きのシネマイレージカードのみ自宅まで郵送してもらえます。

クレジット機能なしのカードでは受け取りにわざわざ劇場まで足を運ばなければいけません。

劇場まで足を運ぶのはいいにしても、今更シネマイレージカードを作る人は少ないです。

ですから、カード作成の特設ブースがない場合もあります。

私の近くの劇場はそうでした。

そんなとき、困るのが忙しそうにしている店員さんに話しかけることです。

幸いにもTOHOシネマズで嫌な顔をされることはありませんでしたが、近隣の映画館ではありました。

そういう意味でもカードはやはり郵送してもらうに限ります。

クレジット機能付きのシネマイレージカードなら自宅まで郵送してもらえるので嫌な思いをすることがありません。

マスターカードorアメックス

「シネマイレージカードセゾン」では2種類の国際ブランドから選ぶことができます。

マスターカードとアメックスことアメリカン・エキスプレス・カードです。

両者は以下のような違いがあります。

 マスターカード アメックス
年会費(税抜)初年度無料3,000円
2年目以降300円
付帯保険 -国内・海外旅行保険が自動付帯 

マスターカードは年会費が安いぶん、保険がつきません。

アメックスは年会費がかかってしまうぶん、旅行の保険がつきます。

ですから、年に1回でも旅行される方ならアメックスでもいいでしょう。

まったく行かない方にはマスターカードがおすすめです。

どちらを選ぶにせよ、映画の特典に関してはまったく同じなので好きな方を選びましょう。

まとめ

  • 映画だけで考えると、ポイント還元率は約16.7%
  • 毎週火曜日なら映画を安く観れる
  • 約50本の鑑賞で1ヶ月フリーパスポートがマイルで交換できる
  • クレジット機能つきの方が圧倒的にお得
  • クレジット機能つきのみ自宅まで郵送可

というわけで、映画好きの方は是非「シネマイレージカードセゾン」を作りましょう。

そしてフリーパスをゲットできてしまうくらいのマニアっぷりを期待しています。

ちなみにシネマイレージカードセゾンはご利用の劇場によってお知らせがあります。

詳しくは以下から公式サイトを確認しましょう。

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!