プライム会員限定「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」のレビューと魅力について!実際に使ってみた感想!安心・安全の食品が新鮮なまま届く!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」という画期的なサービスをご存知の方も多いでしょう。

しかし、実際使ってみたことのある方はそんなに多くないはずです。

対象エリアも限られていますから。

そこで今回はたまたま対象エリアに追加された私が実際に使ってみたので、レビューしていきましょう。

なお「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」はプライム会員限定(Amazonスチューデントも可)のサービスです。

まだプライム会員ではないという方はこの機会にぜひ無料体験してみましょう。

スポンサーリンク

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」のレビュー

3つの観点からレビューしていきます。

  • 利用の流れ
  • 品揃え
  • 配送について

利用の流れ

まずは利用の流れを写真とともに確認していきましょう。

 「Amazonフレッシュ」のページに行くと、郵便番号の入力が求められます。

Amazonフレッシュの対象エリア

郵便番号を入力することで、自分が対象エリアかどうかわかります。

次に実際を商品を選んでいきましょう。

しかし、カートに入れようとすると次のようなボタンが目に入ってきます。

アマゾンフレッシュを試してみる

「フレッシュを試してみる」

実は「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」はプライム会員の会費とは別途で500円(税込)の月額を支払わなければいけません。

そのため「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」では1ヶ月のお試し期間を設けています。

お試し期間を経由しないと「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」は利用できないので「フレッシュを試してみる」を押しましょう。

あとはいつものAmazonのお買い物と同じ感じで利用できます。

商品が選び終わったら、配送時間を設定します。

Amazonフレッシュの配送時間

常識の範囲内でお好きな日にちを設定することができます(2ヶ月先等は不可)。

ただし利用地域や商品にもよるのかもしれませんが、当日の配送を選ぶことはできませんでした。

受け取り時間は8:00〜深夜24:00を自由に選ぶことができます。

すでに枠が埋まってしまう場合もあるので、その辺は大目にみましょう。

以上が、注文の流れです。

特別難しいことは何もありません。

品揃え

大事なのが品揃えです。

しかし、アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)において品揃えは全く心配いりません。

以下のような豊富なカテゴリーが用意されています。

  • 野菜
  • 果物
  • お肉
  • お魚
  • 卵・乳製品・チーズ
  • パン・シリアル
  • 豆腐・納豆・練り製品
  • 惣菜
  • お米
  • 冷凍食品
  • 麺類
  • 調味料・ドレッシング
  • たれ・料理ソース
  • ジャム・はちみつ
  • 乾物
  • 栄養補助食品
  • アイスクリーム
  • スイーツ・菓子
  • ドリンク
  • お酒
  • ドラッグストア
  • キッチン用品
  • ベビー・マタニティ
  • ペッドフード・用品
  • 生活雑貨
  • おもちゃ
  • 文房具・オフィス用品
  • パソコン周辺機器

これだけあれば、揃わないものはないでしょう。

スーパー以上の品揃えが「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」にはあります。

ちなみに商品の値段は、ものによるでしょう。

ただし、Amazonフレッシュの醍醐味は値段ではないことは確かです。

配送について

商品は以下のように送られてきました。

Amazonフレッシュのレビュー 「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」で注文した今半

手提げ袋で配送されます。

商品が乱暴に扱われないためでしょう。

手提げ袋の外観はこんな感じです。

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」の袋

配送時間に関しては14時から16時を設定しました。

実際到着したのは14時ちょっとすぎです。

時間に関してはきっちり守ってくれるので安心しましょう。

鮮度も問題ありませんでした。

以上、「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」のレビューでした。

自炊する方で、買い物が面倒だと感じていた方は重宝するでしょう。

スポンサーリンク

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」の魅力

続いて、「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」の魅力について解説していきましょう。

  • 安心・安全の商品
  • 鮮度・美味しさへのこだわり
  • プレミアムセレクション

3つの観点から詳しく見ていきます。

安心・安全の商品

Amazonと聞くと、安いイメージを持たれる方も多いでしょう。

「安かろう、悪かろう」で食材に関してあまり安心できない方もいるはずです。

しかし「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」においては、全くもってその心配は要りません。

  1. Amazon独自の食品安全管理体制
  2. 入荷時、保管時、出荷時の検品体制

この2つのシステムが食品の安全管理を厳しく管理しています。

地元のスーパーマーケットより安心・安全に注意を払っていると言っても過言ではありません。

鮮度・美味しさへのこだわり

安心・安全を厳しく管理しているということはもちろん鮮度も高く、美味しさにもつながります。

  1. 採れたてを食卓へ
  2. 徹底した温度管理体制
  3. 鮮度を逃がさない商品パッケージと配送体制

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」は栽培、収穫、管理、配送までこだわりがあります。

鮮度が低く、まずいわけがありません。

プレミアムセレクション

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」なら、老舗の高級食材も注文することができます。

今回私はせっかくなのでプレミアムセクションの中から「今半」のお肉を注文しました。

新鮮のまま届いた、今半のお肉がまずいわけありません。

グルメな方はぜひ「プレミアムセレクション」から商品を選びましょう。

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」のプレミアムセレクション

高級食材が勢ぞろいです。

スポンサーリンク

料金システムについて

料金システムに関して解説していきましょう。

以下の表をご覧いただきます。

 料金システム
月額(税込) 500円 
送料(税込) 500円(6,000円以上で無料) 
資格Amazonプライム会員限定 
無料体験期間30日間 

この料金システムが高いか安いかはその人次第ですが、生活のクオリティが上がることは間違いありません。

プライム会員の他に月額がかかってしまうのが残念ですが、ぜひ一度お試しいただくといいでしょう。

対象エリアについて

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」はまだまだ開始間もないサービスです。

したがって、対象エリアもまだまだ限られます。

具体的には以下の通りです。

東京都 : 18区2市(世田谷区・目黒区・千代田区・中央区・台東区・墨田区・江東区全域、ならびに渋谷区・品川区・大田区・港区・杉並区・新宿区・文京区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・調布市・狛江市の一部)

神奈川県 : 川崎市の6区(高津区・中原区全域、多摩区・宮前区・川崎区・幸区の一部)、ならびに横浜市の11区(西区・神奈川区・港北区・中区全域、都筑区・緑区・鶴見区・南区・磯子区・保土ケ谷区・旭区の一部)

千葉県 : 浦安市全域、ならびに市川市の一部

東京でさえもまだ23区に対応していません。

今後のエリア拡大に期待です。

2017年9月現在の情報です。現在の状況はご自身の郵便番号を入力して確認しましょう

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」加入の注意点について

「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」の利用を始める前に知っておくべき注意点をお伝えします。

  • プライム会員の会費の他に月額500円
  • 無料体験終了後は、自動的に月額プランに移行

プライム会員の特典なのは間違いありませんが、通常の年会費の他に月額で500円発生します。

そして30日間の無料体験終了後は自動的に月額プランに移行してしまいます。

いつでもキャンセルできるので、無料体験でやめる方は忘れないようにしましょう。

以上が、注意点です。

これらさえ知っておけば後から問題は起こりません。

まとめ

  • プライム会員限定
  • 月額500円(税込)で利用可能
  • 安心・安全の商品が届く
  • 最短4時間で配送(商品によっては不可)
  • 受け取り時間は8:00〜深夜24:00
  • 新鮮で美味しい
  • 豊富な品揃え

以上、「アマゾンフレッシュ(Amazon Fresh)」のレビューと魅力についてお伝えしました。

これから利用を考えていた人の参考になれば幸いです。

Amazonプライムの特典は他にもあります。

ご加入がまだの方はこの機会にぜひ、無料体験してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

クレジットカードをお持ちでない方へ

動画配信サービスやAmazonプライムの利用には基本的にクレジットカードが必要です。

まだお持ちではない方はぜひ以下の記事を参考にクレジットカードを申込みましょう。

初めてのクレジットカードには楽天カードがおすすめ!動画配信サービスやAmazonプライムでクレジットカードが必要になったら

2016.12.16

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします