「Pure Hot + Cool Link(HP03)」のレビューと魅力について!男臭さも消える!旧型HP02との違いは?【[2017年版]dyson(ダイソン)羽根のない扇風機】

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」の箱

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

dyson(ダイソン)羽根のない扇風機「Pure Hot + Cool Link(HP03)」は非常に大人気のモデルでかなり売れています。

しかし、実際のところこの機種のどこがいいのでしょうか。

そこで今回は「Pure Hot + Cool Link(HP03)」を実際に購入したのでレビューしていきます。

スポンサーリンク

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」のレビュー

dyson(ダイソン)羽根のない扇風機で気になるところは以下の3点でしょう。

  • 音はうるさい?
  • 涼しい?暖かい?
  • 本当に空気は綺麗になるの?

実際に使ってみた本音のレビューをそれぞれお伝えします。

音はうるさい?

音に関しては「うるさい」というほどでもありません。

もちろん無音ではありませんが、我慢できないほどのうるささじゃないでしょう。

うるささのイメージとしては一般的な扇風機の音です。

ちなみに「Pure Hot + Cool Link(HP03)」は最大運転時で48.7デシベルになります。

静かな図書館で40デシベル、一般的な会話でさえも60デシベルと言われているので、その中間くらいであることがわかるでしょう。

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」なら涼風だろうと、温風であろうと決してうるさくありません。

万が一うるさいと感じても、風量を小さくすれば済む話です。

音に関して不安な方は「Pure Hot + Cool Link(HP03)」を選んでおけば失敗しないでしょう。

涼しい?暖かい?

私はクーラー漬けの毎日に嫌気がさして、ダイソンの羽のない扇風機を購入しました。

実際どれくらい涼しいのか、暖かいのか気になる方も多いでしょう。

暖房に関しては夏に購入したばかりなのでわかりません。

涼風に関してはまるで扇風機です。

決してクーラーのような涼しさは期待しない方がいいでしょう。

しかし、dyson(ダイソン)羽根のない扇風機はそれでいいのです。

クーラーが苦手で扇風機を選ぶわけですから。

クーラー嫌いの方はぜひdyson(ダイソン)の羽根のない扇風機を購入しましょう。

身体が冷えないので、かなり満足しています。

本当に空気は綺麗になるの?

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」は空気清浄機能もついています。

果たして本当に空気は綺麗になるのでしょうか。

同居している家族からこのように言われました。

「男臭さがなくなった」

自分の部屋のニオイにはなかなか気づけないものです。

しかし自分以外の人が言うからにはニオイが取れていることは間違いないのでしょう。

ちなみにアプリで連携すると、部屋の空気の状態をモニターしてくれます。

このアプリ曰く、東京の外より部屋の方が綺麗とのことです。

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」で部屋の空気モニター

本当に綺麗になっているかどうかを実感することはできませんが、ニオイが減っているのは確かです。

スポンサーリンク

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」の魅力

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」のレビュー

続いて「Pure Hot + Cool Link(HP03)」の魅力について見ていきましょう。

以下のような点がポイントです。

  • 1台3役
  • 花粉、ウイルス、カビ、ニオイ等99.95%除去
  • アプリ連携(リモコン)
  • 多数のモード搭載

1台3役

もはやこの点に関しては説明不要の方もいるでしょう。

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」は1台で三役こなします。

  • Pure・・・空気清浄
  • Hot・・・温風
  • Cool・・・涼風

これら3つの機能を全部使いたいという方はぜひ「Pure Hot + Cool Link(HP03)」を選びましょう。

もはやこの1台3役は扇風機の域を超えています。

ちなみに今現在、dyson(ダイソン)の羽根のない扇風機にこれ以上の基本性能はつけられません。

機能の多さで決めるなら、「Pure Hot + Cool Link(HP03)」で決まりでしょう。

花粉、ウイルス、カビ、ニオイ等99.95%除去

dysonのPM0.1レベル

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」はPM 0.1レベルの粒子を99.95%除去してくれます。

PM0.1レベルと聞くと馴染みがないでしょう。

具体的には以下のような物質が除去できます。

  • 花粉
  • ウイルス
  • バクテリア(カビ)
  • 排気ガス

これらの物質の他にもニオイも完全にキャッチします。

「男臭さがなくなった」というのもこの機能のおかげでしょう。

涼風と温風だけ出ればいいと思っていた方もこの機能が欲しくなってくるはずです。

アプリ連携(リモコン)

アプリ連携なんて本当にいるの?

と懐疑的な方も多いでしょう。

しかしアプリ連携は本当に便利です。

アプリ連携すると以下のような機能を使用することできます。

  • 空気の状態をモニター
  • リモコン操作(外出先からも可)
  • スケジュール機能
  • フィルター寿命

空気の状態をモニター

アプリと連携すると、部屋の状態をモニターしてくれます。

スマホがなければ、部屋の状態が綺麗か汚いか判断することができません。

それだけでも利用価値はあるでしょう。

リモコン操作(外出先からも可)

扇風機の近くはもちろんのこと、外出先からもリモート操作をすることができます。

扇風機を消し忘れたかもしれないときは、外出先からスイッチのオンオフが確認できるのでとても便利です。

先回りして、部屋の中を涼しくしたり温めたりしておくこともできます。

もちろん、部屋の中でなら通常のリモコンの機能を果たすことが可能です。

Hp03の付属リモコン

この付属リモコンは磁石で扇風機にくっつくので、スマホのリモコンを使用し続けても邪魔になることはありません。

Hp03のリモコンは本体にくっつく

付属のリモコンでもスマホ操作でも気分によって使い分けましょう。

近くにいるときはアプリを立ち上げるより早いので付属のリモコンを使用することをおすすめします。

スケジュール機能

アプリを通じて、週ごとのスケジュールを作成することができます。

月から日までお好きな稼働時間を設定しましょう。

そうすれば、スケジュール通り決まった設定で扇風機が作動します。

1週間のスケジュールが一定の方にとっては非常に便利な機能と言えるでしょう。

フィルター寿命

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」は稼働時間によってフィルターの交換が必要になります。

フィルター交換で一番迷うのがタイミングです。

しかしアプリと連携しておけば、フィルターの寿命を簡単に確認できます。

交換時期になるとアプリ上でお知らせしてくれるので、是非ともこの機能を活用したいところです。

以上、アプリとの連携機能でした。

Androidの方でもiPhoneの方でも利用できるので心配要りません。

Dyson Link

Dyson Link
開発元:Dyson Inc.
無料
posted with アプリーチ

多数のモード搭載

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」は機種最多のモードを搭載しています。

具体的には以下の通りです。

オートモード 室内の空気の状態に合わせて、自動で風量を調整 
ナイトモード 静音運転に切り替え、LEDディスプレイを消灯 
フォーカスモード集中させたパワフルな風を遠くまで届ける 
ワイドモード より広範囲に風を届ける 

 これだけの多機能なモデルは「Pure Hot + Cool Link(HP03)」だけです。

機能が多すぎて使わない電化製品も多いですが、「Pure Hot + Cool Link(HP03)」の機能は全部使えます。

スポンサーリンク

HP03(2017年製)とHP02の違い(2016年製)

家電製品を購入する上で、検討するのが型落ちモデルです。

型落ちモデルは安くなっていることが多々あります。

dyson(ダイソン)羽根のない扇風機の最上位機種「HP03」と「HP02」の違いはどのようなものなのでしょうか。

違いはたった一つです。

  • フィルター

そのフィルターはどのように変わったのでしょうか。

詳しく見て参りましょう。

新型フィルターの特徴

新型フィルターは従来フィルターと比べて活性炭が3倍に増えました。

その結果、有害なガスやニオイをよりキャッチしやすくなります。

ちなみに新型フィルターは1日12時間の使用で、約1年間での交換が必要です。

フィルターの寿命は伸びていませんが、HP03はフィルターの性能が高まっています。

なお、HP02に新型フィルターを取り付けることは可能です。

したがって、すでにHP02を持っている方は新しくHP03に買い換える必要はありません。

ただし、HP02はすでに販売終了しているモデルです。

ネットショップなら今からHP02を買える可能性もありますが、保証がつかない可能性もあるのであまりおすすめできません。

公式サイトで新型のHP03を購入しましょう。

公式サイトなら、型落ちモデルと値段もそこまで変わりません。

購入前の注意点について

購入前の注意点は主に2つです。

  • インターネット環境が必要
  • 電気代

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Wi-Fi環境が必要

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」はWi-Fi環境が必須です。

スマホアプリと連携させるために扇風機をWi-Fiに接続する必要があります。

スマホアプリと連携しないというなら「Link」モデルは無意味です。

インターネット環境がない方は購入を控えるか、Wi-Fi環境を用意しましょう。

電気代

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」の電気代を確認しておきましょう。

 涼風モード(最少/最大)温風モード  
定格消費電力(首振り機能オフ時)5/44W  1,200W

ワット数だけ見ても電気代のイメージはつきません。

1日12時間利用すると仮定して電気代を計算してみましょう。

結果は以下の通りです。

 涼風モード(最少/最大)温風モード  
1日あたり1.62/48.6円388円 
1ヶ月あたり14.3/427.8円11,664円 

※1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

夏場であれば、電気代に関して心配する必要はありません。

しかし温風モードはかなりワット数が高いので注意は必要でしょう。

もちろんエアコンの暖房で1,200Wを超えるものもあるので、一概にも電気代が高いとは言えません。

ご自身が今お使いになっている、暖房器具の定格消費電力と比較して判断することをおすすめします。

そして暖房器具の定格消費電力はキロワット換算されていることが多いので、単位を間違えないように注意しましょう。

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」まとめ

  • 音はうるさくない
  • エアコン嫌いの人におすすめ
  • 男臭さがなくなる
  • HP02との違いはフィルター
  • Wi-Fiが必須

「Pure Hot + Cool Link(HP03)」を購入して大満足しています。

特にニオイが取れたと聞けた時は本当に嬉しかったです。

なお、私は羽根のない扇風機をdyson(ダイソン)の公式サイトで購入しました。

保証もバッツリつきましたし、公式サイトなのに安く買えたので非常によかったです。

これからご購入をお考えの方はぜひdyson(ダイソン)の公式サイトを利用しましょう。

dyson(ダイソン)の公式サイトなら失敗しません。

念のため、他のネットショップと比較してからの購入をおすすめします。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします