人をダメにするマットレスまとめ!おすすめの選び方について!肩こり、腰痛の方に高反発マットレスがおすすめの理由とは?

マットレスのおすすめ

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

もはや睡眠の大切さは周知の通りです。

睡眠の質を高めるために枕にこだわる方も多いでしょう。

しかし、睡眠の質を高めるには枕だけではいけません。

マットレスにもこだわる必要があります。

そこで今回はおすすめマットレスをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

マットレスのおすすめまとめ

それでは早速マットレスのおすすめを順番に紹介していきます。

どの商品も私がマットレスを購入する上で、実際に迷ったアイテムです。

エムリリー

マンチェスター・ユナイテッド公式寝具パートナーの「エムリリー」から2商品ご紹介します。

  • エムリリー優反発シリーズ
  • エムリリーエコヘルスシリーズ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

エムリリー優反発シリーズ

 エムリリー優反発シリーズ
タイプ 優反発 
値段(税込) 18,338円〜 
厚み5cm,8cm,11cm 
保証品質保証3年 

エムリリー優反発シリーズは低反発でも高反発でもない全く新しいタイプのマットレスです。

柔らかい低反発マットレスは寝返りが打ちにくく、通気性がありません。

硬い高反発マットレスは寝返りが打ちやすいものの、硬くて寝にくいです。

この低反発と高反発のデメリットを補ったのが、エムリリーの優反発シリーズとなります。

優反発シリーズなら、身体を優しく包みこみ必要なときにしっかりと反発もしてくれるでしょう。

エムリリーエコヘルスシリーズ

 エムリリーエコヘルスシリーズ
タイプ低反発(上層部)+高反発(下層部) 
値段(税込)9,979円〜
厚み3cm,5cm,9cm
保証品質保証1年

エコヘルスシリーズは低反発と高反発の2層構造になっています。

単純に2層にしているだけなので、クオリティの高さを求めるなら優反発シリーズの方がいいでしょう。

また優反発シリーズに比べて値段も安いので、返金保証期間も1年間と短くなっています。

なお返金保証の内容は通常での使用の「ヘタリ」のみです。

保証期間内にヘタリが発生したら、新品と交換してくれます。

13層やすらぎマットレス

 13層やすらぎマットレス
タイプ高反発
値段(税込)138,000円→98,000円
厚み27cm
保証60日間の返金保証

「13層やすらぎマットレス」はとてもリッチな高反発マットレスです。

名前の通り13層構造なので、熟睡できること間違いありません。

マットレスには低反発、高反発ありますが、結局最後にモノを言うのは厚みなのです。

これぞ人をダメにするマットレスにふさわしいでしょう。

雲のやすらぎプレミアム

 雲のやすらぎプレミアム
タイプ高反発
値段(税込)39,800円〜
厚み17cm
保証100日間の返金保証

「13層やすらぎマットレス」に手の届かない方も多いでしょう。

そんな方は「雲のやすらぎプレミアム」がおすすめです。

「雲のやすらぎプレミアム」は「13層やすらぎマットレス」と同じメーカーから販売されています。

厚みは10cmも変わりますが、そのぶん値段もかなり安くなります。

コストパフォーマンスを求めるなら、「雲のやすらぎプレミアム」で決まりです。

高反発マットレスモットン

 高反発マットレスモットン
タイプ高反発
値段(税込)39,800円〜
厚み10cm
保証90日間の返金保証

寝心地というよりも腰痛でお悩みの方は高反発マットレスの「モットン」をおすすめします。

「モットン」は体重や好みに合わせて硬さを自由に選ぶことができます。

マットレスの硬さは腰の負担にも影響が大きいです。

100N140N170N
〜45kg 46kg〜80kg 81kg〜 

上記を参考にぜひ自分の体重にあったマットレスの硬さを選びましょう。

モットンはこれまで10万本以上売り上げ、お客様満足度も94.2%と信頼と実績も抜群です。

エアウィーヴ

人をダメにしないおすすめマットレスパッド「エアウィーヴ スマート 025」のレビュー!違いは?

2017.05.29
 エアウィーヴ
タイプ高反発
値段(税込)27,000円~
厚み3.5cm,4.5cm,6cm
保証品質保証3年間(マットレスの中の素材のみ) 

もはや説明不要のマットレスブランドでしょう。

寝具にブランド性を求める方は「エアウィーヴ」をおすすめします。

もちろん、ブランド=品質の高さでもあります。

「エアウィーヴ」ブランドなら、品質も間違いないので安心して購入できるでしょう。

スポンサーリンク

マットレスのおすすめの選び方

続いて、マットレスの選び方について解説します。

 高反発低反発
寝心地×
肩コリ・腰痛×
通気性◯(冬は冷たい)×(夏は蒸れる)
値段×(比較的高価)◯(比較的安価)

それぞれ詳しく解説していきましょう。

寝心地

寝心地がいいのは低反発のマットレスです。

低反発が一時期人気だったのはやはり寝心地のよさからでしょう。

しかし、寝心地がいいからといっておすすめのマットレスになるというわけではありません。

実際、寝心地のいい低反発のマットレスは寝返りが打ちにくいので肩こりや腰痛の原因にもなります。

寝心地でマットレスを選ぶのはやめましょう。

肩コリ・腰痛

肩こり、腰痛のサポートという観点では高反発マットレスをおすすめします。

たしかに寝心地はよくないものの、寝返りが打ちやすいので身体への負担が和らぐからです。

高反発は体圧分散に優れます。

体圧分散が身体への負担を軽減するメカニズムです。

肩こりや腰痛に悩まされている方はぜひ高反発のマットレスを選びましょう。

実際、低反発マットレスの寝心地のよさはその一瞬だけなのです。

肩こりや腰痛の人にとっては決して快適なものではありません。

通気性

通気性があるのは、高反発マットレスです。

通気性のない低反発マットレスは夏場になると群れてしまいます。

一方で、通気性のある高反発マットレスは冬場寒くなるかもしれません。

しかし昨今の高反発マットレスは暖かさを保ってくれるものも多いです。

今回ご紹介したおすすめの高反発マットレスなら、どれも素材にこだわっているので心配要らないでしょう。

値段

高反発マットレスの最大のデメリットは値段でしょう。

低反発に比べるとやはりお値段が高く感じてしまいます。

しかし、マットレスに関しては安かろう悪かろうです。

1日のパフォーマンスに影響を及ぼす大切な睡眠のためですから、投資だと思って奮発してしまいましょう。

快適な睡眠を思えば、高反発マットレスなんて安いものです。

スポンサーリンク

後悔しないマットレスの選び方

マットレスは決して安くありません。

しかも大型商品ですから絶対に後悔せずにマットレスを選びたいところです。

マットレスの後悔しない選び方のポイントは2つあります。

  • 高反発を選ぶ
  • 返金保証があるものを選ぶ
  • 厚みのあるマットレスを選ぶ

これら3つを守るだけでマットレスを買ってよかったと心から思うことができるでしょう。

3点に関して詳しく見ていきます。

高反発マットレスを選ぶ

高反発マットレスを選ぶメリットは以下の通りです。

  • 体圧分散に優れ、身体への負担を軽減してくれる
  • 通気性がよく、ムレない
  • 自然な寝返りが打てる

低反発マットレスを選ぶ理由はもはや値段だけです。

値段も重要ですが、値段よりも重要なのが睡眠です。

迷わず高反発マットレスを選びましょう。

返金保証があるものを選ぶ

高反発マットレスは安くありません。

だからこそ、マットレスは返金保証のあるものを選ぶようにしましょう。

保証には2種類あります。

品質保証と返金保証です。

品質保証はあって当たり前です。

使ってみて納得できなかったら返品できる「返金保証」のあるマットレスを選ぶことをおすすめします。

いざとなったら返金すればいいのです。

なお、返金保証のあるマットレスはメーカーの自信の表れでもあります。

返金保証があるマットレスに限って、最高の睡眠体験をもたらしてくれるのは言うまでもありません。

厚みのあるマットレスを選ぶ

高反発マットレスは低反発のように寝心地がよくありません。

しかし、その寝心地をカバーする方法があります。

それは厚みです。

マットレスに厚みがあれば、身体への負担軽減だけでなく最高の寝心地でさえも得ることができます。

お値段は張りますが、マットレスは厚みが大切です。

まとめ

  • 高反発マットレスがおすすめ
  • 返金保証があるマットレスがおすすめ
  • 厚みのあるマットレスがおすすめ
  • 高反発マットレスは肩こり、腰痛対策におすすめ
  • 低反発のよさは値段の安さだけ

これらのポイントさえ押さえてしまえば、マットレス選びで迷うことはありません。

大切な睡眠だからこそ、値段で決めるのはやめましょう。

高級な低反発マットレスを選ぶくらいなら、少しでも安い高反発マットレスを選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします