「dヒッツ」のレビューについて!使い方は?毎月10曲づつ保存してオフラインで再生可能!ドコモ以外でも使える!

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

定額制音楽配信サービスといったら「Apple Music」「Spotify」「LINE Music」がすぐに思いつきます。

しかし「dヒッツ」も忘れてはいけないサービスです。

そこで今回は「dヒッツ」のレビューをお伝えするとともに魅力に迫ります。

実際にご加入されるかどうかは、31日間の無料お試しで判断してみてもいいでしょう。

お試しする価値があるかどうかはレビューを見て判断して頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

「dヒッツ」のレビュー

「dヒッツ」を実際に使ってみました。

ポイントは以下の通りです。

  • 月額
  • 音質
  • 曲数
  • 使い勝手

それぞれ詳しくお伝えしていきましょう。

月額

月額(税抜) 500円 

「dヒッツ」の魅力はズバリ料金でしょう。

月額500円で使える聴き放題の音楽配信サービスはほとんどありません。

大抵は1,000円近くかかってしまいます。

音楽をたくさん聴きたいけど、あまりお金をかけたくないという方はぜひ「dヒッツ」を利用しましょう。

音質

音質は設定で選ぶことができます。

 通常 高音質 
音質 128kbps 320kbps 

具体的な数字をあげてもイメージがつかないでしょう。

実際に「Spotify」の高音質と聴き比べて見ましたが、「dヒッツ」の方が鮮明に音が聞こえました。

いずれにせよ、「dヒッツ」の音質が汚いのではないかと心配な方は何も心配要りません。

かなり高品質です。

曲数

さすが、人気アーティスト数No.1の音楽聴き放題サービスです。

決してメジャーとは言えない、洋楽のマイナーアーティストも収録されていました。

もちろん邦楽だって心配要りません。

むしろドコモという日本の企業ですから、邦楽の方がより豪華なラインナップが取り揃えられているでしょう。

アーティスト数が多ければ、自然と曲数だって多くなります。

使い勝手

アプリは非常に使いやすいです。

しかし「dヒッツ」は曲を選ぶというより、プログラムを選ぶシステムになります。

特定の曲だけを聴きたい方はやや不便に感じてしまうこともあるでしょう。

もちろん、用意されたプログラムは新たな曲との出会いには最適です。

プログラムはアーティスト毎、ジャンル毎、シーン毎に用意されているので不満に感じることはほとんどありません。

それこそ、まずはお試し頂くことをおすすめします。

スポンサーリンク

「dヒッツ」の使い方

定額制音楽配信サービスとしては使い方はちょっと特殊でしょう。

なぜならプログラムを選ぶシステムだからです。

ここでは、「テイラー・スウィフト」を例にとって使い方を解説します。

  • 「テイラー・スウィフト」だけを聴く
  • テイラーの「Shake It Off」を聴く
  • 「テイラー・スウィフト」に似たような曲を聴く

 パターン別に見ていきましょう。

「テイラー・スウィフト」の曲だけを聴く

特定の曲ではなく、特定のアーティストだけを聴きたいなら「dヒッツ」は最適です。

この場合は「テイラー・スウィフト」と検索して、テイラーのプログラムを選択しましょう。

そうすれば、プログラム中はテイラーの曲がずっと流れます。

特定のアーティスト好きの方はもってこいです。

テイラーの「Shake It Off」を聴く

特定のアーティストの特定の曲を聴く場合はちょっと困りました。

もちろん、全く聴けないというわけではないので安心しましょう。

例えば、テイラーの「Shake It Off」を検索するとします。

そうすると楽曲一覧として出てきますがここから再生できるのは、サビだけの試聴版です。

1曲丸々聴くには「この曲が入っているプログラム」を選択して、お目当ての曲が来るまで待たなければいけません。

早送りはできますがやはり特定の曲を聴くには不便と言えるでしょう。

「テイラー・スウィフト」に似たような曲を聴く

「テイラー・スウィフト」に似たような楽曲を聴く場合は非常に便利です。

「テイラー・スウィフト」以外に洋楽アーティストを知らなくても、プログラムが教えてくれます。

例えば「洋楽ポップスランキング」のプログラムを選べば、今流行りの洋楽がすぐにわかるでしょう。

この場合は「テイラー・スウィフト」と検索すると「テイラー・スウィフトが含まれるプログラム」が表示されるのでそこから選べば、迷うことはありません。

以上が「dヒッツ」の使い方です。

「特定の曲が聴きたいから登録したくない」という方は「myヒッツ」という機能に注目しましょう。

スポンサーリンク

myヒッツを使いこなそう!オフライン再生について

「dヒッツ」の「myヒッツ」という機能を使えば、特定の曲を簡単に聴くことができます。

「myヒッツ」機能の特徴は以下の通りです。

  • 毎月10曲づつ追加
  • オフライン再生可能

それぞれ詳しく解説します。

毎月10曲づつ追加

「myヒッツ」機能を使えば、好きな楽曲を毎月10曲保存することができます。

毎月10曲は累積していくので、1年間で120曲追加可能です。

この「myヒッツ」は好きな楽曲を追加できるので、プログラム単位ではなく楽曲単位でも音楽が聴けるようになります。

プレイリストも作成できるので、マイヒッツを駆使すれば自由に音楽が聴けるでしょう。

「dヒッツ」は使えば使うほど、自分好みの特定の曲が聴けるようになり、便利になっていきます。

そもそも自分のベストヒットは毎月10曲も出てこないはずです。

「特定の曲が聴きたいから登録したくない」なんて言わずにまずは一度試してみましょう。

オフライン再生可能

「myヒッツ」は端末に保存するので、オフラインでの再生になります。

オフラインで再生すれば、通信料の節約にもつながるでしょう。

「myヒッツ」を使いこなせば、「dヒッツ」は非常に便利なサービスです。

無料お試し期間から、ぜひ「myヒッツ」機能を使いこなすことをおすすめします。

ドコモ以外でも使える?対応端末について

「dヒッツ」はドコモ以外も使えます。

au、ソフトバンクはもちろんのこと、格安simをご利用の方も問題なく「dヒッツ」を使用可能です。

「dヒッツ」の利用には「dアカウント」が必要ですが、dアカウントはドコモユーザー以外でも簡単に作ることができます。

ただし「dアカウント」があっても、パソコンからの利用はできないので注意しましょう。

「dヒッツ」はスマホやタブレットのみ対応しています。

dヒッツ まとめ

  • 月額500円(税抜)で音楽聴き放題
  • 最高音質
  • 人気アーティスト数No.1
  • myヒッツ機能を使えば、曲単位で聴ける
  • アーティスト単位、ジャンル単位で聴くには最適
  • 新たなお気に入りの音楽に出会える

月額500円(税抜)で利用できる定額制音楽配信サービスはほとんどありません。

月額500円(税抜)でこのクオリティなら、誰もが満足できるはずです。

無料お試しでぜひ、この魅力を堪能しましょう。

スポンサーリンク

クレジットカードをお持ちでない方へ

動画配信サービスやAmazonプライムの利用には基本的にクレジットカードが必要です。

まだお持ちではない方はぜひ以下の記事を参考にクレジットカードを申込みましょう。

初めてのクレジットカードには楽天カードがおすすめ!動画配信サービスやAmazonプライムでクレジットカードが必要になったら

2016.12.16

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします