【最新型】Amazon「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」のレビュー!「Fire TV Stick (New モデル)」との違いも比較!

Fire TV 4Kの商品写真

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

 AmazonのFire TVが新しくなりました。

しかし、情報に追いつけていない方も多いはず。

そこで今回は、最新型の「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」をレビューします。

なお、以下のような悩みをお持ちのかたは他の記事を参考にしましょう。

他の比較記事

・旧型「Fire TV」との違いが知りたい方/「Fire TV Stick (New モデル)」のレビューを読みたい方

Fire TV Stickの新型 (new モデル)のレビュー!旧型とニューモデルの違いは?大きい Amazon Fire TVとの比較も!

・「Fire TV(4K)」と「Apple TV(4K)」との違いが知りたい方

Apple TVとAmazon Fire TVの比較!どちらを買うべきか

この記事ではあわせて、Fire TV Stick (New モデル)」との違いも比較していきます。

スポンサーリンク

Amazon「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」のレビュー!

Fire TV 4Kの開封写真

まずは実際に使ってみたレビューからです。

以下の切り口でレビューしていきましょう。

  • 処理速度(サクサク)
  • YouTube 4K対応
  • 4K作品の豊富さ(Amazonプライムビデオ)
  • 音声認識リモコン

それぞれ詳しくみていきます。

処理速度(サクサク)

「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」の処理速度は高速で滑らかです。

映像はもちろんのこと、操作速度もストレスを感じることはありませんでした。

現在、旧型の「Fire TV Stick」をお持ちの方なら処理速度の違いが簡単にわかるでしょう。

しかしスペック的には旧型「Fire TV」の方がほんの少し高いです。

安くなって軽量化されたぶん仕方ありません。

新型「Fire TV Stick」よりは断然早いです。

YouTube 4K対応

「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」はYouTube 4Kに対応しています。

Apple TVではYouTube 4Kを再生できないので非常に大きな点でしょう。

YouTube 4Kを再生できる代表機器は他に「PS4 Pro」があります。

YouTubeの4K再生だけを目的にFire TVを購入するなら、コスパ的にも「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」がおすすめです。

4K作品の豊富さ(Amazonプライムビデオ)

アマゾンプライム」に加入している方ならプライムビデオで映画見放題です。

当然プライムビデオにも4K作品は配信されています。

しかし、実際のところプライムビデオの4K作品は豊富とは言い難いです。

Amazonオリジナルの作品なら4Kで配信されている可能性は高いですが、その他オリジナル作品以外となるとほとんどありません。

課金してもいいから4K映画を観たいという方は「Apple TV 4K」がおすすめです。

Apple TVで利用できるiTunesは4K作品がかなり増えてきています。

それか「ネットフリックス」に加入して4Kを観るのも悪くないでしょう。

もちろんFire TVでもApple TVでもネットフリックスは利用可能です。

音声認識リモコン

「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」に同梱のリモコンは音声認識タイプです。

精度もかなり高いので、わざわざ言い直すことも少ないでしょう。

映画のタイトル、俳優名、ジャンル名のようなキーワードでコンテンツを検索することができます。

しかし、現時点ではリモコンに人工知能がついていません。

ですから、Apple TVのSiri Remoteのように賢い検索はできないので注意しましょう。

もちろんFire TVでもキーワードが明確なら、探したい作品はすぐに見つかります。

以上、「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」のレビューでした。

続いて、「Fire TV Stick (New モデル)」との比較をしていきましょう。

スポンサーリンク

「Fire TV Stick (New モデル)」との比較

最新型4K対応の「Fire TV」よりもちょっと前にFire TV Stickがリニューアルしています。

これから買うならどちらを選ぶべきでしょうか。

両者を比較していきましょう。

 Fire TV 4K/HDR対応 Fire TV Stick 
値段 コチラをチェック コチラをチェック 
4K・HDR◯ ×
解像度最大60fps・2160p(4K Ultra HD) 最大60fps・1080p(フルHD) 
処理速度 クアッドコア 1.5 GHzクアッドコア 1.3 GHz  
メモリ2GB1GB
有線接続 △ 
micro SD × × 
容量8GB8GB

それぞれの項目を解説します。

値段

値段に関しては、「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」の方が高いです。

少しでもお得に購入したい方は「Fire TV Stick (New モデル)」を選びましょう。

ただし、値段は数千円しか変わりません。

詳しくはAmazonの公式ホームページで確認をお願いします。

4K・HDR / 解像度

残念ながら、お得な「Fire TV Stick」は4K・HDRに対応していません。

HDR(ハイダイナミックレンジ)対応があれば、より明るくより本来の色に近づけることができます。

fps(フレーム毎秒)は数字が高ければ高いほど、映像がヌルヌルと動きます。

Fire TVもFire TV Stickも同じ数値なので、気にすることはありません。

60fpsという十分なほどの滑らかさです。

処理速度 / メモリ

処理速度は「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」の方が高いです。

たしかに「Fire TV Stick」もコアの枚数が多いので能力は高いでしょう。

しかし周波数とメモリの容量で劣るので、「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」には敵いません。

より早い処理速度をお求めの方は「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」を選びましょう。

有線接続

4Kを視聴するには高速インターネットが必要です。

なかには有線接続しなければいけない方も出てくるでしょう。

しかし「Fire TV Stick」だけでなく「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」モデルもそのままでは有線接続できません。

もし、有線接続する必要がある方はアダプタの別途購入が必要です。

もっとも、新型のFire TVはHDMIケーブルがどちらも不要なので、このくらいは我慢しましょう。

micro SD / 容量

容量はどちらも8GBなので同じです。

また旧型のFire TVはmicro SDに対応していましたが、今回はどちらも利用できません。

しかし、Amazonで購入した全てのコンテンツはクラウドに無料で保存できるので心配いらないでしょう。

8GBもあればアプリを入れておくのに十分です。

以上、Fire TVとFire TV Stickの比較でした。

基本的な違いはやはり「4K・HDRに対応しているか」でしょう。

4Kに興味のない方は「Fire TV Stick」をおすすめします。

スポンサーリンク

「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」を購入する前の注意点

「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」を購入する前に注意点をお伝えします。

以下のことをチェックしましょう。

  • 4Kディスプレイが必要(できればHDR対応)
  • 高速インターネットが必要
  • 4Kコンテンツが必要

それぞれ詳しく確認します。

4Kディスプレイが必要(できればHDR対応)

「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」だけでは4Kを見ることはできません。

4Kディスプレイを用意しましょう。

4Kディスプレイは今やかなりお得なお値段で購入することができます。

DMMの4Kディスプレイがいい例です。

しかし安い4KディスプレイはHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しておらず、地デジチューナーがなければ地上波の番組を見ることができません。

地デジ番組をよく見る方やHDR(ハイダイナミックレンジ)という最高の色を楽しみたい方は以下のような4Kテレビを購入しましょう。

4Kコンテンツが必要

「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」と4Kディスプレイがあっても作品が4Kで配信されていなければ4Kを楽しめません。

一番、お得に4Kを見るならYouTubeの利用でしょう。

しかし、YouTubeの4Kは風景画ばかりです。

映画やドラマが観たいという方は、ぜひAmazonプライムに登録してプライムビデオを利用しましょう。

プライムビデオなら、Amazonオリジナルの4Kドラマや映画が配信されています。

今なら30日間の無料体験を実施中です。

高速インターネットが必要

4K作品のデータはとてつもなく膨大です。

したがって、インターネットの速度が遅いと4Kを全く観れない可能性があります。

サービス毎の推奨速度は以下の通りです。

 推奨速度(4K Ultra HD) 
Netflix 25Mbps以上
YouTube 最低20Mbps(Fire TV利用時)
プライムビデオ最低15Mbps(Fire TV利用時) 

お使いのインターネット速度がわからない方や、接続速度に自信のない方は以下の記事を参考にしましょう。

以上、「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」を購入する前の注意点でした。

まとめ

  • 安くなってコンパクトになって新登場
  • Fire TV Stick(新型)では4K/HDRの視聴不可
  • Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応の方が処理速度が速い
  • Apple TVでは観れないYouTubeの4Kが観られる

これからは4Kの時代です。

作品もどんどん4Kで配信されるようになるでしょう。

4Kが少しでも気になっていた方はこの機会にぜひ「Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応」を購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします