スマートスピーカー「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のレビュー!できることと使い方について!「Echo Dot」「Echo Plus」との比較!

Amazon Echo(アマゾンエコー)

Amazonで買い物をする方なら一度は目にしたことがあるでしょう。

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」です。

でも、実際にどんなことができるのでしょうか。

実際はいらないのではないでしょうか。

そこでこの記事では「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のレビューをお伝えします。

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のレビュー

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」を以下の4つの切り口からレビューしていきましょう。

  • 音質
  • マイク精度
  • 賢さ
  • 機能性

音質

スマートスピーカーといったら、音質が弱点といっても過言ではありません。

しかし「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の場合はクリアなサウンドを楽しむことができます。

もちろん本格的なスピーカーと比較した場合は敵いませんが、音質の粗さが気になることは皆無です。

鮮明さだけでなく、ダイナミックな重低音も再現されているので音に関しては最低限心配ないでしょう。

マイク精度

マイク精度はかなり高いです。

音楽が流れていても、雑音があっても、遠くからでも聞き取ってくれます。

布団の中から、話しかけることも可能です。

しかも話せば話すほど語彙も増えていくので、どんどん精度が高まって行くでしょう。

賢さ

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」が特に賢いと感じるのは、定型アクション機能です。

定型アクション機能を使えば、様々な新しい命令コマンドを作り出すことができます。

例えば「アレクサ、おやすみ」という言葉に対して、電気を消し、家の鍵を閉じることが可能(もちろん電気と鍵がスマートホーム化していないとダメ)です。

言葉は自由に設定でき私は「アレクサ、おはよう」という言葉で電気をつけ、今日の天気を教えてもらうよう設定しています。

このように新しい命令を作れるのは「Amazon Echo(アマゾンエコー)」だけです。

機能性

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」は他のスマートスピーカーと比べても機能性は抜群です。

話しかけて、Amazonで買い物ができるのも「Amazon Echo(アマゾンエコー)」だからこそ。

他には「クックパッド」で料理レシピを教えてもらったり、「全国タクシー」でタクシーを呼んでもらうこともできます。

以上、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のレビューでした。

スマートスピーカーで迷ったら、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」で決まりです。

スポンサーリンク

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のできること

Amazon Echo(アマゾンエコー)2

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」では以下のようなことができます。

  • 音楽
  • リストの追加
  • リマインダー・アラーム・タイマー
  • ルーチン
  • スマート家電との連携
  • Bluetoothペアリング
  • スキルの追加
  • 調べ物
  • 天気予報
  • 計算・換算
  • ニュース・ラジオ
  • Amazonでお買い物
  • スケジュールの管理
  • Fire TVとの連携(予定)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

音楽

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の醍醐味はやはり音楽でしょう。

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」によって音楽生活がガラリと変わります。

以上の音楽サービスが利用可能です。

もちろんどれも別途で登録する必要があります。

最低でもお得なAmazonプライムに入っておくといいでしょう。

リストの追加

ちょっと思いついたことを記録しておきたい時は「アレクサ」にお願いしましょう。

リストに追加したことはあとからアプリで確認することができます。

手書きでメモを取るまでもないことやスマホがすぐに出せない方はぜひ活用しましょう。

リマインダー・アラーム・タイマー

簡単にアラームやタイマーをセットできます。

やらなければならないことはアレクサにリマインドをかけてもらいましょう。

ルーチン

様々な新しい命令コマンドを作り出すことができます。

「アレクサ、〇〇」

好きな文字を設定して自分だけの命令を作りましょう。

スマート家電と連携すれば、ルーチン機能でできることはもっと広がります。

スマート家電との連携

スマート家電と連携ができます。

代表的なスマート家電は「Philips Hue」です。

「Philips Hue」があれば、家の照明をコントロールできます。

Bluetoothペアリング

スマート家電でなくても、 Bluetoothで機器同士をペアリングすることができます。

もちろん、スマート家電でないと細かい操作はできません。

しかし、電源のオンオフ、接続解除のような簡単操作はできます。

例えば、ホームシアターと繋げれば音声で簡単操作が可能です。

ホームシアターと連携すればより高音質な音楽体験を楽しむことができるでしょう。

スキルの追加

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」には様々なスキルが配信されています。

スキルを分かりやすく例えるならアプリと思ってもらっても差し支えないでしょう。

スキルを追加すると、クックパッドや全国タクシーと連携することができます。

スキルは随時追加され、「ピカチュウ」「豆しば」というスキルもありました。

「ピカチュウ」「豆しば」のスキルを追加すると、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の中から声が聞こえます。

エンタメ性も抜群です。

調べ物

「アレクサ、富士山の高さは?」のようなふとした疑問を調べることができます。

コツは答えが明確なものを質問することです。

答えが曖昧な質問だと「わからない」可能性が高いでしょう。

天気予報・ニュース・ラジオ

位置情報を入力すれば、お住いの地域の天気予報を伝えてくれます。

最新ニュースやラジオだっておてのものです。

ニュースやラジオは「スキル」からお好みのものを選びましょう。

計算・換算

計算や換算もアレクサにお任せしましょう。

「アレクサ、6畳は何平方メートル?」「アレクサ、123×123は?」

計算や換算はコンピュータの得意分野ですから、ある程度複雑でも問題ありません。

答えが明確なものはやはり強いです。

Amazonでお買い物

Amazonプライム会員は、Alexaを使用してプライム対象商品を注文することができます。

それだけでなく、配送状況も確認可能です。

Amazonでお買い物する方にとっては大変便利な機能となるでしょう。

スケジュールの管理

「Alexa」はGoogleとMicrosoftとAppleアカウントのカレンダーと連携ができます。

これだけあれば、普段スマホでお使いのカレンダーならほぼ対応してくれるでしょう。

次の予定を教えてもらったり、予定を追加することが可能です。

Fire TVとの連携(予定)

現在、Fire TVと 「Amazon Echo(アマゾンエコー)」を連携させることはできません。

しかし、アメリカではすでに対応されているので、もうしばらく待ちましょう。

Fire TVのリモコンにAlexaが内臓されているはずなのでアップデートを待つのみです。

「Amazon Echo」と一緒にFire TVを揃えておくことをおすすめします。

以上、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のできることでした。

スポンサーリンク

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の使い方

Amazon Echoの使い方

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の使い方について解説します。

以下のものを用意しましょう。

  • 電源
  • Wi-Fi
  • スマホかタブレット(Alexaアプリが必要)

それぞれ詳しく見ていきます。

電源

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」は買ってすぐに使えますが電源が必要です。

バッテリー式ではないので、あらかじめ電源コンセントの確保はしておきましょう。

Wi-Fi

インターネットの接続環境がないと何もできません。

LANケーブルも入らないので有線の方も注意が必要です。

Wi-Fiを用意しましょう。

スマホかタブレット(Alexaアプリが必要)

スマホかタブレットを用意して、アプリをインストールしましょう。

Amazon Alexa

Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

Alexa(アレクサ)はAmazonの開発する人工知能です。

AppleのSiriのようなものだと思っていただければ、問題ありません。

Alexaアプリで設定します。

設定だけでなく、音声で入力したことも確認できるのでとても便利なアプリです。

例えば「Google Home(グーグルホーム)」はタイマーの時間をアプリから確認できませんが、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」なら確認できます。

Alexaアプリが使えなければ、何もできないのでスマホやタブレットは必ず用意しましょう。

iPhoneでもAndroidでも構いません。

以上、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の使い方でした。

スポンサーリンク

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」3種の比較

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の違いを簡単に比較しましょう。

全部で3種類あります。

結論から言うと、今回レビューした「Echo」をおすすめします。

それぞれ特徴の違いをみて、どれがいいか判断するといいでしょう。

Amazon Echo(アマゾンエコー)とDotの違い

echo-and-dot

違いは2つあります。

  1. 大きさ
  2. 音質

「Amazon Echo Dot」は「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のミニ版です。

機能としては小さくなったぶん音質が悪くなります。

ただし値段もそのぶんコンパクトです。

音楽を「Echo」で聞かない方なら「Dot」でいいでしょう。

しかしスマートスピーカーの醍醐味は音楽にあります。

だからこそ、「Dot」ではなく「Echo」をおすすめしました。

もちろん高音質のBluetoothスピーカーをお持ちの方はあえて「Dot」にして連携するのも悪くありません。

Amazon Echo(アマゾンエコー)とPlusの違い

「スマートホームハブ内蔵」と言われてもピンと来ないでしょう。

スマート家電に興味のない方はスマートホームハブは要りません。

スマート家電をコントロールするためには以下のような専用のハブ(ブリッジ)が必要です。

「Echo Plus」を買えば、内蔵されているのでこのブリッジが不要になります。

ブリッジ=ハブと思って貰えば基本的に問題ないでしょう。

ブリッジはWi-Fiルーターに直接繋げて使用するものです。

今後スマート家電を増やしていくうちに、Wi-Fiルーター周りがブリッジだらけになるのが嫌だという方は「Echo Plus」を購入してもいいでしょう。

しかし、今ある家電をスマートホーム化させる場合は「スマートリモコン」があれば十分です。

ハブやブリッジは要りません。

「スマートホームハブ内蔵」はなくても困る機能ではないので、値段分の価値があるかしっかりと見極めましょう。

私の場合はすでにブリッジが「Philips Hue」のスターターセットについてきたので不要でした。

だからこそ、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」をおすすめします。

まとめ

  • スマートスピーカーNo.1の賢さと機能性
  • 定額制音楽配信サービスに加入しよう
  • 自分だけの命令が作れる「定型アクション」機能がおすすめ
  • 「Amazon Echo(アマゾンエコー)」が1番おすすめ

以上、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のレビューでした。

スマートスピーカー自体はなくても困らないものですが、生活がより豊かに便利になります。

スマートスピーカー選びで迷ったら、できることが一番多い「Amazon Echo(アマゾンエコー)」で決まりです。

スポンサーリンク