スマートスピーカー「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」のレビュー!おすすめの使い方について!「Google Home Mini(グーグル ミニ)」との比較!

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」は3種類あります。

でも、どれにしたらいいか迷います。

そこで今回は最も価格の安い「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」をレビューしていきます。

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」のレビュー

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」を以下の3つの切り口からレビューしていきましょう。

  • 音質
  • マイク精度
  • 賢さ
  • サイズ感
  • 豊富なカラー展開

音質

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」の価格が安い最大の理由は音質です。

音質が高くないからこそ、コンパクトになり安くなっています。

しかし、実際のところ音質はそこまで粗々しくありません。

決して綺麗なサウンドとは言えませんが、値段を考えても十分すぎる音質でしょう。

きっとスマホのスピーカーといい勝負するはずです。

音質の荒さが気になる方は高音質のBluetoothに繋げば問題ありません。

マイク精度

マイク精度は通常サイズの「Amazon Echo(アマゾンエコー)」と変わらず、7つのマイクを搭載しています。

よって、マイク精度に関して心配する必要は何一つありません。

部屋の端にいても、声が小さくても基本的にはしっかりと認識してくれます。

賢さ

「Amazon Echo」シリーズは全種類、人工知能「Alexa(アレクサ)」を搭載しています。

よって小さい「Amazon Echo Dot(アマゾンエコードット)」でも心配要りません。

どの「Amazon Echo(アマゾンエコー)」を選んでも、最先端のA.I.「Alexa(アレクサ)」をお楽しみ頂けます。

サイズ感

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」 はかなりコンパクトです。

またコンパクトだからこそ、「Micro USB」で給電するようになっています。

「Micro USB」で稼働するので、使う場所を問いません。

USBが繋がるようになれば、「Alexa(アレクサ)」を車載させることも可能です。

※車載する場合はスマホ経由でインターネットに接続するか、モバイルルーターを利用しましょう。

もちろん電源供給の「Amazon Echo(アマゾンエコー)」でも工夫次第ではどこでも設置できます。

しかしUSB供給の「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」の方が手軽に設置できるのは言うまでもありません。

豊富なカラー展開

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」のカラー展開

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」には2種類のカラーがあります。

一方の「Amazon Echo(アマゾンエコー)」は3種類のカラー展開です。

しかし、「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」には別売りの専用のカバーが販売されています。

カバーは全6種類です。

お部屋に合わせてカラーを選びたい方はぜひ、カバーが豊富な「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」を選びましょう。

今のところ、通常サイズの「Amazon Echo(アマゾンエコー)」に専用カバーは発売されていません。

以上、「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」のレビューでした。

好きな色を選べて、好きな場所におけて、機能そのまま、お得に購入できるのが「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」です。

音質の高さを重視されないなら、「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」で十分でしょう。

スポンサーリンク

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」のおすすめの使い方

「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の基本的な使い方については以下の記事をご確認お願いします。

echo-and-dot

機能が一緒なので、使い方はまったく変わりません。

よってここでは「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」だからこそ、おすすめできる使い方についてご紹介します。

  • Bluetoothを使って、音質の高いスピーカーと連携
  • 持ち運び(車載)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Bluetoothやステレオジャック(有線接続)を使って、音質の高いスピーカーと連携

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」は音質が高くありません。

だからこそ、Bluetooth機能かステレオジャック(有線接続)を用いて音質の高いスピーカーと連携し「Alexa(アレクサ)」で操作しましょう。

それこそ、ホームシアターと連携するのがおすすめです。

ホームシアターのような音質の高いスピーカーがあれば、「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」の弱点を全てカバーしてくれます。

持ち運び(車載)

「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」はコンパクトかつUSBで使うことができます。

よって持ち運びには最適でしょう。

車載だって可能です。

もちろんUSBに対応していない車でも、工夫次第でなんとかなります。

Bluetooth機能がついているナビと連携することもできます。

運転中だからこそ、音声操作に頼りましょう。

※車載する場合はスマホ経由でインターネットに接続するか、モバイルルーターが必要になります。

他にもノートパソコンから給電し、近くにおいたりとかなり便利です。

持ち運びながら、使いたい方は是非「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」を選びましょう。

スポンサーリンク

「Google Home Mini(グーグルホーム ミニ)」との比較

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チョーク
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/10/9時点)

 

サイズ的にも価格帯的にも「Google Home Mini(グーグル ミニ)」と「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」は非常によく似ています。

結論から言うと、この2つで迷ったら「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」がおすすめです。

理由は以下の違いからわかります。

  • スマートリモコンと相性がいい
  • 物理ボタンがついていない

スマートリモコンと相性がいい

スマートリモコンがあれば、自宅のほとんどの家電を音声操作することができます。

もちろん「Google Home(グーグルホーム)」にも「Amazon Echo」にも対応しているスマートリモコンは多いです。

しかし、現時点において「Amazon Echo」と相性のいいスマートリモコンの方が多くあります。

スマートスピーカーはスマートリモコンがないと話になりません。

だからこそ、あらゆるスマートリモコンと相性のいい「Amazon Echo」をおすすめします。

物理ボタンがついていない

また「Google Home Mini(グーグル ミニ)」には物理的なボタンがついていません。

コンパクトなスマートスピーカーだからこそ身近なところに置くことも多いです。

本体が身近にあり音量調整なら物理的に操作した方が早いこともあるでしょう。

たしかに物理的なボタンがない「Google Home Mini(グーグル ミニ)」はスマートスピーカーとして理にかかっています。

しかし、物理的に操作できないスマートスピーカーは時としてちょっと不便です。

以上、「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」と「Google Home Mini(グーグル ミニ)」の比較でした。

基本的には、「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」をおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

  • 音質を重視しない方は「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」がおすすめ
  • 豊富なカラー展開
  • 機能そのまま
  • USBケーブル稼働なので好きなところに置ける
  • 「Google Home Mini(グーグル ミニ)」と迷ったら「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」がおすすめ

やはりポイントは音質です。

音質が気にならない方や、お持ちのスピーカーと連携してカバーできるようならぜひ「Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)」を選びましょう。

コンパクトだからこそ、気軽にも購入できます。

この機会にぜひスマートスピーカーを生活に取り入れましょう。

スポンサーリンク