[ジャイアントキリング名言から学ぶ]バラバラの組織ほど、一旦もっとバラバラにすべき

IMG 0028 IMG 0029

「組織がバラバラだ、今すぐまとめるべきだ」

んなわけねえだろ!

バラバラな組織をまとめあげることほど難しいことはありません。

バラバラって、どの方向を向いているかさえもわからないから、実はまとめようがないのです。

詳しくは、今日も漫画「ジャイアントキリング」から学んでいきましょう。

(ちなみに前回はこちら)

//yutaarai.com/archives/549

 

スポンサーリンク

環境やステージを用意してあげるのが上司の役目

IMG 0030 IMG 0031

バラバラの組織は本当に大変です。

チームとして何がしたいのかもよくわかっていない。

だからこそ、まとめようとしても、まとまらない。

で、結局放置してしまうのが一般的でしょう。

「手に負えないと」

しかし、達海猛監督は違います。

半ば強引に、話し合わなければいけない環境を自ら作り出すのです。

チームから練習用のボールを奪うことで。

バラバラの組織では結局のところ、問題と向き合わずに逃げてしまうのです。

誰かを影で批判したり、派閥作ったりなどなど。

まるで本質とはかけ離れていますね。

本質に近づくためにはまずは根本的な問題を発見しなければいけません。

そこで、上司のあなたの出番です。

問題を発見するために、みんなが思っていることを伝えられるような環境やステージを作り出すのです。

練習用のボールを奪うのもそのひとつ。

 

スポンサーリンク

とにかく摩擦させること

IMG 0032 IMG 0033

言いたいことも言えないそんな組織じゃ

「Poison」です。

とにかく消耗するくらいにお互いに思っていることを吐き出させましょう。

その吐いた量こそ、みんなのチームに対する想いの現れなのです。

何もでてこないようであれば、その組織はジエンド。

再起不能です。

消耗するけど、組織を光り輝かせるには、摩擦を起して磨くしかないのです。

 

スポンサーリンク

お互いに言い切った後に向きを揃えていく

IMG 0034 IMG 0035

さて、言いたいことをたくさん言い合え、向きは違えどお互いの方向性が見えてきました。

お互いの方向性もわからないのに、無理にまとめようとする人が多すぎます。

そんなんだから結局は、バラバラのままなのです。

みんなの方向性がわかったら、さらにお互いに想いをすり合わせ、 向きを揃えていく必要があります。

結局、組織というのはビジョンの擦り合わせに他なりません。

みんないろいろと思っていることが少なくとも1つや2つ抱えているものです。

それを上司のあなたがしっかりと吸い上げていくことで組織はまとまっていきます。

 

まとめ

・発言しやすい環境をつくること
・ガンガンお互いに擦り合わせる
・チームをまとめるのは個々の方向性を見出してから

バラバラの組織ほど、お互いに擦り合わせ、消耗させ、もっとバラバラにしなければいけません。

あ、でも、達海監督みたいに、止めるタイミングを遅れないように気をつけてください。

 

詳しくはこちら

スポンサーリンク

Twitterでユータ・アライをフォローしよう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします