スマートリモコンのおすすめランキング!比較ポイントは「Google Home」と「Amazon Echo」との使いやすさ!

スマートリモコンのおすすめランキング

基本的にスマートリモコンでできることは全部同じです。

しかし、多少なりとも違いがあります。

そこでこの記事ではスマートリモコンおすすめランキング形式でまとめました。

スマートリモコン選びをお探しの方はぜひ参考になさってください。

スマートリモコンランキング

早速1位からの発表です。

1位 「Nature Remo(ネイチャーリモ)」

Nature remo(ネイチャーリモ)

栄えある第1位は「Nature Remo(ネイチャーリモ)」です。

まずは簡単に特徴について見ていきましょう。

「Nature Remo(ネイチャーリモ)」の特徴

  • 「Google Home(グーグルホーム)」と「Amazon Echo(アマゾンエコー)」に対応
  • 使いやすい
  • 位置情報を利用可

「Nature Remo(ネイチャーリモ)」は「Google Home(グーグルホーム)」と「Amazon Echo(アマゾンエコー)」にもきちんと対応しています。

アプリも非常にシンプルでかなり使いやすいです。

また「Nature Remo(ネイチャーリモ)」は位置情報も利用できます。

「家から離れたら電源をオフにする」「家に近づいたら電源をオンにする」

この位置情報がシンプルに利用できるスマートリモコンは「Nature Remo(ネイチャーリモ)」だけです。

1位の理由

1位の理由は使いやすいからです。

「Google Home」でも「Amazon Echo」でもどちらでも使いやすくなっています。

そしてGPS連動は他のスマートリモコンにはない目白押しの機能です。

ぜひ活用しましょう。

しかし「Nature Remo(ネイチャーリモ)」にはマクロ機能がついていません。

マクロ機能が追加されたら、ワンタッチで複数の家電を操作することができます。

マクロ機能が追加されるまでIFTTT(イフト)で対応しましょう。

またタイマー機能はiPhoneのみの対応ですので、Androidの方は注意しましょう。

タイマー機能があれば、設定した時間に家電をオンオフできます。

2位 「eRemote(イーリモート)」

「eRemote(イーリモート)」

続いて第2位は「eRemote(イーリモート)」です。

特徴についてみていきましょう。

「eRemote(イーリモート)」の特徴

  • 「Amazon Echo」に対応(「Google Home」も使える)
  • 別々のアカウントで設定の共有が可
  • Androidでもタイマー機能が使える
  • Amazonレビューが多い

「eRemote(イーリモート)」はAmazon Echoに対応しています。

「Google Home(グーグルホーム)」で利用する場合は、すべての機器を照明として設定する必要があるので少し手間です。

別々のアカウントで設定の共有が可能なのは、便利でした。

家族と一緒に同じアカウントを使うのは、設定を勝手に変えられることもあるのでちょっと嫌です。

そして「eRemote(イーリモート)」はAndroidでもタイマー機能を使うことができます。

Amazonレビューの数も多く、たくさん買われているスマートリモコンなのは間違いありません。

「eRemote(イーリモート)」シリーズの違い

 eRemote eRemote mini 
ACアダプター  ◯
温度センサー -

「eRemote(イーリモート)」には2種類あります。

違いはACアダプタと温度センサーの有無です。

外から温度チェックを行いたい方は「eRemote(イーリモート)」にするといいでしょう。

2位の理由

「Google Home(グーグルホーム)」での設定が面倒なので、2位となりました。

しかし「Amazon Echo(アマゾンエコー)」をお使いの方にとっては問題ない話です。

「Nature Remo(ネイチャーリモ)」よりも安いので、「eRemote(イーリモート)」を選んでもいいでしょう。

ただし「GPS連動機能」はついていないので注意が必要です。

IFTTT(イフト)にも対応していないので、機能を拡張することはできません。

3位 「ラトックシステム スマート家電コントローラ(RS-WFIREX3)」

続いて第3位は「ラトックシステム スマート家電コントローラ」です。

特徴についてみてみましょう。

「ラトックシステム スマート家電コントローラ(RS-WFIREX3)」の特徴

  • コスパがいい
  • オリジナルリモコンが作れる
  • 音声操作の融通がきく
  • Amazonで大人気

「ラトックシステム スマート家電コントローラ」はコスパがいいスマートリモコンとして定評があります。

またアプリ内で自分だけのオリジナルリモコンが作れるので大変便利です。

登録した家電の数が多いと、アプリ内で探すのも大変でしょう。

そんな時にオリジナルリモコンが役に立ちます。

また音声操作でもかなり細かく操作可能です。

「家電リモコンを使って、ボリュームを3つあげて」のようなリモコンの連続操作にも対応しています。

Amazonでもベストセラーのマークがつくほど大人気です。

旧モデルと新モデルの違い

 旧モデル(REX-WFIREX2) 新モデル(RS-WFIREX3) 
サイズ

-

従来モデルより体積比約1/4に小型化 
赤外線の有効距離 最大20m(従来比2倍) 
Wi-Fi設定 -従来モデルより簡単に 

旧モデルを買う理由はありません。

多少値段が安くなっていますが、その差以上に性能がよくなっています。

3位の理由

「Google Home」のレスポンスが遅いという口コミが多く見られます。

また「Google Home」の場合、いちいち「家電リモコンを使って」と言わなければいけません。

よって3位といたしました。

しかし「Amazon Echo(アマゾンエコー)」で使う分には、コスパもよく最高です。

スマートスピーカーで細かい音量調節もでできるので、非常に大きいでしょう。

4位 「sRemo-R(エスリモアール)」

続いて第4位は「sRemo-R(エスリモアール)」です。

特徴は以下の通りです。

「sRemo-R(エスリモアール)」の特徴

  • 万能

「sRemo-R」はスマートリモコンとして基本的になんでもできます(GPS連携以外)。

IFTTT(イフト)にも対応しているので、拡張性もかなり高いです。

このランキングにおいて、IFTTT(イフト)に対応している他のスマートリモコンは「Nature Remo(ネイチャーリモ)」だけです。

よって機能の豊富さを選ぶなら「sRemo-R(エスリモアール)」で決まりでしょう。

4位の理由

まずアプリが使いにくいという評価が多いです。

そしてUSBケーブルが入らない可能性も多く報告されています。

また、スマートスピーカーの連携は「ポート開放」設定が必要です。

「ポート開放」なんてよくわからないでしょう。

使えなかったら最悪です。

よって4位になりました。

玄人向けのスマートリモコンです。

スポンサーリンク

まとめ

  • GPS連動機能がついているのは「Nature Remo」だけ
  • IFTTTで機能を拡張できるのは「Nature Remo」と「sRemo-R」
  • コスパNo.1はラトックシステム「家電コントローラー」
  • Amazonレビュー数No.1は「eRemote」

スマートリモコンで大切なのはスマートスピーカーときちんと連携できることです。

「Google Home(グーグルホーム)」を使おうと「Amazon Echo(アマゾンエコー)」を使おうとしっかりと動作しなければいけません。

そのような意味でも「Nature Remo(ネイチャーリモ)」はかなりおすすめです。

以上、スマートリモコンのおすすめランキングでした。

スマートスピーカーをお探しの方は是非当サイトのランキング記事をご覧になってください。

スポンサーリンク