その他

「BIRD BOX(バード・ボックス)」が初の快挙を達成!決して「それ」を見てはいけないホラー・ヒューマン・サスペンス作品!

「BIRD BOX(バード・ボックス)」がNetflixオリジナル映画で初の快挙を達成!決して「それ」を見てはいけないホラー・ヒューマン・サスペンス作品!

BIRD BOX(バード・ボックス)」はアメリカで社会現象を巻き起こしました。

日本でもたくさんのテレビCMが流れていたのでこのタイトルを目にした方も多いでしょう。

しかし、まだご覧になっていない方も多いはずです。

そこで当記事は「BIRD BOX(バード・ボックス)」の見どころについてお伝えします。

「BIRD BOX(バード・ボックス)」は「Netflix(ネットフリックス)」だけで鑑賞できる映画作品です。

【あらすじ】決して「それ」を見てはいけない

突如、世界中で謎の集団自殺が流行します。

医学的な原因は不明です。

「外で目を開き、とあるものを見てしまうと異常行動をとる」

ただそれだけがわかります。

大混乱に陥るなか、不幸中の幸いにも、妊婦のマロリーは「それ」を見ずにとある一家にたどり着きました。

そこに集うのはたまたま居合わせた見ず知らずの他人たちです。

食料も限られたなか、視界を奪われた世界でのサバイバルが始まります。

見どころ

「BIRD BOX(バード・ボックス)」の見どころは以下の通りです。

  • ジャンルはホラー・ヒューマン・サスペンス
  • ウォーキング・デッドのような世紀末的世界
  • 大女優「サンドラ・ブロック」が主演

それぞれの見どころを解説しましょう。

ジャンルはホラー・ヒューマン・サスペンス

「BIRD BOX(バード・ボックス)」のジャンルを一言で表すのは難しいです。

目に見えない恐怖、世紀末的世界での人間ドラマ、密室という緊迫感がそれぞれに交錯します。

様々なジャンルがたっぷり詰まった「BIRD BOX(バード・ボックス)」なら色々な感情に駆られるでしょう。

ウォーキング・デッドのような世紀末的世界

「BIRD BOX(バード・ボックス)」は大人気海外ドラマの「ウォーキング・デッド」がお好きな方におすすめです。

「ウォーキングデッド」は見る気が失せているのに、ついつい見てしまうご長寿ゾンビドラマ!「ウォーキングデッド」 今さら見る人は誰しもこう思うはずです。 「ゾンビドラマをどのように展開したらそんなに長くシーズンが続くのか」...

「ウォーキング・デッド」では目に余るゾンビを通じて、人間ドラマが描かれます。

「BIRD BOX(バード・ボックス)」は目に見えない「それ」を通じた、世紀末的世界が舞台です。

「BIRD BOX(バード・ボックス)」の「外で目を開けない」という練られた設定が世紀末的世界の緊迫感を増幅させてくれます。

大女優「サンドラ・ブロック」が主演

主人公のマロリーを演じるのは「サンドラ・ブロック」です。

「サンドラ・ブロック」は2009年公開の「しあわせの隠れ場所」でアカデミー主演女優賞を受賞しました。

また近年では「オーシャンズ8」の主役「デビー・オーシャン」を演じたことでも有名です。

「BIRD BOX(バード・ボックス)」は名実ともに偉大なる女優の「サンドラ・ブロック」の緊迫感溢れる演技にも注目しましょう。

評価

「BIRD BOX(バード・ボックス)」の評価について見ていきましょう。

  • 「Rotten Tomatoes」の評価は可もなく不可もなく
  • 「バード・ボックス・チャレンジ」の大流行
  • 視聴者数、初週記録達成(Netflixオリジナル映画)

以上の切り口からお伝えします。

「Rotten Tomatoes」の評価は可もなく不可もなく

英語圏で最も影響力の高い「Rotten Tomatoes」では62%の批評家支持率を得ています。※2019年1月7日現在

またサイト側の総評としてのコメントは以下の通りです。

「BIRD BOX(バード・ボックス)」は十分にポテンシャルを引き出せていません。しかし強い演技とゾッとさせる雰囲気によって断続的にホラー感を演出しています。

可もなく不可もなくといったところでしょう。

ホラー感が苦手な方にとってはちょうどいい怖さを体験できるはずです。

「バード・ボックス・チャレンジ」の大流行

アメリカで「バード・ボックス・チャレンジ」なるものが流行してしまいました。

映画の設定を真似、目隠しをして街を歩き回るというものです。

危険が生じるため、Netflixも正式に声明を出しています。


こんなことを言わないといけないなんて信じられません。お願いです。バードボックスチャレンジで自分を傷つけるのは辞めてください。こんなことが始まっていたなんて知りませんでした。作品への愛には感謝しています。でもボーイとガール(作品に出てくる2人の子供のこと)が2019年に願うことはたったひとつです。どうか病院に行き着かないようにしてください。

このように「BIRD BOX(バード・ボックス)」は良くも悪くも社会現象を巻き起こしています。

視聴者数、初週記録達成(Netflixオリジナル映画)


「BIRD BOX(バード・ボックス)」は初週、4,500万以上のNetflixアカウントで視聴がありました。

これはNetflixオリジナル映画で初の快挙です。

「BIRD BOX(バード・ボックス)」は世界中の人々に視聴されている話題性の高い映画と言えるでしょう。

【感想】話題性だけでなくしっかりと楽しめる

「BIRD BOX(バード・ボックス)」は思いつきそうで思いつかなかった「目を開けたら終わり」という設定に魅力があります。

「目を開けたら終わり」である世界でどのようなラストを締めくくるのか、ぜひ注目していただくといいでしょう。

また過去と現在を行き来するという作品の演出はわかりやすく、かつ緊迫感も増幅させてくれました。

約120分の作品で、散りばめられた伏線をしっかりと回収できたのも、その演出だからこそです。

話題性はもちろんのこと、しっかりと楽しめる作品なのは間違いありません。

ホラー映画がお好きな方も、サスペンス映画がお好きな方も、ヒューマンドラマがお好きな方もぜひ一度「BIRD BOX(バード・ボックス)」をご覧になってください。

「Hulu(フールー)」「Netflix(ネットフリックス)」「プライムビデオ」「U-NEXT」「dTV」を比較!動画配信サービスのおすすめはどれ? 「テレビがつまらない」 そんな方は「Hulu(フールー)」「Netflix(ネットフリックス)」「プライムビデオ」などの動画配信サ...
ABOUT ME
アバター
ユータアライ
おすすめ映画/ドラマ/音楽/ゲーム/ガジェットのエンタメレビュー情報を発信します。
あなたにイチオシ!